.

検索結果:60件/2,860件

スクリーンショット 2013-03-12 20.30.51

ポーランドより陸前高田の皆様へ愛をこめて

ポーランド・ワルシャワの中心街で行われた東日本大震災の被災地・陸前高田への募金活­­動の様子です。ワルシャワの皆さんから温かいメッセージをたくさんいただきましたの­で­ご紹介します。
(※ポーランド語・英語・ハンガリー語については日本語に翻訳した字幕を入れています­)
Komitet Pomocy Ofiarom Katastrofy w Japonii
ポーランド日本震災救援実行委員会
http://odbudujznami.jp/

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット 2012-07-12 23.46.00

Hope & Love for JAPAN

パリでファッションの仕事に従事する日本人女性達が中心となって東北地方太平洋沖地震による被災者への復興支援・協力のためのチャリティを目的とし設立した 「HOPE AND LOVE」が、8月4日に新丸ビル 7F marunouchi HOUSE にて【大人もキッズも美しくなれる】 【チャリティーができる】 【やさしくなれる】を合い言葉に日本とパリの美と癒しのカリスマが集結し、手と心の力で東北へ愛を届けるイベントです。

当日は昼と夜の二部構成で、昼の部ではいくつかのコーナーにて、大人はもちろんキッズ達も楽しめるたくさんのイベントを開催します。パリ在住著名人の方々による読み聞かせやトークショー、ライブコンサート。トップヘアースタイリスト、メークアップアーチスト、ネイリスト、セラピストによる癒しの提供。またパリのパティシエたちのスイーツやドリンクの販売やスタイリストのフリーマーケット、プロのフォトグラファーによるファミリーポートレートの撮影等、盛りだくさんの内容をチャリティ価格にてお届けします。
そして夜の部では、 DJ 、ライブによる癒しの音楽で暑い夏の夜に涼しいひとときを演出します。

東北への愛を届ける1日。
たくさんの方にご来場いただき、皆様の笑顔で暖かい1日となりますように。

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット 2012-02-25 12.19.14

東日本大震災義援金チャリティー《サクラエコバッグ》

東日本大震災の被害にあわれた方々を支援するため、イギリス在住のデザイナー、アレッサンドラ・スノーダンが《サクラエコバッグ》をデザインしました。

◆ナチョラルな素材を用いた機能性重視の製品で、オンラインにて販売中です。
サイト内ではドル建てになっていますが、製品は英国より発送されます(発送料はわずか2ドル〈約1.3ポンド〉、他の製品とあわせてご購入になればさらに割安になります)。

売上金は東日本大震災の犠牲者への義援金として寄付されます。

◆この企画は海外に住む日本人として、遠く離れていても震災後の日本のために何かしたい、そのような思いで始まりました。その思いに賛同してくれたAlexが自分の商品を売るサイトに掲載してくれたことにより、海外にいる友人達も参加できるようになりました。同じような気持ちで遠くから日本を支援したいと思っている方々にご購入いただければ幸いです。

 

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット 2012-02-25 12.05.23

sakura front Blooming Sakura For Japan

2012年2月25日 (土)

ヨーロッパ募金

Sakura Frontプロジェクトとは、ロンドンで始まった日本支援活動です。地震発生から時間が経過した今、海外に住む私達ができることは被災地に対しての「意識」を持ち続けることです。私たちは手作りで桜をモチーフとしたブローチを作成・販売し、そのブローチを着けていただくことで日本への思いを示す証にしてもらおうと地震発生直後から活動を続けております。また、津波の最終到達地点に桜を植樹する活動を行なっている「さくら並木ネットワーク」のご協力のもと、来春に向けて売上の一部で被災地へ桜を植樹する予定です。ひとりひとりが、桜のブローチを身につけてもらうことで思いを共有し、「忘れない」というメッセージをここロンドンそして世界から日本へ発信しています。

この活動を世界に広め、より多くの桜の姿を、日本の皆さんにお届けできればと思っています。
世界はまだ忘れていない。忘れさせちゃいけない。

Sakura Fron is a charity project for Japan which started in London. It has been almost one year since the quake and what we need to do now is keeping an awareness for Japan and not forgetting what happened there. We have made and sold hand made Sakura brooches since right after the quake and are hoping that wearing the brooch shows the awareness for Japan. In addition to this, with all the support  from Sakura Namiki Network, we are planning to plant Sakura trees in Tohoku area next spring.

