.

検索結果:779件/2,860件

sanmatokyo

三陸・大船渡 東京タワーさんままつり

東京タワーでは、岩手県大船渡市と協力し、大船渡産の炭火焼さんまを無料で振る舞う 恒例の「平成26年度 三陸・大船渡 東京タワーさんままつり」を9月23日(火・祝)に開催します。 当日は大船渡港から直送された新鮮なさんまを、大船渡からこの日の為に上京したスタッフの皆さんの 熟練した〝炭火焼”の技で香ばしく焼き上げ、さんまを引き立てる「大根おろし」に 「辺塚だいだい」を添え、千葉県山武市の「さんまに良く合うしょうゆ」とともに、3,333名様に無料配布致します。 この他会場では、大船渡のご当地バーガー「大船渡さんまバーガー」1,000食を限定販売するほか、 さんま本来の旨みと香りが味わえる大船渡の伝統料理「さんますり身汁」も限定で2,000食販売します。 特設ステージでは、三陸出身のアーティストによるLIVE、ラジオ日本の公開生放送等、豪華ゲストが続々登場!

場所 東京タワー屋外特設会場
開催期間 2014年9月23日(火・祝)
時間 09:00~16:30
主催 三陸・大船渡 東京タワーさんままつり実行委員会

詳細を見る(外部サイトへリンク)

sanmamatsuri

大船渡サンマまつり(船場まつり)

東日本大震災の被災地・岩手県大船渡市で水揚げされた旬のサンマを大船渡港から直送!炭火でおいしく焼き上げて、ご提供します。今年の秋は、三陸のサンマを食べて、東北の漁業復興を応援しよう!

ボランティア100人大募集!
「大船渡サンマまつり」は、サンマの購入、スタッフともに完全ボランティアで行っています。サンマまつりを継続して実施していくために、ボランティアを募集します。

開催日:2016年10月8日
開催時間:午前11時~午後5時(なくなり次第終了)
会場:真宗大谷派 難波別院(南御堂)

詳細を見る(外部サイトへリンク)

tomiokahachiman

被災地復興支援 第五回 東北物産展

2016年8月22日 (月)

イベント東京買って応援

9月24日(土)・25日(日)の二日間、
被災地復興支援 第五回 東北物産展を開催いたします。
岩手県山田町の海産物・平泉の物産品の販売、被災地の写真展をメインに復興を後押しします。
ぜひお立ち寄りください。

日時:9/24(土)10:00~17:00
   9/25(日) 9:00~16:00
場所:富岡八幡宮境内

詳細を見る(外部サイトへリンク)

fukkomovie

東日本大震災復興動画制作プロジェクト~岩手復興ドラマ~

2016年8月20日 (土)

岩手映画

岩手県では東日本大震災の記憶を全国へ、世界へ、そして未来へとつないでいくドキュメンタリードラマを制作します。
そして、その原作となる物語と出演者を募集しています。
あなたが見てきた、感じてきた復興への物語。 いっしょに伝えていきませんか?

2017年3月公開予定 東日本大震災復興ドキュメンタリードラマ
[ 監修:高橋克彦 出演:村上弘明 他 ]

1.原作ストーリー募集(応募締切9/20(火)当日消印有効)
東日本大震災の記憶を伝える物語を募集します。応募作品から選定委員会が数作品を選定し、これをもとに脚本化。動画制作を行い、IBCテレビ、岩手めんこいテレビで特別番組として放送します。この他にも岩手県内で上映会を開催するほか、岩手県公式動画チャンネルを通じて全国配信を予定しています。

2.出演者募集(応募締切9/30(金)当日消印有効)
この作品への出演者(主演、助演、主な配役、エキストラを含む)を広く募集します。年齢、性別、プロ、アマ、経験は問いません。物語を伝える一人として、あなたも参加してみませんか。
(主演、助演決定者は出演のためのレッスンを受講していただきます。)

詳細を見る(外部サイトへリンク)

syokutosake

「第三回 食と酒 東北祭り」開催!食べて東北を応援しよう!

はじめまして、筑波大学の藤田朋花です!私たちは、東日本大震災で大きな被害を受けた東北地方を応援するために、東北の味と魅力を伝え、知ってもらうことを目的とする「食と酒 東北祭り」を過去2回、開催してきました。出店者様や多くのお客様から、次回開催を望む声があり、この度「第三回 食と酒 東北祭り」を開催することにしました。

お祭り開催にあたり、私たち実行委員会のメンバーは、何度も東北を訪れ、現地の方と話し、繋がり、そして現地の風景を実際に見ることで、東北にはどのような魅力があり、それをどのように伝えるべきかを考えてきました。そして現在は、今年10月の「第三回 食と酒 東北祭り」の本番に向けて、実行委員全員で準備を進めています。

お祭りという楽しい雰囲気の中で、東北地方の現状や、食べ物やお酒、風景や文化などの魅力を多くの人に知ってもらうことが大きな目的です。さらには、それを通して東北地方への興味や関心を喚起することができれば、東北地方の復興と更なる発展につながるのではないかと考えております。

みなさまの温かいご支援、よろしくお願いいたします。

日程:2016年10月15日・16日
場所:つくばセンター広場

詳細を見る(外部サイトへリンク)

jalday

JAL day in 銀プラ 2016

開催日 平成28年 8月25日(木曜日)
場所 いわて銀座プラザ(東京都中央区銀座5-15-1 南海東京ビル1階)

<内容>
■復興トークLIVE(14:00~15:30)

1.岩手県の復興の歩み
2.日本航空の復興支援の取り組みと想い
 現役パイロット、キャビンアテンダントも来店します!

