.

検索結果:131件/2,860件

kiboustreet

いわて・三陸けせん希望ストリート2014

「いわて・三陸けせん 希望ストリート」は大船渡市、陸前高田市、住田町の特産品即売会です
今年は有楽町駅前広場にて、11月4日~6日の三日間の開催が決定しました

日時
11月4日(火)13:00~19:00
11月5日(水)11:00~19:00
11月6日(木)11:00~17:00

詳細を見る(外部サイトへリンク)

847ca054491c3eb08aaf6e2f9e7a014fS

大船渡サンマまつり

焼いて復興 食べて支援
 東日本大震災の被災地・岩手県大船渡市で水揚げされた旬のサンマを大船渡港から直送!
 炭火でおいしく焼き上げて、ご提供します。今年の秋は、三陸のサンマを食べて、東北の漁業復興を応援しよう!

大助花子ファミリーも応援!
 宮川大助さん・花子さんが「おおふなと復興応援特別大使」を務める縁で、大助花子ファミリーの吉本興業の若手芸人もボランティアで参加。また、会場では「上方お好み焼たこ焼協同組合」によるお好み焼き、タコ焼きのチャリティー販売も。

※サンマは無料で提供しますが、被災地支援の趣旨をご理解の上、お一人様200円以上の寄付をお願いします。寄せられた寄付金は全額を大船渡市で活動する復興NPO法人「絆プロジェクト三陸」に送り、復興支援活動に役立てていただきます。

—————————————–
●東日本大震災復興支援 第4回 大船渡サンマまつり 
【開催日】2014年10月5日
【開催時間】午前11時~午後5時(なくなり次第終了)
【会場】真宗大谷派 難波別院(南御堂)
【アクセス】大阪市営地下鉄御堂筋線 本町駅 13番出口 徒歩3分
——————————————–

詳細を見る(外部サイトへリンク)

542110_106299512838879_164606503_n

大船to大船渡 岩手県復興支援産業祭り

拝啓 皆様方にはますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。
この度、大船からの支援を一時のものに終わらせないために第4回岩手県復興支援産業祭り「大船to大船渡2014」の開催を計画しております。
2011年3月11日、 私達は「東日本大震災」という未曽有の災害を目の当たりにし、「大船」という同じ地文字を連ねる縁から、大船渡市への岩手県復興支援イベント「大船to大船渡」を同年7月16日に開催。その翌年以降、第2回3回と9月最終日曜日に開催してまいりました。
震災から3年以上の月日が流れた今、復興計画は進みつつもまだまだ復興とは程遠い状況にあります。私達は過去3回の開催から様々な形で培った絆を大切にし、同じ日本に暮らす同志と継続的な交流を続けながら、一時の支援にとどまらず、共に互いの地域活性をも目指して行きます。10年継続と決めたこの活動はまだスタートラインと考えております。意識を薄れさせず互いの力となっていくよう、ご理解ご協力をよろしくお願い申し上げます。
開催に際し、地元の皆様はじめ関係各位には様々な形でご迷惑をおかけしながらもご協力を賜り、多くのお客様にご来場いただいてまいりました。今までの絆を大切にし、この活気あるすばらしい街「大船」の名に恥じぬよう展開すべく、今後は復興支援にとどまらず産業まつりとしても更なる活性化を目指し実行委員一同心を新たにしております。このイベントが互いの将来をも見据えた開催意義のあるものへと成長して行きますよう、今後ともご指導ご鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げます。

◆東北復興支援キャンドルナイト
日 時:2014年9月27(土)15:30~20:30(護持会主催のため参拝料は無料)
会 場:大船観音寺 境内

◆第4回 大船to大船渡 岩手県復興支援産業祭り
日 時:2014年9月28日(日)10:00~16:00
    ※小雨決行・荒天中止
会 場:鎌倉芸術館通り

詳細を見る(外部サイトへリンク)

topsanma12

祈!震災復興 目黒のさんま祭り

2014年9月7日(日)開催
 会場:目黒駅東口一帯 目黒通り沿い 誕生八幡神社

【ごあいさつ】
拝啓 私たちはJR・地下鉄目黒駅前の品川区『目黒駅前商店街振興組合青年部』(通称・め組)と申します。我々は、街に「昔ながらの暖かさ」を合言葉に平成8年から『目黒のさんま祭り』を開催しています。

【3万人以上の人出】
 このイベントのきっかけは古典落語『目黒のさんま』。「目黒の良さ」と「さんまの良さ」の両方をわかってもらうために、さんまを炭焼きと生で無料配布して、例年三万人以上のお客さんに楽しんでいただいています。

【『目黒のさんま』との不思議な出会い】
『目黒のさんま祭り』を始めて4回目の平成11年、宮古のさんまを使っていた縁で岩手県宮古市の皆さんからさんまの無料提供を申し出ていただきました。また、「さんま」と言えば「すだち」ということで、平成10年の第3回からすだちの日本一の産地・徳島県神山町の皆さんからはすだちの無料提供を申し出ていただきました。そして、平成13年の第6回からは栃木県那須塩原市高林の青年団『高林雷の会』の皆さんから炭焼きさんまの必需品である「大根おろし」の大根、さらに平成22年の第15回から和歌山県みなべ町の皆さんから備長炭の提供を申し出ていただきました。今年も6000匹の新鮮さんま、10000個の芳醇すだち、500本の辛味がおいしい大根、本格派の備長炭で祭りを盛り上げ、平成23年の東日本大震災で被災した「目黒のさんまの故郷」岩手県宮古市へのチャリティ(義援金募集)を行います!

