.

検索結果:15件/2,860件

DSC9254_680px

カラフルな世界に大興奮!トレーラーハウス宿泊村「El faro」の人気の理由に迫る!

2015年8月31日 (月)

宮城旅して応援

ここは、宮城県女川町。リアス式海岸の美しい海を背に、内陸に向かって車を走らせていると、丘の上から思わず目を奪われる光景が広がります。
整然と並ぶカラフルな建物。2012年にオープンしたEl faro(エルファロ)という宿泊施設です。敷地内に、一歩足を踏み入れれば、その色とりどりの世界に胸が高鳴り、まるで海外の港町にいるような気分を味わえます。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

tour

復興応援バスツアー浄土ヶ浜・田老・龍泉洞 陸中海岸うみねこ復興応援号

2015年8月30日 (日)

旅して応援

8/29(土)、8/30(日)、9/5(土)、9/6(日)、9/12(土)、9/13(日)、9/19(土)、9/20(日)、9/21(月)、9/22(火)、9/23(水)、9/26(土)、9/27(日)、10/3(土)、10/4(日)、10/10(土)、10/11(日)、10/12(月)、10/17(土)、10/18(日)、10/24(土)、10/25(日)、10/31(土)、11/1(日)、11/3(火)、11/7(土)、11/8(日)、11/14(土)、11/15(日)、11/21(土)、11/22(日)、11/23(月)、11/28(土)、11/29(日)

●日帰りバスツアー

※岩手県内の宿泊施設などで利用可能なプレミアム旅行券『いい旅・いわて・おもてなし旅行券』が当社の≪復興応援バスツアー≫にもご利用いただけます!
なお、当旅行券利用の場合、申し込みは電話受付のみとなりますので営業時間内にフリーダイヤル0120-183-705までお願い致します

詳細を見る(外部サイトへリンク)

s_IMG_6983-540x360

気仙沼市 ベビーモスリン

2015年8月29日 (土)

支援団体買って応援

赤ちゃんのおなかを空かせたくない」。気仙沼で被災した佐藤賢さんは、自身も7か月の赤ちゃんの父親であったことから、『ピースジャム』という団体をつくって母子への物資支援活動を始めます。時間の経過と共に、活動内容はお母さんたちが安心して働ける職場づくりへとシフトしていきました。
「イギリスから物資として送られてきて重宝したモスリンスクエアの日本版をつくることができないだろうか?」——そんなアイデアから生まれた『ベビーモスリン』は、全国のお母さんたちに愛される製品となりました。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

s_IMG_0245

東松島クロスステッチ

2015年8月28日 (金)

宮城支援団体買って応援

震災後、東松島はデンマークから多大な支援を受けました。デンマーク人の祖母を持つ岡田美里さんはその動きを知り、自分も東松島で活動しようと決意。刺繍糸メーカー・DMCと東松島みらいとし機構が呼びかけに応え、クロスステッチで東松島に新しい産業をつくるプロジェクトが始まりました。
この取り組みは地元の女性たちにも受け入れられ、いまでは60人を超える団体となっています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

1-2-20140210143729_b52f86599acd98

南相馬ソーラーアグリパーク

2015年8月27日 (木)

子ども福島

南相馬をはじめ福島の子供たちは、未曽有の被災経験を通して、「全国からの支援への感謝」と「自分も人のために役立つ大人になりたい」という気持ちを身に付けました。復興を担う人材に成長していくためには、この気持ちを「自ら考えて行動する力」へと発展させていくための具体的で継続的な仕組みが必要です。南相馬ソーラー・アグリパークは、子供たちの成長支援の新しい仕組みです。子供たちは、発電している本物の太陽光発電所と実際に野菜を生産している植物工場を舞台に、仕事の体験ができます。そして仕事体験に加えて、自然のエネルギーを実体験するための一連の学習プログラムに参加することができます。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

ダウンロード

MORIUMIUS

2015年8月26日 (水)

宮城旅して応援

森と海と明日へ。
豊かな森と海に恵まれ、伝統が色濃く残る石巻市雄勝町。

東日本大震災により町の8割が壊滅するも高台に残る築93年の廃校が新たな学び場として生まれ変わりました。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

hoyahoya

ほやほや学会

ほやによる東北の振興をミッションに掲げ、ほやファンとともにほやの認知度向上と、消費拡大を目指すネットワークです。ほやの情報、レシピ、イベントなど、ほや好きには見逃せないほやほやの情報をお届けしています。
イベントやネットで参加できる企画を通じてみんなで育てるほやほや学会を目指しています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

418990_266167186793077_288180686_n

極上の会津

2015年8月24日 (月)

旅して応援福島

会津17市町村の観光情報
福島県会津地方の観光情報を紹介していきます!

詳細を見る(外部サイトへリンク)

image

“菜”発見! 夏まるかじり 東和旅

2015年8月23日 (日)

旅して応援福島

ツアー行程詳細
9月5日(土) 9:30郡山駅、10:30二本松駅集合
→基調講演
→地域の方との対談
→手づくり工芸体験説明・体験
→17:30頃 民宿にて1泊

9月6日(日)
→5:00~ 農作業体験
→9:30  民宿出発
→ふくしま農家の夢ワイン説明、枝豆収穫
→地域の方とみんなでBBQ
→2日間のまとめと振り返りのワークショップ
→16:20頃 二本松駅解散
→17:30頃 郡山駅解散

詳細を見る(外部サイトへリンク)

3-thumb-640x640-236

明日を夢見るドレスチャリティーTシャツの販売

イタリアのアパレルメーカー「ベネトン」が、「明日を夢見るドレス」プロジェクトに参加し、 東北地方太平洋沖地震災害支援のチャリティーTシャツを制作し販売することを発表した。
「明日を夢見るドレス」プロジェクトは、2014年に震災復興への想いから始まったもので、全国の未就学児・小中学校・高校から応募を募ったところ、 1,300点以上の作品が集まった。

ベネトンのコミュニケーション・リサーチセンターであるファブリカがこれらの作品をもとにデザインしたチャリティーTシャツは、8月20日(木)より、 ベネトンオンラインストア、 ZOZOTOWNにて先行予約を開始し、 9月上旬よりベネトン対象店舗において販売開始となる。チャリティーTシャツの売上の一部は復興支援の義捐金として本プロジェクトを通じて寄付される。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2015年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之