.

検索結果:441件/2,860件

jalday

JAL day in 銀プラ 2016

開催日 平成28年 8月25日(木曜日)
場所 いわて銀座プラザ(東京都中央区銀座5-15-1 南海東京ビル1階)

<内容>
■復興トークLIVE(14:00~15:30)

1.岩手県の復興の歩み
2.日本航空の復興支援の取り組みと想い
 現役パイロット、キャビンアテンダントも来店します!

※聴講いただいた方へ日本航空と岩手県のオリジナルグッズ(非売品)をプレゼントします。
※1、2への参加を希望される方は、お電話でお申し込みください。(電話:03-3524-8283)
 先着15名様限定です。お申し込みはお早めにお願いします。

■日本航空機内食に採用された商品の販売
■模型、パネル展示
■岩手まるごとおもてなし隊による観光PR

詳細を見る(外部サイトへリンク)

ebisbeer

第8回「恵比寿麦酒祭り」開催

サッポロホールディングス(株)グループは、ヱビスビール発祥の地「恵比寿ガーデンプレイス」において、第8 回「恵比寿麦酒祭り」(えびすビールまつり)を開催します。
「大人の街の麦酒祭り」をテーマに掲げ、9月14日(水)・15日(木)の前夜祭と、16日(金)~19日(月・祝)の本祭、計6日間の開催です。

本年は「恵比寿麦酒祭り」で販売した生ビールの売上金の全てを、東北・九州復興のために寄付させていただきます。多くの方のご来場をお待ちしています。

【開催期間・営業時間】
前夜祭 9月14日(水)・15日(木) 17:00~21:00
    ※会場の一部のみオープン
本祭 9月16日(金)  17:00~21:00
    9月17日(土)~19日(月・祝)   11:30~21:00
  ※ラストオーダーは各日とも20:30(最終日のみ20:00、20:30終了)
   ※入場無料
【主催】
サッポログループ各社
※イベント内容詳細につきましては、WEBサイトをご確認ください。
http://www.sapporobeer.jp/area/shutoken/yebisubeerfes/index.html

詳細を見る(外部サイトへリンク)

sawasawato

宮城県産酒米蔵の華使用 純米吟醸酒 「さわさわと雪の松島」

みやぎ生協の子会社、株式会社東北協同事業開発は、仙台の酒類専門店「株式会社やまや」と、新たな古今東北商品として「宮城県産酒米蔵の華使用 純米吟醸酒 さわさわと雪の松島」を共同開発しました。「東北のお酒の販路拡大」、「東北の酒米の利用拡大」を目指しタッグを組み、7月29日(金)から生協、やまやの両店舗で販売します。ゆくゆくは他の店舗での販売も視野にいれます。

【古今東北(ここんとうほく)】
東北地方の震災復興、地域振興を目指して設立した株式会社東北協同事業開発(みやぎ生協の子会社)が開発する商品ブランドです。食のみやぎ復興ネットワークの取り組みを継承し、東北各地から集めた選りすぐりの食材や加工品を紹介しています。「古今東北」ブランドの目的「震災復興、東北の地域経済の活性化」のために最も重要なのは、「販路の拡大」です。生協以外のあらゆる売場で展開できるブランドに成長させ、販路拡大を目指します。

【商品概要】
発売日 2016年7月29日(金)
商品 古今東北 宮城県産酒米蔵の米使用 純米吟醸酒 さわさわと雪の松島
<規格>720 ml(瓶) <価格>1,580円(税別)
商品特徴 東北の酒米「蔵の華」と「船形山の水」を使い、穏やかな吟醸香の中に、米の旨さと酸味のバランスを絶妙に整え、飲み飽きない純米酒に仕上げました。
地元の食材とともに味わってこそ、地酒もその真価を発揮できます。情熱をかけた地酒と心地よい時間を味わえます。常温や燗で味わうと一層うま味が際立つ純米吟醸酒に仕上がりました。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

comictrain2016

マンガでつなGO東北「コミックトレイン」

2016年7月29日 (金)