Our hope is that many people wear our brooches and send the message to Japan that WE NEVER FORGET.

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

ワタノハスマイルバッジ

「ワタノハスマイル」イタリア展行き支援 /READYFOR?

震災のガレキが、子ども達の力によって優しいオブジェに生まれ変わりました。

 私達は東日本大震災によって大きな被害を受けた宮城県石巻市立渡波(ワタノハ)小学校の子ども達の為に活動しています。2012年3月下旬に子ども達が作ったオブジェ作品が、イタリアの博物館で展示される事になりました。そこで作品を作ってくれた子ども達をイタリアにご招待したい。その為の渡航費を集めるプロジェクトです。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

K10045639911_1112120519_1112120521_01

パリ 和太鼓で震災遺児支援

地震と津波で大きな被害を受けた宮城県の中学生と高校生が、フランスのパリで、和太鼓の演奏を披露し、震災で親を亡くした子どもたちへの支援を呼びかけました。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

ハーレークイーン

ハーレクイーン社のチャリティーアンソロジー♡

1988年の日本創刊以来、欧米発の恋愛小説をお届けしているハーレクイン社。 多くの女性読者に支えられてきた私たちがこの困難のときにできることはないだろうか? そんな思いで始まったチャリティ企画が、形になりました。この本の収益は、国際協力NGOジョイセフを通じて東日本大震災の被災地の女性・妊産婦に全額寄付されます。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E5%85%AC%E6%BC%94%E3%81%AE%E6%A7%98%E5%AD%90

「ウィーン・フィル&サントリー音楽復興基金」設立

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とサントリーホールディングス(株)は、2012年4月に、音楽を通じた震災復興支援を行うべく「ウィーン・フィル&サントリー音楽復興基金」を設立することを発表しました。今回は音楽の力で、被災地はもちろん、日本全体に勇気や希望を与える、息の長い支援活動を続けていきたいとの想いで、この基金を設立することが決定した。この基金は、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団からサントリーホールを通して「震災に遭われた最も大切な日本の友人たちへ、お見舞の気持ちを伝えたい」と100万ユーロの寄付の申し出があったのが始まりで、長年、ウィーン・フィルの日本公演のパートナーとして信頼関係を築いてきたサントリーグループもこれに賛同、同額を拠出して基金を設立することになった。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

SONY DSC

「Amigurumi」プロジェクト

東日本大震災の発生から、半年が経過。
この未曾有の災害に対して、いまもなお、世界中から、温かい支援が寄せられています。そのひとつを、ヘルシンキの街角で見つけました。フィンランド赤十字社(Suomen Punainen Risti)では、毎年、「Operation Hunger Day」と呼ばれる、大規模な募金キャンペーンを実施。ボランティアを中心にフィンランド各地で募金活動が行われ、集まったお金は、「Disaster Relief Fund」を通じて、フィンランド内外の被災地の復興支援に寄付されることとなっています。2011年の「Operation Hunger Day」にあたる2011年9月15日から17日までの間、フィンランドの首都・ヘルシンキでは、東日本大震災の被災地に向けた寄付キャンペーン「Amigurumi(アミグルミ)」が展開されました。いろとりどりのクマの編みぐるみ人形を10ユーロ(約1,050円)で販売。収益は、東日本大震災の被災地の復興支援に充てられます。日本の復興への思いを込め、日本語の「編みぐるみ」にちなんで、キャンペーン名を「Amigurumi」と名づけたそうですよ。

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

644972_w350

Kenzo imagine une série d’accessoires pour soutenir les victimes du séisme au Japon

La marque japonaise Kenzo a souhaité soutenir les milliers de victimes du séisme qui a frappé le Japon, le 11 mars dernier, avec le lancement d’une collection d’accessoires inédite. Baptisée “Kenzo Loves Japan”, cette ligne sera disponible en édition limitée dès le mois d’octobre prochain.
Toutes les pièces imaginées pour la ligne “Kenzo Loves Japan” sont pourvues de la signature de Kenzo. La marque a ainsi doté le soleil du drapeau japonais de sa célèbre nuance rouge coquelicot.
Cette collection disponible en édition limitée comprend un sac, deux pochettes, plusieurs porte-clés et un badge.
Les bénéfices de la vente de la série “Kenzo Loves Japan” serviront notamment à soutenir l’action de la Croix Rouge, qui oeuvre en faveur des victimes du séisme.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2018年1月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之