.

検索結果:115件/2,860件

6847_1

サンパウロ、巨大寄せ書きで応援 最大日系社会の地区

海外最大の日系社会があるブラジル・サンパウロの東洋人街リベルダージ地区で、東日本大震災の被災者への応援メッセージを巨大な布に寄せ書きする活動が30日までに始まった。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

83

がんがれ日本!!!

日本のブロガーがチョイスした元気がでるtweetまとめがtwetter上で拡散し、16カ国語へ。元気がでるtweetまとめ心に残るツイートまとめ

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-11 09.52.26)

Show Your Heart – a message for Japan from Braz

2011年3月30日 (水)

世界中南米動画外国語

SHOW YOUR HEARTと言うキャンペーンで、ブラジルからのメッセージ

My camera records sound at a very low volume, so I had to increase it artificially and that’s why there’s so much background noise. Sorry about that.
I know this is a campaign to help people, but as I’m a veterinarian I just could not forget about the animals that are also suffering from this disaster.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-01 09.39.20)

SING it for Japan

フィンランドのオウルの皆さんより、応援のメッセージ

From Oulu, Finland. Im sorry we forgot to have the finnish flag on this. Maybe they can write “Finland” to some corner?
Music Ion by Placebo. I had to put something on the backround, so that it wouldnt be so boring to watch. Feel free to use any part of this you want to.
All organizing and all the flags made by Enna and Nea (special thanks to Mika for helping with the little flags). Edited by Nea with Sony Vegas Pro 9.
And then the biggest and most awesome part of the video.
From the bottom of my heart we want to thank the whole school of Pohjankartano for letting us do this and for wanting to be part of it. (We are not in this school, neather of us has ever even been). You guys make this special.
And we hope the japanese will see how much love for them we have, even tho we live on the other side of the world. Keep the faith.
You are not alone in this.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-24 15.21.19)
スクリーンショット(2011-05-01 17.53.11)

【地震】タイのスラム街でも被災地支援の募金活動(11/03/30)

タイのスラム街に住む子供たちが、日本の被災地を支援するため募金を呼びかけました。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-24 08.31.44)

Dear Japan, from Phuket (English Version)

“Dear Japan, from Phuket” is a video made to give strength to the people in Japan who were devastated by the Northeast Pacific earthquake happened on the 11th of March, 2011.
This is an English translated version of the video.
Dear Japan Project is a volunteer group organized by a group of Japanese and Thai, who visited Phuket for work right after the earthquake.
There, we have received so many warm messages and encouragement from the local people, who once also suffered from a tragic earthquake happened in 2004 at the coast of Sumatra. This had stimulated us to create this video in hope to encourage the people in Japan, as we were from the people in Phuket.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-24 08.26.40)

Dear Japan, from Phuket

「Dear Japan, from Phuket」は、東北地方太平洋沖地震で被災された全ての日本の方々を応援するメッセージビデオです。我々は2011年3月11日の地震の直後に仕事でタイのプーケット島を訪れました。
そこで、数年前にスマトラ沖地震の津波被害にあわれた多くの方々から力強いポジティブなはげましをいただきました。彼らのメッセージを日本の方々に届けるために日本人とタイ人の有志で結成されたのがDear Japan Projectです。この度の地震で被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-01 10.45.18)

【地震】バンコクで被災者チャリティーマラソン(11/03/28)

タイの首都バンコクで、今回の地震の被災者を支援するためにチャリティーマラソン「ラン・フォー・ジャパン」が開催されました。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-15 16.16.14)

東日本大震災の被災者の皆様に奉げる3月13日のミサのダイジェスト

日本語字幕:東日本大震災の被災者の皆様に奉げる3月13日の主日ミサ(四旬節の最初の日曜日)の様子をお知らせします。ミサは、メキシコ国チアパス州サン・クリストバル­・デ・ラス・カサス市のサンフランシスコ教会で行われました。53分のミサですが、11分のダイジェストにまとめました。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2018年7月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之