.

検索結果:29件/2,860件

charity_auction

チャリティーオークションを開催中 Yahoo!オークション

様々な法人・団体から、芸能人、ミュージシャン、スポーツ選手、まんが家など、各界の皆様からの出品が続々登場。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

auc_c_charity

「みんなのチャリティー募金」が始動 Yahoo!オークション

落札額の一部(10%)もしくは全額が、募金にあてられます。どなたでもチャリティーオークションに出品、ご参加いただけます。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-03 0.28.13)

盛岡市産業まつり

盛岡市産業まつり実行委員会は、盛岡市や商工団体、民間企業が一体となって、岩手県盛岡地域の地場産品をPR・販売するために、物産展の開催等、積極的な活動を行っています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-29 23.45.05)

被災児童に運動具を送ろう! 『わんぱく復興プロジェクト』

NPO法人石巻スポーツ振興サポートセンターでは、総合型地域スポーツクラブとして、日頃から、子どもたちに最適な運動環境を提供するためさまざまなプログラムを行ってまいりました。今回の大震災に際しては、ヘドロかき、瓦礫除去、避難所ネットワークの運営といった、被災に直結したボランティア活動や、子どもの心のケアを兼ねたボール遊びプログラムなどを行っています。この未曾有の大震災の真っただ中に活動拠点を置く、スポーツに携わるNPO法人だからこそなにかできることはないか。私自身、家を流失し、未だ避難所にて寝起きしている状況ですが、そんな立場だからこそ分かるのは、被災者は全てを失っているということです。お小遣いをためてやっと手にいれたサッカーシューズ。頑張って働くお父さん・お母さんに買ってもらったばかりのジャージ。そういった物を失っても、周りの大変な状況を知る子どもたちは何も言えません。しかし、その喪失感は、同じ被災者として痛切に分かります。4月を迎え、運動靴を失った子供たちにも学校が始まります。このようなときでも、いや、このようなときだからこそ、身体を自らの意思で楽しみながら自由に動かす活動 ― スポーツ ― が必要なのです。そこで、当NPO法人では、被災した児童・生徒に、学校を通じて、運動靴や運動着といったスポーツ用品を送りたくおもいます。残念ながら私たち自身被災者であり、資力に欠く状態にあります。どうか皆さまのお力、思いを、寄付という形で頂戴できませんでしょうか。寄せられたご寄付は、全て公表し、使い道などについても明らかにいたします。NPO法人石巻スポーツ振興サポートセンター   理事長 松 村  善 行

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-01 18.25.00)

kizunaworld.orgプロジェクト

この度、坂本龍一と平野友康が発起人となり、被災地の一日も早い復 旧・復興を支援するためのプロジェクト、「kizunaworld.org」を発表 いたしました。2011年3月11日に起きた震災以降、この未曾有で甚大 な災害に対し何ができるかと問うたときに、長期的な支援を継続して いけることが重要なのではないかと考え、復興を願うみんなの想いが 繋がってゆける形とは何かを模索してまいりました。
そこで、『プロダクションでも、レーベルでもなく、アーティスト 個人の力でできることをできるかぎり形にしていきたい』という想 いから、人と人とが繋がってゆくことで支援の輪が広がることを目 的とした「kizunaworld.org」を立ち上げました。目指したのは「一 過性ではなく長期間継続できる活動にしてゆくこと」、そして被災 地の今に対し「目的と関心を持って支援を届けてゆくこと」です。 まず、このプロジェクトの趣旨に賛同してくれるアーティストたち と共に、チャリティー作品への寄付を募り、少しでも多くの支援金 が集められるプロジェクトに成長させていきたいと考えています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

56

Messages For Japan

Google では「メッセージフォージャパン」 プロジェクト を開始しました。このプロジェクトは、世界中の人々から日本へのメッセージを募集し、同時に寄付金も募るものです。この活動を通じ、世界からの応援メッセージが、より多くの人の目に触れる­­ことで、一人でも多くの方が日本に関心を持つきっかけとなり、さらなる支援や寄付につながることを期待しています。メッセージフォージャパンでは、サイト上で応援メッセージを記入すると、Google 翻訳がメッセージを日本語に自動翻訳します。それらのメッセージは、サイト上で閲覧することができ、投稿されたメッセージが世界地図上に表示されます。世界中からお寄せい­­ただいたメッセージは、今後、オンライン以外の方法で、日本の皆さんにお届けすることも検討しています。国内の皆さんからも、メッセージと寄付をお待ちしています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-06-09 15.18.45)