詳細を見る(外部サイトへリンク)

1408629660_photo

陸前高田の情報紙が電子書籍化-QRコード付きポストカードも同時配布

岩手大学(盛岡市)の学生らが8月上旬、陸前高田市のタウン情報を集めた情報紙「たかたび」の電子書籍版(オンライン版)をリリースした。

 「たかたび」は市内の仮設商店街や飲食店、小売店、まちづくりに関わる人たちなどを紹介。今年2月に発行し、市内で無料配布してきた。電子書籍版は見開きでページをめくるように閲覧できるパブリッシャー版と電子書籍サービス「バブー」を利用した2タイプを用意。同大の学生らで組織する岩大_ECodeが企画から電子書籍化までを手掛けた。

 同プロジェクトを支えてきた同大人文社会科学部の五味荘平准教授は「紙媒体では配布できる範囲が限られるため、より多くの人に見てもらえるよう電子書籍化した。陸前高田に関心を深めるきっかけにしていただければ」と期待を込める。

 電子書籍版のリリースと平行して、QRコードがついたポストカードも配布。リンクから電子書籍につながる仕組み。ポストカードは市内各所で配布中。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

otonoaru

音楽のある東北 TOHOKU WITH THE MUSIC 2014

未曾有の大震災から3年時が経ち、被災地でも少しずつ復興は進んでおります
しかし、一部ではまだまだ多くの”力”を必要としているのも現状です。
そんな今だからこそ、わたしたち近畿日本ツーリストグループでは花いっぱい、
うまいものいっぱい、なつかしさいっぱい、祭りいっぱい、そして歌が
いっぱいにあふれる「東北」の情報を全国にお届けし、お客様ご案内することで
少しでも応援になればと考えております。
好評をいただいた昨年に続き今年も「音楽(おと)のある東北」をテーマとして
第2回「みんなあの時のまま音楽祭」を開催します。
東北を大人の音楽の聖地にしたいと思い、各県のいつまでも変わらない「あの場所」
「あの景色」の中で、今も心に残る「あの歌」を心ゆくまでお楽しみいただきます。
厳選したアーティストと絶好のシュチュエーションはみなさんの「あの時」を思い出
させてくれるでしょう。ぜひ、懐かしいご友人などお誘い合わせてご参加ください。

<音楽祭詳細>
・8/30(土) ひめ風!?×海援隊 山形エリア 蔵王温泉スキー場
・9/6(土) 永井龍雲 秋田エリア 男鹿
・9/27(土) 細坪基佳 青森エリア 五所川原市金木町
・10/4(土) 尾崎亜美 宮城エリア 加美町
・10/11(土) 南佳孝 岩手エリア 盛岡市
・10/25(土) 宇崎竜童 福島エリア 郡山市

詳細を見る(外部サイトへリンク)

iwate

三陸鉄道 IWATTE

三陸鉄道の応援
ありがとうございます!
あなたの応援/サポートは
私たちにとって
必ず大きな力となるでしょう。

Twitterのアイコンに三陸鉄道IWATTEの
フレームを合成することができます。

三陸鉄道は、たくさんの応援と愛情に支えられ、30周年を迎えることができました。三陸鉄道【IWATTE】では、最新の情報や活動報告などを紹介しています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

kaichou-and-children

釜石に桜を植える会

2014年8月11日 (月)

岩手花は咲く釜石

「釜石に桜を植える会」の事業について

【 目 的 】

荒涼とした被災地に桜を植え安らぎの地に変えたい。
故郷釜石が甦るシンボルに桜を植え、未来を託せる資源を
残したいと考え、釜石の海辺に出来る公園や防浪のマウンドに
桜を植えることを目的としています。

悲惨な記憶の場所は、そのままであれば悲しみや苦しみ
そして悲嘆しか残りません。
しかし、そこを安らぎの場所に変えることができれば、
多くの市民に安心を与えることができると確信します。

また、多数の桜の植樹は、花の満開とともに三陸釜石の
新たな名所となり、未来に亘る有望な観光資源となります。
  
何よりも市民に対し郷土釜石の復興を印象付けることが
できるものと考えます。

(釜石に桜を植える会 会長 中川 淳)

【植樹の時期】

海に沿った公園やマウンドが出来る時期に合わせますが
概ね平成27年度を想定しております。
釜石市と協議しながら時期の詳細と場所の選定を決定いたします。

【植樹の本数】

3000本~5000本を予定しています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

10462775_683193678400948_3221696812509904277_n

FMねまらいん

岩手県大船渡市発のコミュニティーエフエムラジオ局です!
FMねまらいんでは、震災・防災情報はもちろん、市民のみなさんが知りたい情報や伝えたい情報を発信していきます。
音楽のリクエストもお待ちしています!facebookでは、FMねまらいんで、お届けした内容の一部や、今後の番組情報などをご紹介します。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

2014-07-15-214642

陸前高田の「タコ丼」都内でも、岩手開催イベント最優秀賞の味を常設で。

陸前高田の新名物「漁師のタコ丼」が、東京都内で常設販売されることになった。エー・ピーカンパニーが運営する鮮魚居酒屋「四十八漁場(よんぱちぎょじょう)」山王パークタワー店・五反田店でランチ販売を開始したもので、価格は味噌汁・漬物付きで800円(税込み)だ。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも公益社団法人「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。公益社団法人として、これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも公益社団法人「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之