.

検索結果:135件/2,860件

view_photo

被災校応援の思い込め、作野小が金 バンドフェス愛知勢

大阪市の大阪城ホールで19日に開かれた第30回全日本小学校バンドフェスティバル(全日本吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)で、愛知県から東海支部代表として出場した安城市立作野のマーチングバンドは金賞、岡崎市立竜美丘の吹奏楽部は銀賞を受けた。昨年に続く2度目の出場の作野は、「上を向いて歩こう」「明日があるさ」など、気持ちが前向きになる邦楽3曲を披露。楽しそうに笑顔を浮かべながら、力強い音色を奏でた。3月の震災後、昨年の大会で金賞に選ばれた福島県南相馬市立原町第一小に義援金や手紙を送って交流してきた。「困難を乗り越えようとしている人の応援になる曲を」と、今回の曲目を決めた。部長の鍵山萌佳さん(6年)は、「思いを込めて演奏できました」。

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E5%85%AC%E6%BC%94%E3%81%AE%E6%A7%98%E5%AD%90

「ウィーン・フィル&サントリー音楽復興基金」設立

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とサントリーホールディングス(株)は、2012年4月に、音楽を通じた震災復興支援を行うべく「ウィーン・フィル&サントリー音楽復興基金」を設立することを発表しました。今回は音楽の力で、被災地はもちろん、日本全体に勇気や希望を与える、息の長い支援活動を続けていきたいとの想いで、この基金を設立することが決定した。この基金は、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団からサントリーホールを通して「震災に遭われた最も大切な日本の友人たちへ、お見舞の気持ちを伝えたい」と100万ユーロの寄付の申し出があったのが始まりで、長年、ウィーン・フィルの日本公演のパートナーとして信頼関係を築いてきたサントリーグループもこれに賛同、同額を拠出して基金を設立することになった。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

会津若松クリスマスコンサート

会津若松「復興チャリティー・クリスマス・コンサート」(入場無料)

東日本大震災復興チャリティー・クリスマス・コンサート「我がニッポンのうた」が12月14日(水)会津若松市文化センターで開催されます。
出演は混成ジャズボーカルカルテットのBREEZE(ブリーズ)と嶋田陽子ラテン・リズムです。
演目は、日本民謡集~大漁唄い込み(宮城) 会津磐梯山(福島)など。
入場は無料(要整理券)ですので、ぜひ、ご来場ください。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

img_main-1

“ありがとう”を音楽に乗せて

2011年10月2日 (日)

イベントコンサート音楽

東日本大震災への国際救援に対する感謝のコンサート
~“ありがとう”を音楽に乗せて ~

東日本を襲った未曾有の大震災から早くも5ヶ月が経ちました。被災された多くの方々が故郷の復興に向けて前へと進む一方、未だにゴールの見えない未来に対し大きな不安を抱え、不自由な生活を余儀なくされています。

この日本の国難に際し、震災直後に被災地へ救助チームや専門家チームを派遣した約30の国々・地域・国際機関があります。日本人はこれらの国際救援に対する感謝の気持ちを忘れてはなりません。私たちはこれらの代表の方々をお招きし、私たちの「ありがとう」の気持ちを世界の共通言語である「音楽」に乗せて、お伝えするコンサートを開催しました。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

img_main

Our ありがとう on the wing of the Music

2011年10月2日 (日)

イベントコンサート音楽

Appreciation Concert honoring your Dispatch of the Rescue teams
in the aftermath of the Great East Japan Earthquakes
“Our on the wing of the Music”

5 months have passed since the devastating earthquake and tsunami hit East Japan. Many of the victims are still forced to live in restricted situations. Some of them are still frustrated by the slow progress towards recovery.
In the aftermath, Japan received the tremendous help and support of so many countries and organizations. The fact that so many people and governments gave their time and resources so generously to Japan in our time of need is something we will remain forever grateful for. That thought motivated our Committee to invite the representatives of those countries and organizations, and to express our appreciation in the universal language of music. And, we are now glad to announce the concert will be held as detailed below:
Concert Brief

Date
Tuesday, September 27th
The performance will begin at 7 p.m. followed by a reception at 8:30 p.m.
Venue
The International House of Japan (Iwasaki Koyata Memorial Hall)