企業の取り組み漫画鉄道

東日本大震災から5年が経過し、観光面からの復興支援および地域活性化を目的として、JR東日本 仙台支社と盛岡支社では、出版事業を通じて被災地の支援活動を行っている<大震災>出版対策本部の取り組みに賛同し、東北本線、石巻線、釡石線、磐越東線で、マンガキャラクター「ONE PIECE」、「ダイヤのA」、「名探偵コナン」をラッピングした車両「マンガでつなGO東北」『コミックトレイン』を運転します。

2016年7月23日(土)から8月6日(土)までの7日間で運転します。

◆特別企画展について
コミックトレイン運行に合わせて、女川駅、釡石駅、いわき駅周辺の会場で、「コミック出版社の会」(14社)による複製原画やメッセージ入りサイン色紙が展示されます。
入場無料で、どなたでも気軽にマンガの世界をお楽しみいただけます。
(1)女川会場
開催場所: 女川町まちなか交流館
開催日程: 7月23日(土)、24日(日)、25日(月)
展示時間: 11:00~17:00
(2)釡石会場
開催場所: シープラザ釡石 アイデアフロア
開催日程: 7月30日(土)、31日(日)、8月1日(月)
展示時間: 11:00~17:00
(3)いわき会場
開催場所: いわきPIT
開催日程: 8月5日(金)、6日(土)、7日(日)
展示時間: 11:00~17:00
※上記のスケジュールは変更となる場合があります。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

unitedarrows

東日本大震災・平成28年熊本地震 被災地復興支援 「スーツ下取りキャンペーン」

2016年7月28日 (木)

企業の取り組み支援団体

株式会社ユナイテッドアローズは、「UNITED ARROWS green label relaxing/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング」(以下、GLR)の68店舗において、2016年8月3日(水)より、第14回となる恒例のスーツ下取りキャンペーンを実施いたします。回収したスーツは、当社の被災地復興支援プロジェクト”MOVING ON TOGETHER!”の一環として、東日本大震災と平成28年熊本地震の被災地復興支援に役立てられます。環境保全や社会貢献の観点から、毎回多くのお客様にご参加いただき、ご好評いただいているキャンペーンです。

■ キャンペーン概要
◇ 下取り期間: 2016年8月3日(水)~8月31日(水)
◇ 実施店舗: ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 68店舗
※オンラインストアはのぞく

◇ 実施内容:
・ご不要になったビジネススーツを実施店舗にお持ちいただくと、1点につき、”スペシャルチケット”1枚をお渡しします。
※同色・同素材で上下が揃っており、ジャケットとパンツまたはスカートの組み合わせ
※ブランドは問いません
※お一人様3着まで
・ご提供いただいたスーツ1セットにつきスペシャルチケット1枚と交換。

◇ スペシャルチケット利用詳細:
チケット使用有効期間: 2016年8月3日(水)~9月4日(日)
いずれかをお選びください。
1)対象のスーツ・ジャケット・シューズ・バッグご購入時、10%OFF
2)東日本大震災と平成28年熊本地震の被災地復興支援のために、当社より300円を寄付

詳細を見る(外部サイトへリンク)

koiwaioishii

“おいしく地産全笑。プロジェクト” 「小岩井 東北のおいしい果実Sparkling」

キリンビバレッジ株式会社は、2015年に開始した“おいしく地産全笑。プロジェクト”活動の一環として、この度、東日本大震災の被災地のお役に立てていただくことを目的に、7月12日(火)に新発売する「小岩井 東北のおいしい果実Sparkling」の売上げから、宮城県、岩手県、福島県の各県に100万円ずつ、計300万円を復興支援のための寄付金として拠出します。

“おいしく地産全笑。プロジェクト”は、「地域のおいしいを見つけてニッポン中で楽しむ、おいしい地産全消」をコンセプトに、キリンの技術を生かして地産品のおいしさを商品化し、地域経済・農業経営に貢献していくことを目指します。
今回は、東北の農家が心をこめて育てたおいしい果実を、東北の代表的なブランドである「小岩井」が誠実なものづくりの精神で商品開発し、全国にお届けします。
プロジェクトのネーミングとロゴは、地域が誇る“おいしい”を全国のみんなで味わって、みんなで笑顔になりたいという想いを表現しています。

「小岩井 東北のおいしい果実Sparkling」について
中味について
東北6県のおいしい果実※1を純水炭酸で仕上げた※2、爽やかなおいしさの果実炭酸飲料です。
※1青森県・リンゴ/岩手県・ブドウ(山ブドウ)/秋田県・西洋ナシ/宮城県・和ナシ/山形県・サクランボ(佐藤錦)/福島県・モモ
※2果汁15%

詳細を見る(外部サイトへリンク)

yellmarket

東北エールマーケット

東日本大震災から5年4カ月。2011年12月にオープンした「復興デパートメント」が「東北エールマーケット」に名称を変更し、リニューアルオープンしました!

