.

検索結果:2860件/2,860件

スクリーンショット(2011-04-23 20.31.25)

内田篤人 被災地へ向けてのメッセージ

試合後に手書きのメッセージシャツを着用した内田篤人選手「日本の皆へ。少しでも多くの命が救われますように。共に生きよう!」

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-05 18.45.44)

復興支援ポスター

震災後すぐにデザイナー達が立ち上がった。ネットプリントやダウンロードで配布する復興支援ポスター配布サイトを開設。http://twitter.com/#!/setsuden←このtwitterに詳しい動きがつぶやかれています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

33-2

きみでいて ぶじでいて 投稿画像による

菅野よう子さんが東北地方太平洋沖地震被災者のためにつくった「きみでいて ぶじでいて」に画像をつけてみました。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

31

きみでいて ぶじでいて 管野よう子

管野よう子が、東北地方太平洋沖地震被災者にむけて制作した歌。 歌詞は一倉宏。心配してる。世界が君を心配してる。君の名前を探してる。一緒にいるよ。世界が君と一緒にいるよ。君の命に会いに行く。心と体壊さず君を抱きしめていて会いに行くまで君でいて無事でいて。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-27 11.53.11)

TASUKI PROJECT

2011年12月12日 (月)

イラストデザイン

東北・関東大震災で被災された方々へ、手から手へ、必要なものをお届けするこんな時こそ、日本がひとつにならなくては!そんな思いを「タスキ」にたくし『TASUKI PROJECT』 はスタートしました!プレゼント(洋服や雑貨)をわたす相手は、東北地方に住んでいる、自分とおんなじサイズ(身長・服のサイズ)のおともだちと思ってつくってみてください。▼詳しくはこちらhttp://www.117kibounoakari.jp/tasuki_project.html※江戸時代、『村送り』といって、旅先の病人などを村から村へ、自分の住んでいた村にみんなで手渡しして送り届けていました。現代の駅伝と同じですね!駅伝のとき付けている『襷(たすき)』こそ、みんなの思いを届けるイメージにぴったりですね。日本独特の文化『襷(たすき)』、そこ で、『TASUKI PROJECT』としま した。 NPO法人 阪神淡路大震災1.17希望の灯り(HANDS)の説明よりまとめました

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-01 09.02.38)

[東日本大震災] 韓国 : 日本の国民の皆さん、 頑張ってください(PrayforJapan)

韓国の大切な隣国を韓国は心配しています。日本の国民の皆さん! 頑張ってください!!
韓国も応援しています。韓国は最善を尽くして手伝います。日本の速やかな復旧を韓国の国民達が願っています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-23 18.26.26)

SAVE JAPAN !

SAVEJAPAN! PROJECTは震災被害に遭われた被災地の皆様、被災者家族の皆様の支援を行う為に設立しました。本サイトではネット上に点在する様々な震災情報を都道府県別に整理しまとめることで、正確な情報のやり取りの実現を目的としております。皆様がお持ちの各地域の情報を内容に対応した#タグを付けてTweetして下さい。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-29 23.55.07)

「話そう、日本。」

ロゼッタストーン・ジャパン株式会社は11日、東日本大震災の復興を応援するプロジェクト「話そう、日本。」を開始した。4月末まで、Rosetta Storeのウェブサイトや一部コーナーを除く全国のロゼッタストーンストアにおいて、2月に発売した「Rosetta Stone Version 4 TOTALe」(以下、TOTALe)の24言語の対象製品を25%引きで販売する。売り上げの一部は日本赤十字社に寄付する。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-23 15.29.59)

ローカルチャリティ情報

2011年12月11日 (日)

北米報道・レポート

小さな力が集まると大きな力になる。
今、私たちにできる事は何か?
テレビ、インターネットを通して送られてくる東日本大震災の映像に心を痛め、遠く離れた、このアメリカの地から多くの被災者達の為に何かできないものか、と思っている方達も多いはずです。この米東南部でも、募金活動を始めている団体が多くあります。その中からいくつかご紹介していきますので、ぜひ参加して下さい。
震災で亡くなった方々、その家族の方々、家を無くした方々、家が残っていても原発事故の影響で帰れない方々、収入を絶たれた方々…
今後長期間にわたってサポートが必要な方達の助けになるように、多くの方の協力が必要です。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-06 14.00.25)

My condolence to the Japanese

エチオピアの方からのお見舞いのレター。

Japan is known for its size vs. its ability to be an influential nation around the world. Japan was the only non-European nation to be included in the G-7 for many years. Japanese people are also known for their hard work and nature respecting culture, with a population of 130 million Japanese enjoys the highest lifespan in the world. Japan is the most concentrated nation, most of their homes are highrise buildings.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2020年7月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之