※聴講いただいた方へ日本航空と岩手県のオリジナルグッズ(非売品)をプレゼントします。
※1、2への参加を希望される方は、お電話でお申し込みください。(電話:03-3524-8283)
 先着15名様限定です。お申し込みはお早めにお願いします。

■日本航空機内食に採用された商品の販売
■模型、パネル展示
■岩手まるごとおもてなし隊による観光PR

詳細を見る(外部サイトへリンク)

fukushimasanchoku

銀座駅構内で「第9回福島産直市」を開催

東京メトロでは、8月5日(金)・6日(土)の2日間に銀座駅構内において「第9回福島産直市」を開催し、福島県産品の販売と観光PRを行います。

この取組みは、福島県の一日も早い復旧・復興を願い、東京都が展開している「ふくしま⇔東京キャンペーン」の趣旨に賛同し、福島県を応援するために実施しているもので、今回で9回目を迎えます。
目玉商品として、一昨年・昨年ともに大好評だった福島県を代表する「桃」をはじめ、新鮮な野菜、銘菓などを豊富に取り揃えております。

<福島産直市 開催情報>
【日 程】 2016年8月5日(金)・6日(土)の2日間
【開催時間】 8月5日(金) 12:00~20:00 8月6日(土) 11:00~17:00 ※各日、売り切れ次第終了
【開催場所】 銀座駅 日比谷線コンコース

詳細を見る(外部サイトへリンク)

fukushimanosake

日本一ふくしまの酒まつり JR新橋駅前

今年の新酒鑑評会では、福島の日本酒が「4連続日本一」になりました。その福島の日本酒を知っていただく企画として、「日本一のふくしまの酒まつり」をJR新橋駅前で実施します。

〇日程 平成28年7月28日(木)~29日(金)16時~20時

〇場所 JR新橋駅西口SL広場

〇内容
・チケットと引き換えでお好きな「日本酒」「おつまみ」を購入できます。
・チケット1000円(5枚つづり)
・前売りチケット1000円(6枚つづり)

前売りチケットは、7月16日より日本橋ふくしま館で販売予定

〇特徴
・ふくしまの全蔵元の日本酒が勢ぞろいします
・ふくしまの「うまいもの(おつまみ)」が大集合します
・ステージイベントもあります

詳細を見る(外部サイトへリンク)

koiwaioishii

“おいしく地産全笑。プロジェクト” 「小岩井 東北のおいしい果実Sparkling」

キリンビバレッジ株式会社は、2015年に開始した“おいしく地産全笑。プロジェクト”活動の一環として、この度、東日本大震災の被災地のお役に立てていただくことを目的に、7月12日(火)に新発売する「小岩井 東北のおいしい果実Sparkling」の売上げから、宮城県、岩手県、福島県の各県に100万円ずつ、計300万円を復興支援のための寄付金として拠出します。

“おいしく地産全笑。プロジェクト”は、「地域のおいしいを見つけてニッポン中で楽しむ、おいしい地産全消」をコンセプトに、キリンの技術を生かして地産品のおいしさを商品化し、地域経済・農業経営に貢献していくことを目指します。
今回は、東北の農家が心をこめて育てたおいしい果実を、東北の代表的なブランドである「小岩井」が誠実なものづくりの精神で商品開発し、全国にお届けします。
プロジェクトのネーミングとロゴは、地域が誇る“おいしい”を全国のみんなで味わって、みんなで笑顔になりたいという想いを表現しています。

「小岩井 東北のおいしい果実Sparkling」について
中味について
東北6県のおいしい果実※1を純水炭酸で仕上げた※2、爽やかなおいしさの果実炭酸飲料です。
※1青森県・リンゴ/岩手県・ブドウ(山ブドウ)/秋田県・西洋ナシ/宮城県・和ナシ/山形県・サクランボ(佐藤錦)/福島県・モモ
※2果汁15%

詳細を見る(外部サイトへリンク)

yellmarket

東北エールマーケット

東日本大震災から5年4カ月。2011年12月にオープンした「復興デパートメント」が「東北エールマーケット」に名称を変更し、リニューアルオープンしました!

買い物は、元気。買い物は、応援。それは物だけではないのかもしれない。作る人と、買う人を、結ぶもの。Yell Marketの商品を、是非ご覧ください。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2017年5月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも公益社団法人「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。公益社団法人として、これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも公益社団法人「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之