買い物は、元気。買い物は、応援。それは物だけではないのかもしれない。作る人と、買う人を、結ぶもの。Yell Marketの商品を、是非ご覧ください。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

iwatecoc

岩手大学 ふるさといわて創造プロジェクト

東日本大震災から5年が経過し、岩手の次のターゲットは地方創生です。そのキーワードは生業の再生でありイノベーションを担う人材を育成し、彼らを地域に定着させることが大きな目標となります。人材の定着には大学の努力だけではなく地域の企業が魅力的な企業になるための努力も必要です。まさに産学官が協力して人材育成を行うものです。地域の良さを十分に理解し、いわゆる地方に積極的に住むこと、そこでリーダーとして活躍することが望まれます。そのため本事業では産学官連携で大きくは4つのアクションを実施します。

<ふるさといわて創造プロジェクトとは>
ふるさといわて創造プロジェクトは、今年度、文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+事業)」に岩手大学が申請大学となり応募し、採択されたものです。
プロジェクトでは、岩手大学をはじめとした県内外の8の高等教育機関、17の自治体、8の経済・産業団体が事業協働機関として参画し、教育カリキュラムを整備するとともに、地域での活動を通じて学生の岩手県内就職率の増加を図ります。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

tokyu_nikotama

東北の魅力発見フェア in 二子玉川ライズ

東急グループは、東北観光推進機構の協力のもと、7月1日(金)~3日(日)、二子玉川ライズにおいて、「東北の魅力発見フェア in 二子玉川ライズ」(以下、本イベント)を開催します。

本イベントでは、東北各県の自治体や観光団体、観光事業者が、旬の観光スポットや関連情報を紹介する「東北観光フェア」をガレリアにて開催するほか、株式会社ぐるなびが、東北産の野菜やフルーツを使った料理などを紹介する「東北おいしいマルシェ」を中央広場にて、監修・運営します。会場内中央に位置するステージでは、ダイナミックな郷土芸能の演舞やゆるキャラによるパフォーマンスなどを披露し、東北文化を発信します。

日時
7月1日12:00〜19:00、7月2日11:00〜19:00、7月3日11:00〜18:00
場所
ガレリア・中央広場

詳細を見る(外部サイトへリンク)

amakorokaki

宮城県の復興のシンボル『あまころ牡蠣』ゼネラル・オイスター運営のオイスターバー33店舗で数量限定提供

宮城県水産技術総合センター 気仙沼水産試験場は、宮城県南三陸町の牡蠣生産者と共に、天然採苗シングルシード未産卵牡蠣『あまころ牡蠣』の量産化に成功し、この度、日本最大のオイスターバーチェーンである株式会社ゼネラル・オイスターの運営する33店舗にて、6月17日(金)より数量限定で初提供いたします。
一般的な宮城県北部産の真牡蠣は養殖期間が約2年かかるのに対し、あまころ牡蠣は約10ヶ月で採取でき、小振りですが未産卵の分エグみがなく強い甘みが特長です。東日本大震災で壊滅的な被害を受けた宮城県南三陸町の牡蠣生産者と宮城県水産技術総合センター 気仙沼水産試験場が、農林水産省の支援、水産研究・教育機構東北区水産研究所の協力の下開発に取り組み、震災から5年後の今年、遂に量産化に成功しました。

【提供メニュー概要】
■メニュー : 「あまころ牡蠣入 旬の生牡蠣プレート」 4ピース2,460円(税抜)/6ピース3,250円(税抜)
「あまころ牡蠣」 1ピース 580円(税抜)
■提供期間:6月17日(金)~数量限定提供 ※なくなり次第終了

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2017年7月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも公益社団法人「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。公益社団法人として、これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも公益社団法人「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之