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-06-29 19.40.59)

ドリカム、被災地4県で無料ライブ開催へ

人気ユニット・DREAMS COME TRUEが8月19~21日の3日間、東日本大震災の被災地、岩手・宮城・福島・茨城の4県で無料のアコースティックライブを行うことがわかった。これまで、「何度でも」の着うたフル無料配信、ポジティブな歌詞の楽曲を集めた復興支援ベスト盤『THE SOUL FOR THE PEOPLE ~東日本大震災支援ベストアルバム~』(29日発売)から得られるアーティスト収益を被災地へ全額寄付し続けることを表明していたドリカムが、今度は直接歌の力を届けにいく。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

キャプチャ

七夕コンサート開催!三鉄ジャズトレインが走ります。

7月2日に七夕コンサートが開催されます。
宮古駅前では、早稲田大学のニューオルリンズジャズクラブと市内小中学校ブラスバンドなどのコンサート
宮古16時10分発の列車は三鉄ジャズトレインとして車内で早稲田大学ニューオルリンズジャズクラブの演奏がございます。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-06-09 15.37.20)

東京交響楽団ベネフィット・コンサート  6月11日(土)19:00

東北地方太平洋沖大地震があった日以来、ちょうど3カ月後となる6月11日にチャリティー・コンサートが行なわれます。東京交響楽団のホールでもある、ミューザ川崎シンフォニーホールの復旧のためのコンサートです。オーガナイザーは、ロンドンのPhilharmonia Orchestraのメンバー、ヴァイオリニストAdrian Varelaです。
日時 6月11日(土)19:00
場所 St. Saviour’s Church, Brockley Rise, London SE23 1JN
最寄駅 Honor Oak Park
出演 Flora Music Group――Adrian Varela(指揮)、Sophia Rahman(ソリスト)、 Chris Lee(ピアノ)、Monica Ube、Marina Gillam、Beatriz Lozano、Julie Clare (ボーカル)
プログラム ヘンデル、ヴィバルディ、モーツァルト、ガーシュウィンほか
入場料 無料(寄付金は受付)
収益金の送付先 東京交響楽団
Tel 07896 295 006(Mr. Adrian Varela)
Web www.kufuonline.com/japan
E-mail info@kufuonline.com

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-06-09 16.10.32)

Tokyo Symphony Orchestra Benefit Concert

The Tokyo Symphony Orchestra have been left homeless by the earthquake of 11 March 2011. Their erstwhile beautiful Muza Kawasaki Auditorium (above) has been all but destroyed, and the Orchestra have had to cancel many concerts, something which has deprived them of crucial income. In addition, the TSO have relocated the remaining concerts of their current, 65th anniversary season, to various venues around Tokyo, resulting in further costs.
These problems have resulted in a great upheaval in the ability of the orchestra to carry out their important work of high-quality and high-profile music making. They face an extremely serious financial, as well as logistical situation.
Despite this, and in an astonishing display of selflessness, TSO members have spontaneously organised a series of chamber concerts, with all proceeds going staight to the Red Cross- they collect nothing from these concerts. Families of some of the orchestral members live in affected areas.
You can read an article in the Japan Times on the subject here, or their own press release here.
We feel honoured in devoting all funds raised to our dear colleagues of the Tokyo Symphony Orchestra. We invite you to join us in our effort.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-26 12.41.36)

JAPAN FUNDRAISER@Pizza Express, Soho

PIzza Express, Soho – Mon-30-May (7:00pm) – £20.00 8pm
ALL-STAR BENEFIT GIG: KIT DOWNES / SARAH GILLESPIE / GILAD ATZMON / BARB JUNGR / GWYNETH HERBERT / MARI WILSON /PLUS SPECIAL GUESTS / BOOK HERE
Mercury nominated pianist Kit Downes will be joining forces with critically acclaimed singer-songwriters Gwyneth Herbert and Sarah Gillespie, maverick saxophonist Gilad Atzmon and renowned vocalists Barb Jungr and Mari Wilson. Expect a riotous mix of be-bop, cabaret, lyrical folk, blues and virtuosity. Feat Enzo Zirilli (drums), Ben Bastin (bass) and Simon Wallace (piano).

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2020年10月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之