.

検索結果:75件/2,860件

スクリーンショット(2011-05-11 09.48.48)

SHOW YOUR HEART – BRAZIL – Lauren Fraga – Louise Fraga – Ronnie Pedra

ブラジルのアニメファンの方からの応援ビデオ

A video from Brazil to the campaign SHOW YOUR HEART from the japanese singer/actor GACKT, it’s a small gesture to try to bring a smile to the japanese people affected by the recent incidents.

This video was made by:
Ronnie Pedra (@RonniePedra)
Lauren Fraga (@Lauren_Uruha)
Louise Fraga

Thaís Favero – Japanese Subtitles

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-17 12.38.02)

『starting over』from Jamaica。

キングストンで『ラブリッシュ』、『アイシャハウス』の日本人宿を営むJUNさんと、YUMMYさんのプロデュースによる、東日本大震災の日本救済のためジャマイカのアーティストが無償で作った日本救済ソング。4月21日よりItunesにてダウンロード開始。売り上げは全て寄付されます。(編集追記:動画は一部削除されているようです)

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-09 18.35.09)

Antonio Rodrigo Nogueira

東日本大震災 チャリティーSave Japan Victims運営事務局へノゲイラからのメッセージ。ブラジルから

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-24 09.41.24)

UNDP親善大使、マルタ・ビエイラ・ダ・シルバ-選手からのメッセージ

3月11日に発生した東日本大震災で被災された方々に対して、国連開発計画(UNDP)親善大使で、女子サッカー、ブラジル代表のマルタ・ビエイラ・ダ・シルバ-選手からメッセージが寄せられました。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-11 15.05.53)

エクアドルよりのお見舞い 

2011年4月11日 (月)

メッセージ世界中南米

「東日本大震災」に対し、エクアドルの多くの方々、その他の方々からのお見舞い、支援の申し出がありました。暖かいご支援を頂き、心より感謝申し上げます。【主だった方々】コレア エクアドル共和国大統|モレーノ エクアドル共和国副大統領|パティーニョ エクアドル共和国外務大臣|エクアドル国会|エクアドル赤十字社|国家高等教育科学技術庁(SENESCYT)|農業、牧畜業、水産業、農業省(MAGAP)|その他たくさんのエクアドル国民の皆様より

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-09 18.23.26)
スクリーンショット(2011-05-09 18.19.33)

ジーコ、アルシンド氏らブラジルから“ガンバッテ”

サッカー元日本代表監督ジーコ氏らが開催を呼びかけた東日本大震災被災者支援の慈善試合が7日、ブラジル南部パラナ州クリチバで行われた。

Jリーグで活躍したドゥンガ前ブラジル代表監督や元鹿島のアルシンド氏のほか元ブラジル代表のロマーリオ氏ら往年の人気選手が出場。2万2221人が観戦し、収益36万9140レアル(約1994万円)のうち20万レアル(約1080万円)が日本、残りはパナラ州の洪水被災地に送られるという。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

その他の都市 グルメ・レストランの写真 琉球太鼓祭り(写真) by bolivianitaさん
スクリーンショット(2011-05-15 16.09.21)

Smile from MEXICO ~メキシコから笑顔を~

地震と津波の被害を受けた方々に、心からのお見舞いを申し上げます。
日本の裏側、メキシコのカンクンから東日本大震災の為に出来る事。
精一杯の笑顔と祈りを届けます。
2011年3月20日〜27日までの7日間、海外に住む私たちにも何かできないか?という考えから、カンクンの野球開幕戦に合わせ、チャリティーブースを設置しました。T­シャツを販売、そして募金を募りました。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

東日本大震災の被災者支援のため折り紙で鶴を折るハイチの少女たち=2011年4月1日、米サンフランシスコの非政府組織「人道のための建築」提供

ハイチの子供たちが折り鶴

昨年の大地震で被災した中米ハイチの子供たちが、東日本大震災の被災地を支援する折り鶴作りに参加している。自分たちの体験から、「大地震後のひどい状況はよく分かる」と日本の被災者に共感し復興を願っている。

お金がなくても、折り紙で鶴を折れば寄付ができる仕組みが作られた。米シアトルのベゾスファミリー財団に送れば、1羽につき2ドル(約170円)を同財団が非政府組織「人道のための建築」(本部・サンフランシスコ)に寄付する。両団体は10万羽を目標に世界の子供たちに折り鶴作りを呼びかけている。

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2020年8月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之