.

検索結果:142件/2,860件

スクリーンショット(2011-05-06 08.17.53)

Japan Earthquake & Tsunami 2011 (Tears in Heaven)

フィリピンの青年からTears in Heavenを被災地シーンに乗せて応援のメッセージを

Japan Earthquake & Tsunami March 11, 2011
“Stay strOng JAPAN”

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-28 19.40.08)

pray for japan 世界中で使える募金マーク

311震災当日、フランスの日本食レストランからの依頼から生まれた「募金マーク」。twitter上に世界中から集まっていた応援メッセージ「#pray for japan」とともに。世界どこからでも自由に使える「募金マーク」のダウンロードページが11カ国語で用意されています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

34

きみでいて ぶじでいて(英語字幕)

管野よう子の「きみでいて ぶじでいて」を英語翻訳したもの
English subs of the song sang by Yoko Kanno for the victims of the quake.Original Video here – http://www.youtube.com/watch?v=O8x6_JHDkhI. Help Japan, donate to help at http://kesenai.net which is cooperating with Global Giving.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

36

smile – ひとりじゃない – Pray for Japan

SOFFet with MONFOL 800「ひとりじゃない」×井上雄彦のイラスト「smile」×all the people who pray for Japan

詳細を見る(外部サイトへリンク)

77

Pray for Japan

東京でデザインの力を信じる広告のプロフェッショナルによって組織された、東北地方太平洋沖地震の為の活動、”Pray for Japan”です。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

ツインズ、東日本大震災犠牲者に黙とう

ツインズ、東日本大震災犠牲者に黙とう

西岡が所属するツインズは、レッドソックスとのオープン戦の試合前に東日本大震災の犠牲者を追悼して約1分間の黙とうをささげた。

西岡は地震が起きていたことを知らずに、自身のブログに「リラックス」と題した文章を書き込んでいた。結果として読者に不快感を与える形となり「見ている人はいい気分でなかったと思う。何も力になれないかも分からないが、元気を与えられるようなプレーをしたい」と話した。

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-01 08.47.41)

PRAY FOR JAPAN 応援してる人がたくさんいます

世界各国からこんなに応援してくれている人達がいます
がんばれ、ニッポン
東北地方太平洋沖地震の被災者の方々へ
笑えれば
#prayforjapan

詳細を見る(外部サイトへリンク)

ginza

銀座イルミネーション2011~希望の翼~

被災地の子供達に、未来へ一歩踏み出すきっかけをつくってあげたい。
東京・銀座に集う人々の、幸せを願う気持ちを子供たちに届けてあげたい。
そんな想いから、「GINZA ILLUMINATION~希望の翼」プロジェクトは立ち上がりました。
35体の希望の翼が抱いているのは、東北の子供達が描いてくれた「みんなが笑顔になる未来」の絵。
震災後、最初のクリスマス。
ひとりでも多くの方に、見に来ていただけることを願っています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

dance

日本人ダンサー、ルーマニアで東日本大震災チャリティー

ルーマニアの首都ブカレスト、オデオン劇場で25日、日本のコンテンポラリーダンサー/振付師の平山素子さんと、ルーマニアのコンテンポラリーダンサーさんによる共同振り付けのデュオ作品「REQUIEM You don’t know anything about me」の公演が開幕した。同作品は、東日本大震災の救援・復興支援の基金を集めることを目的に企画された。集まった基金は、全額がJTI財団の震災支援基金に寄付される(2011年11月25日撮影)。(c)AFP/DANIEL MIHAILESCU

詳細を見る(外部サイトへリンク)

concert

東日本大震災チャリティーコンサート サン・ガウデンツィオ教会

東日本大震災の犠牲者を哀悼するためのコンサートが11月19日夜、イタリア北部ノバラ市のサン・ガウデンツィオ教会で開かれた。ノバラ市で開かれた「日本祭り」の最終日に合わせたもので、約300人の聴衆を前に、作曲家・武満徹氏(96年死去)が作曲した「弦楽のためのレクイエム」と、モーツァルト作曲の「レクイエム」が演奏された。追悼や哀悼コンサートではアンコール演奏はないのが慣例だが、この日は鳴りやまない拍手に、モーツァルトの「レクイエム」の一部が再演された。収益金は被災者支援として日本に送られる。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2018年4月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之