.

検索結果:163件/2,860件

11017701_402032373255263_8610321730701922753_n

わたす日本橋

東京日本橋の地に、宮城県南三陸町、
そして東北を応援する情報発信や交流を行うための施設「わたす日本橋」
「わたす」に強く込めたのは、「日本橋と南三陸町を、そして東北を結ぶ橋渡しをしたい」という想いです。
モノやコトはもちろん、人の心もつなぐ架け橋として、
「わたす日本橋」がその役割を果たしていきたいと考えています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

0127_01_01_b

キリン 氷結® 福島産桃<限定出荷>

キリンビール株式会社(社長 布施孝之)は、人気の定番ブランド「氷結®」シリーズから、福島産桃の果汁を使用した「キリン 氷結® 福島産桃<限定出荷>」を3月3日(火)より全国で発売します。品種は、350ml缶、500ml缶です。

2011年から継続している東北復興支援の取り組みのひとつとして、2013年より期間限定で販売している「キリン 氷結® 和梨<期間限定>」に続き、今年は「キリン 氷結® 福島産桃<限定出荷>」を発売します。当商品は、福島産の桃を使用することで、福島の農業を応援し、福島の豊かな恵み、おいしさを伝えます。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

detail

まるでイタリア バール デ MIYAGI

「丸の内東北応援フェア」連動企画として、石巻・気仙沼など宮城県中心の食材で奏でるイタリアンなおつまみとワインを揃えた“イタリアン バール”が、期間限定で登場!「Rebirth東北フードプロジェクト第7弾」で開発したオリジナル缶詰「はらくっついTOHOKU」2ndシリーズを使ったメニューも味わえます!

日時 2015年3月6日(金)~13日(金)
場所 丸の内カフェ ease(丸ビル1F)
お問合せ 丸の内コールセンター 03-5218-5100
<受付時間>11:00~21:00(日・祝・連休最終日~20:00まで)

詳細を見る(外部サイトへリンク)

tmn0

いわて冬期観光キャンペーン ときめきいわて キャンペーンガイドブック

岩手の冬は、毛ガニや牡蠣など旬を迎える食と地酒、温泉、雪を楽しむイベントやウインターリゾート、新年を祝う催事や伝統芸能など、この季節ならではの魅力が盛りだくさん! 詳細は下記のリンクから、またはキャンペーンガイドブックを御覧ください。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

41e07369b71abd99205ff4482a54b014

三陸イタリアンで楽しむ「雪っこ列車」

三陸鉄道 IWATTE 号で行く
三陸イタリアンで楽しむ雪っこ列車
雪っこ&日本酒飲み放題︎
2月6日(金) 日帰り お一人様3,500円(税込) 申し込み締め切り2月2日(月)
受付(三陸鉄道 盛駅) 17:30ー盛駅出発 18:15ー(車内で雪っこの夕べ)ー(釜石駅往復)ー20:15 盛駅着・解散

詳細を見る(外部サイトへリンク)

teamfuchu_concert

復興居酒屋のスピンオフ企画「復興支援コンサート」

チーム府中が開催している、復興居酒屋のスピンオフ企画です。
気仙沼などの旬の食材を楽しみながら、素敵な音楽を楽しみ、復興ままならない東北へ想いを馳せるコンサートです。
料理は、気仙沼産のカキ・ホタテ・マグロ、気仙沼ホルモン、仙台牛タンなどを提供します。
飲み物は、盛岡の地ビール(ベアレン)の生ビール、気仙沼や陸前高田の地酒などを提供します。
素敵なコンサートに出演いただくのは、チーム府中メンバーでもある菊池美奈子さんと、福島県大熊町から首都圏へ避難されている武岡里菜さんが、ピアノ&ヴォーカルを披露してくれます。また、スペシャルゲストの演奏もあるかもしれません。お楽しみに・・・

日時:12/14(日)
   第1部:15:30~18:30(ライブ16:00~)
   第2部:19:00~22:00(ライブ19:30~)
場所:スタジオ「アダージョ」
   京王線「府中競馬正門前」駅から徒歩3分

