.

検索結果:309件/2,860件

スクリーンショット(2011-05-15 16.09.21)

Smile from MEXICO ~メキシコから笑顔を~

地震と津波の被害を受けた方々に、心からのお見舞いを申し上げます。
日本の裏側、メキシコのカンクンから東日本大震災の為に出来る事。
精一杯の笑顔と祈りを届けます。
2011年3月20日〜27日までの7日間、海外に住む私たちにも何かできないか?という考えから、カンクンの野球開幕戦に合わせ、チャリティーブースを設置しました。T­シャツを販売、そして募金を募りました。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-15 13.23.03)

【日本へ応援】エジプト と コスタリカ【セクシーメイドも日本支援】

エジプトではスフィンクスの前から、コスタリカではメィドカフェのお姉さんたちも応援のメッセージを

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-24 19.25.22)

kizuna311 #22 セルジュ・ブロックからの手紙

さまざまな人々に希望をつなげる[kizuna311]#13。http://kizuna311.com/
フランスのイラストレーターで絵本作家のセルジュ・ブロックさんから手紙メッセージが届きました。kizunaをテーマにイラストを描いてくれています。セルジュ・ブロックさんはフランスやアメリカで活躍し、ワシントンポスト、ウォールストリートジャーナルやニューヨークタイムスなどにイラストを寄せているイラストレータ­ー。日本では、小山薫堂が翻訳した絵本「まってる。」のイラストでも知られています。一刻も早い復旧・復興をお祈りするとともに、たくさんの人々の心にこの絆の輪が広がることを願っています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-16 20.10.15)

*PRAY FOR JAPAN*NYCから日本へメッセージ

御覧頂き有り難うございます。被災地、日本に居る皆さん 本当にお見舞い申し上げます。私は今NYCに居てみんなが日本の事を気にかけてくれて世界が日本を心配している事、日本は独りでは無い事にとても嬉しく心強く思いました。そしてその事をたくさんの人に­も知ってもらいたくて、そのエールを日本へ送りたくてこの想いが少しでも届けばとたくさんの人に協力して頂きこのビデオを作りました。被災地の方々はビデオを見る事はなかなか難しいかもしれませんがご家族、お友達が居る方はどうか世界が日本と共に居る事を伝えて欲しいのです。
そして苦しい中、少しでも希望や笑顔に繋がればと思います。

日本に早く笑顔が光が溢れますように!!!

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-09 16.57.36)

Pray for Japan from Peru 2

ペルーリマ市の極貧地域インマヌエルにあるIglesia Enmanuelから日本の被災地の皆さんに向けて励ましのメッセージです。いつも復興を覚えて祈っています。ガンバレ!日本!!

Soy un Misionero Japones, estoy trabajando en Enmanuel Lima. no tenemos agua y luz,,,,pero tenemos la luz verdadero. nuestra Iglesia queremos para apoyar a hermanos de Japon.” Estamos orando por Japon, esfuerzate hermanos de Japon!! “

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-24 09.00.40)

Listen: Japan Earthquake/Tsunami PSA (Swedish)

Directed by Hazuki Aikawa and Andrey Alistratov

This video was created in an attempt to raise awareness of the recent earthquake and tsunami that hit Japan on March 11, 2011. Random people were selected to listen to sound bites that were taken from broadcasts and home videos of the tsunami. We recorded their reactions.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-24 08.58.28)

Listen: Japan Earthquake/Tsunami PSA (Turkish)

Bu video 11 Mart 2011′de Japonya’yı vuran deprem ve tsunaminin yarattığı etki hakkında bilgilendirilmek için yapılmıştır. Rastgele insanlar ilk elden çekilen video ve ses kayıtlarını izlemek, dinlemek için seçildiler. Biz de onların tepkilerini kaydettik.

Directed by Hazuki Aikawa and Andrey Alistratov

This video was created in an attempt to raise awareness of the recent earthquake and tsunami that hit Japan on March 11, 2011. Random people were selected to listen to sound bites that were taken from broadcasts and home videos of the tsunami. We recorded their reactions.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-23 23.52.58)

kizuna311 #21 泉ピン子・村田雄浩「ともだち」朗読

さまざまな人々に希望をつなげる[kizuna311]#20。http://kizuna311.com/ 俳優・泉ピン子さんと村田雄浩が朗読するのは、谷川俊太郎作「ともだち」。被災された方々、それを見守り心を痛める世界の人々へのメッセージとして、心を込めて朗読しました。今回、kizuna311のコンセプトに詩人・谷川俊太郎氏にもご賛同いただき、詩を使わせていただいています。一刻も早い復旧・復興をお祈りするとともに、たくさんの人々の心にその絆の輪が広がることを願っています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-07 17.21.04)

がんばれ日本!マリからもメッセージ その2

日本の地震のニュースを見て、アフリカにいるみんなも心を痛めています。私も何もできなくてほんとにもどかしい。せめて今できる­­こと­をしたいと思って、世界中からメ­ッセージを集めています。でも、いっぱい集めてつなげるまでの時間さえも惜しくて、せめ­て­単発で­もアップしたいと思い、編集なしでアップします。今度はマリで出会っ­たムッサからのメッセージです。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

イメージ 1

「東日本大震災」のために泣いてくれた少年。

2010年1月12日。ハイチ共和国を襲った大地震による死者は31万6千人。写真のこの彼はハイチ共和国・ポートフランスに住む少年。彼はこの地震の生存者である。>私が未だに涙なしで見ることができない動画がある。ハイチの2人の少年が、「東日本大震災」の津波の映像を見るのだ。「家が...船が陸に...。」絶句する2人の少年達。やがてマイクに語ろうとする彼だが...感情が抑えられず、泣き崩れてしまう。たくさんの子どもが...助けてあげたい、でも...ごめんなさい。」「してあげられることがあれば...でもボクは何も持ってないんだ。」

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2020年10月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之