.

検索結果:114件/2,860件

6847_1

サンパウロ、巨大寄せ書きで応援 最大日系社会の地区

海外最大の日系社会があるブラジル・サンパウロの東洋人街リベルダージ地区で、東日本大震災の被災者への応援メッセージを巨大な布に寄せ書きする活動が30日までに始まった。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

20110329_15_33_AlejandraGuzman_ntmx

メキシコからの支援 [otras cosas (その他)]

「メキシコで応援アルバム 中南米各国で発売へ」
東日本大震災の被災者支援を目的に、メキシコを代表する37組のミュージシャンが楽曲を提供したチャリティーアルバム「ボセス・ポル・ハポン(日本への声)」が完成し、29日から同国内のCD店やインターネットを通じた販売が始まった。
価格は99メキシコペソ(約680円)で、収益金は同国赤十字を通じて
日本赤十字に寄付される。
参加したのは歌謡界の大御所、ビセンテ・フェルナンデスや東京渋谷を舞台にしたミュージックビデオを製作したこともあるポップス界のフリエタ・ベネガスら。初回店頭販売分として1万5千枚を用意した。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-06 11.56.56)

KRCS Hosts Japan Memorial Service

ケニヤ赤十字が日本の被災者のためにメモリアルを。

Kenya Red Cross Society (KRCS) hosted a Memorial service dubbed ‘Pamoja’ for the victims of the twin tragedy of an earthquake and a Tsunami that hit Japan on 11th March 2011.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-01 10.47.43)

【地震】品薄状態続きでタイから乾電池500万個(11/03/30)

東日本大震災の影響で乾電池の品薄状態が続いていることを受けて、海外で生産している乾電池の日本への出荷が急きょ、行われています。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-07 18.17.29)

日本大使館に「支援デモ」 ジャスミン革命チュニジア

ベンアリ独裁政権を倒し、中東や北アフリカの反政府デモの発端となった「ジャスミン革命」の地チュニジアで、東日本大震災の被災者を支援する「デモ」が首都チュニスの日本大使館前で行われるなど、日本人を励まそうという動きが広がっている。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-06 11.53.50)

JAPANESE MEMORIAL SERVICE FOR VICTIMS OF EARTHQUAKE AND TSUNAMI IN JAPAN

ナイロビのホテルで行われた被災者のメモリアル。

On Tuesday 29th March, 2011, a Japanese Memorial Service was held at Mani Room, Nairobi Serena Hotel, to pay a tribute to the victims of the massive Earthquake and Tsunami which devastated the Tohoku (North Eastern) region of Japan on 11th March, 2011. The Memorial Service was organized by the Kenya Red Cross and Mani Room was packed with more than 200 people, who were wearing T shirts prepared by the Red Cross with the insignia ”Pamoja”, meaning ”together in Kiswahili”.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-01 17.53.11)

【地震】タイのスラム街でも被災地支援の募金活動(11/03/30)

タイのスラム街に住む子供たちが、日本の被災地を支援するため募金を呼びかけました。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

詳細を見る(外部サイトへリンク)

imgres

英国人男性、帰国“拒否”「仲間とサンマのぬたをもう一度食べたい」と被災者支援

福島第1原発の放射性物質漏れで外国人の帰国が相次ぐ中、帰国を思いとどまり、被災地の宮城県石巻市内に引き返した英国人男性がいる。石巻専修大准教授のリチャード・ハルバーシュタットさん(45)で、「仲間とサンマのぬたをもう一度食べたい」と話し、被災者支援を行っている。

 93年に来日し、学生に英会話を教えてきた。震度6弱の地震が襲った11日は大学の研究室にいたがケガはなかった。

 「この街の魅力は人に尽きる」。18年暮らした港町は第二の故郷。新鮮な海の幸をさかなに人々と酒をくみかわした。石巻のサンマは「トロサンマ」と呼ばれ、脂が乗っている。地元の食材に舌鼓を打つ姿に人々は親近感を覚えてくれた。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

gyptianF20100810GT

More songs for Japan – Jamaican US-based producer to oversee latest initiative

ジャマイカの音楽プロデューサーがさらに多くの応援歌を録音。
After being struck by an earthquake and tsunami weeks ago, several Jamaican artistes have collaborated in a tribute to Japan song called We Are One Japan.
The song is being produced by Jamaica-born US-based producer John ‘Jon FX’ Crawford, who has done other songs like Shabba Ranks and Akon’s Gun Session, I Wayne’s Book of Life and Gyptian’s I Can Feel Your Pain and Nah Let Go.
We Are One Japan will be led by Gyptian but features other artistes like Alison Hinds, Voicemail, Pressure, Wayne Wonder and Michael Rose. The chorus is being done by a Japanese artiste called Fumibella.
With Japan being a major supporter of Jamaica’s music, Jon FX said he thought it was very important to do a song for the country. When other countries stopped supporting reggae and dancehall music because the sound of the music changed, he said, Japan was always there.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-20 10.48.14)

Jamaican deejays to record Japan tribute

ジャマイカのDJが日本応援の歌を録音。
STEPHEN ‘Di Genius’ McGregor of Big Ship, Mighty Crown and Gachapan Records will record Jamaican artistes on the Japan tribute riddim.
The Jamaican deejays are yet to be finalised. It follows a earlier move by the riddim’s producer Pancho of Gachapan to record some 30 Japanese deejays in a 20-minute song entitled One For All.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2019年8月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之