料金:3,000円(ワンドリンク&フード5品つき)
定員:第1部・第2部とも30名(先着予約順)
申し込み:イベントページへの書き込み 
     もしくは 090-8757-6468 大間まで

詳細を見る(外部サイトへリンク)

file

オイシックス、優勝レシピの鍋セットを先行予約開始!「東北の食材を使った鍋レシピコンテスト」

有機や特別栽培の農産物などの食品宅配オイシックスは、「東北の食材を使った鍋レシピコンテスト」で優勝した鍋レシピ「海宝ピリ辛だれの海鮮ちゃんこ鍋」を再現した鍋食材セットの先行予約を11月9日より開始しました。本企画は、株式会社ABC Cooking Studio、オイシックス株式会社、カフェ・カンパニー株式会社、キリンビール株式会社、一般社団法人東の食の会、ヤフー株式会社の6社合同によるもので、11月8日に六本木で行われた収穫祭イベント「東京ハーヴェスト」にて決勝試食審査会が開かれ、優勝レシピが決まりました。

レシピの特徴>
ホタテに牡蠣!東北の海鮮を豊富に使い昆布出汁で素材の味を引き出した豪華なちゃんこ鍋です。
三陸の魚介でつくる「海宝漬」に見立てた、ネバトロ・シャキシャキ食感の海藻アカモクと、いくらのピリ辛ダレが決め手です。

<先行予約について>
優勝した「海宝ピリ辛だれの海鮮ちゃんこ鍋」レシピを再現した鍋食材セットを商品化し、オイシックスにて本年12月に販売予定です。
販売に先駆け、11月9日より100個限定で先行予約を開始しました。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

kiboustreet

いわて・三陸けせん希望ストリート2014

「いわて・三陸けせん 希望ストリート」は大船渡市、陸前高田市、住田町の特産品即売会です
今年は有楽町駅前広場にて、11月4日~6日の三日間の開催が決定しました

日時
11月4日(火)13:00~19:00
11月5日(水)11:00~19:00
11月6日(木)11:00~17:00

詳細を見る(外部サイトへリンク)

logo

東北の食材を使った鍋レシピコンテスト

株式会社ABC Cooking Studio、オイシックス株式会社、カフェ・カンパニー株式会社、一般社団法人東の食の会、ヤフー株式会社の5社は合同で、本年9月19日(金)より、「東北の食材を使った鍋レシピコンテスト」を開催し、本日よりレシピ公募を開始します。
本企画主催企業による審査と、11月に六本木ヒルズアリーナにて開催される収穫祭イベント「東京ハーヴェスト」での決選投票により選ばれたレシピは、鍋の食材セットとして商品化され、オイシックスの運営する「Oisix」やYahoo! JAPANの運営する「復興デパートメント」、楽天の運営する「楽天市場」にて販売予定です。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

847ca054491c3eb08aaf6e2f9e7a014fS

大船渡サンマまつり

焼いて復興 食べて支援
 東日本大震災の被災地・岩手県大船渡市で水揚げされた旬のサンマを大船渡港から直送!
 炭火でおいしく焼き上げて、ご提供します。今年の秋は、三陸のサンマを食べて、東北の漁業復興を応援しよう!

大助花子ファミリーも応援!
 宮川大助さん・花子さんが「おおふなと復興応援特別大使」を務める縁で、大助花子ファミリーの吉本興業の若手芸人もボランティアで参加。また、会場では「上方お好み焼たこ焼協同組合」によるお好み焼き、タコ焼きのチャリティー販売も。

※サンマは無料で提供しますが、被災地支援の趣旨をご理解の上、お一人様200円以上の寄付をお願いします。寄せられた寄付金は全額を大船渡市で活動する復興NPO法人「絆プロジェクト三陸」に送り、復興支援活動に役立てていただきます。

—————————————–
●東日本大震災復興支援 第4回 大船渡サンマまつり 
【開催日】2014年10月5日
【開催時間】午前11時~午後5時(なくなり次第終了)
【会場】真宗大谷派 難波別院(南御堂)
【アクセス】大阪市営地下鉄御堂筋線 本町駅 13番出口 徒歩3分
——————————————–

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2017年11月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之