伝手“tsu・te”プロジェクト

今、“私”ができることを「個」で考えたとき、それはあまりにも小さく孤独です。孤独は不安を招き、不安は人から優しさを奪っていきます。
けれど「個」がつながり、結び合うことで、“私たち”ができる事。
それは「愛」「希望」「平和」「笑顔」「やさしさ」今まで口に出すことすら恥ずかしかった「想い」を団結した大きな声で、力の限り被災地の皆さんへ届けることです。
今回、“私たち”は、自らの“伝手”を頼りに様々なアーティストたちと “繋がる”ことができました。
そしてこの「伝手“tsu・te”プロジェクト」は生まれました。「“伝手”プロジェクト」は、“私たち”や皆さん、共に活動する人たちに “何かができる自信”と“誇れる自分に出会える”きっかけの場になるものと信じています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-21 14.30.14)

ヘルプジャパン2011

親愛なる皆様|私は内閣府認証NPO飛躍28の副理事長をつとめ、神戸の六甲山に住むジョッシュ デサンテイスです。東日本巨大地震の被災者の方々を支援する私達の活動をご紹介します。 飛躍28の活動の一つに災害時の救援活動があるので、この緊急事態に HELP JAPAN 2011のプロジェクトを立ち上げました。私達が特に取り組むのはPTDSと呼ばれる症候群に対してです。災害で愛する家族を失い家や財産も失い、大切にしていた何もかもを失うと、人は心に深い傷をおいます。自分の心が空白になると次に人間はPTDSと呼ばれる症候群に襲われます。私達は精神的に不安定な状態で仮設住宅に住む事を余儀なくされる人々を訪ね、少しでも心の支えになれるようにと、このプロジェクトを即刻、立ち上げました。
日本政府は過去の経験から学び、緊急時の対処の仕方が以前よりずっと良くなりました。このような事態に訓練された救助隊である自衛隊や警察 消防団や他の団体によって救援活動が現在進行中で彼らは最善を尽くしています。
しかし、私達は最初の危機から脱した後、次に来る余波 心のケアーに照準を合わせています。何故なら、何週間も何ヶ月も心のケアーと呼ばれるものが必要となるからです。
多くの人々がボランテアや義援金で支援する等 何らかの方法で助けたいと思っておられるでしょう。私達は国内や又外国の友人達から、多くの問い合わせを受け、どのように助けたらよいかと聞かれています。
そこで、私達は皆さんにお願いしたい事があります。
メデイアにお知り合いの方がいらしたら、我々の活動を放送で流して欲しいとお願いして下さい。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

147

Japan Earthquake and Tsunami Relief Donation Information site

震災救済のNGOなどをリスト、募金先のアドバイスサイト。
The 9.0 magnitude earthquake and the ensuing tsunami on March 11, 2011 in Northeast Japan took many lives and shocked the entire world. Generous donations from all over the world have been made to help those who were affected by the disaster.

However, due to the lack of information on locally-active NGOs in Japan that are engaging in emergency relief and reconstruction efforts, donations tend to concentrate on a few major international organizations. This could result in excessive resource allocation to some organizations while other experienced locally-active NGOs fail to receive sufficient funds for their relief efforts.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-28 18.24.09)

Pray for Japan ウドー音楽事務所

ウドー音楽事務所が扱う、世界のミュージシャンからの応援メッセージ集
● イル・ディーヴォ  ● エリック・クラプトン  ● キース・エマーソン  ● キャンディス・ナイト&リッチー・ブラックモア  ● キャンディ・ダルファー  ● サラ・バレリス  ● ジェフ・ダウンズ  ● ジェフ・ベック  ● ジョン・ウェットン  ● スティーヴ・ハウ  ● スティーヴ・ハケット ● スティング  ● セリーヌ・ディオン  ● ソーニャ・クリスティーナ  ● ダリル・ホール&ジョン・オーツ  ● デイヴィッド・カヴァデール  ● デイヴ・キルミンスター  ● テッド・ターナー  ● デフ・レパード  ● デレク・トラックス&スーザン・テデスキ  ● ナイト・レンジャー  ● ニコール・シャージンガー  ● ノラ・ジョーンズ  ● ビリー・ジョエル  ● ブルース・スプリングスティーン  ● ベン・フォールズ  ● ポール・サイモン  ● ポール・ロジャーズ  ● ボン・ジョヴィ  ● マーティン・ターナー  ● マルーン5  ● MR.BIG  ● ユーライア・ヒープ  ● ロリー・ワイズフィールド

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2020年4月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之