.

検索結果:316件/2,860件

スクリーンショット(2012-01-05 1.46.36)

気仙沼大島震災復興ドキュメンタリー『真珠の首飾り』

友達が被災地へボランティアに行ったまま帰ってこなくなった。震災から数ヶ月。関西では「頑張ろう日本、頑張ろう東北」という言葉が、まるでキャッチフレーズのように溢れている。でも、わたしの周りにあるのは、震災前と変わらない日常。被災地のことは、テレビや新聞などを通してしか知ることができない。被災地は今、どうなっているんだろう。友達は一体何をしてるんだろう。そんな疑問を持ったわたしは、友達のいる宮城県気仙沼市大島を訪れた。友達の活動を通して見えてきた、”復興のカタチ”、”ボランティアの在り方”。そして、少しずつ前を向いて動き始めた島の人たち。今、日本全国に伝えたい。わたしが被災地で見てきたこと。

同志社大学と大阪芸術大学の学生が制作し、2011年12月から日本全国で上映中の震災復興ドキュメンタリー『真珠の首飾り』が、ついに関学に上陸! 宮城県気仙沼大島のボランティア団体「つなプロ」で活動する学生にスポットを当て、復興のカタチやボランティアの在り方を描いた作品です。 関学での上映イベントでは、作品上映の他、制作スタッフの講演・質疑応答、学生復興支援団体の紹介や来場者全員でのディスカッションを行います。 入場料は無料です。ぜひご参加ください!

■日時
2012年1月14日(土) 13:00〜16:00(開場・受付:12:30〜)

■会場
関西学院大学 G号館2階 多機能演習室

■タイムスケジュール
13:00 − 制作スタッフ挨拶・ドキュメンタリー上映
13:40 − 制作スタッフ講演・質疑応答
14:00 − 学生震災復興支援団体の活動紹介・ディスカッション

イベント終了後には、交流会も予定しています!

『真珠の首飾り』facebookページ

http://www.facebook.com/oshimadoc

『真珠の首飾り』ホームページ

http://oshimadoc.jimdo.com/

 

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

wasurenai

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震) 2011.3.11を忘れない為に・

2011年(平成23年)3月11日14時46分発生した東北地方太平洋沖地震(とうほくちほうたいへいようおきじしん)を印象に残った映像とともに追悼の祈りをこめて作­らせていただきました。

この度の東日本大震災により、
犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げますと共に、
被災された皆様、並びにご家族の方々に対しまして心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧と復興をお祈り申し上げます。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

PN2012010101000302.-.-

被災地も初詣客でにぎわい 「支援に応える年に」

2012年1月1日 (日)

報道・レポート希望

復興元年となる2012年を迎え、東日本大震災で本殿前の石段まで浸水した岩手県大槌町の小鎚神社には1日、被災者らが初詣に訪れ、復興への思いを新たにした。境内では餅や甘酒が振る舞われた。神社には日の丸の下に震災復興祈願と書かれたのぼりが立ち、参拝客らでにぎわった。境内では町内の人らが餅をつき、ボランティアがそばや汁粉をつくり、地元団体は伝統芸能の虎舞を披露した。被災直後、神社の駐車場はがれきで埋まった。本殿は無事で避難所として約20人が暮らしていた。宮司の松橋知之さんは「支援に応えるためにも一歩ずつ復興に向け歩んでいきたい」と話した。

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

AJ201112160015M

Tohoku companies upbeat on local economy, for now

2011年12月20日 (火)

報道・レポート希望英語

For the first time in 20 years, more companies in the quake-hit Tohoku region reported a “strong” local economy than those that said conditions were “weak,” according to the Sendai Branch of the Bank of Japan.

The positive economic evaluation was due largely to a buoyant construction sector in the six prefectures of the region driven by rebuilding projects after the March 11 Great East Japan Earthquake, according to the branch’s December Short-Term Economic Survey of Enterprises released Dec. 15.

The latest diffusion index of business confidence for all sectors and all company sizes in the Tohoku region, calculated by deducting the proportion of companies reporting a “weak” economy from the proportion that said “strong,” was plus 3, up 7 points from the previous survey in September.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

PK2011122002100117_size0

全天映像 一面がれき 池袋のプラネタリウム

2011年12月20日 (火)

イベント報道・レポート

高感度のカメラ六台で撮影した東日本大震災の被災地映像を三百六十度見渡せるドームシアターに映し出し、見る人に実際に近い状況を感じてもらおうという試みが二十日、東京都豊島区のコニカミノルタプラネタリウム「満天」で、報道機関や研究者に公開された。一面のがれきの中を車で進むような臨場感ある世界が広がった。「全天映像を使った大震災被災地の再現と防災・復興まちづくりへの応用」をテーマに、産学官の連携組織と尾久土(おきゅうど)正己・和歌山大教授の共同研究。津波被害を受けた岩手県釜石市、陸前高田市、大槌町で五月一日と十一月四日に撮影した高精細な映像を、半球状のスクリーンに映した。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

travel

TRAVEL VOLUNTEER

風評被害に苦しむ日本を救うため、真の日本の姿を伝えてくれるトラベルボランティアを募集しました。
世界85カ国から1879名の応募があり、その中から選ばれた1人が100日間かけて47都道府県を旅します。

東日本大震災後、日本は偏った情報による”風評被害”に苦しんでいます。
まるで日本中が被害にあい、そして危険であるかのような報道ににより、
観光業はじめ、多くの業界が甚大な被害を受けています。
私たちに何ができるのか、どうやったら私たちの思いに耳を傾けてもらえるのか。
トラベル・ボランティアプロジェクトは、その事に真剣に悩んでいた石川県金沢市の小さな旅行会社、
マゼラン・リゾーツのインバウンド部署のミーティングで 産声をあげました。

日本は今なお美しく、魅力豊かな国であると、一人でも多くの世界中の人に、第三者の目を通してに伝える事。
私達の夢と情熱、そして日本復興への強い願いから生まれたのがこのトラベルボランティアプロジェクトです

詳細を見る(外部サイトへリンク)

20111218

NHK「サキどり」12月18日放送 つなげボランティア! 石巻2.0

2011年12月15日 (木)

テレビ報道・レポート

今週日曜日18日朝8:25より、NHK「サキどり」という」経済番組でISHINOMAKI 2.0が特集されます。東京〜石巻での活動を暑苦しいぐらいに密着された成果がようやく日の目を見ます。
ゲストは津田大介サンという事で、時代の寵児からみたISHINOMAKI 2.0とは?それをみるのも個人的にスゴく楽しみ。
みなさまご視聴よろしくお願いします。そしてご友人知人へ拡散ご協力46で〜す。

http://www.nhk.or.jp/sakidori/

震災から9か月。減少するボランティアをつなぎ止めようと、石巻市でユニークな取り組みが始まりました。地元の若手と県外の専門家たちが手を組み”宿泊所””大工道具を貸し出す工房””バー”など、ボランティアが訪れやすい仕組みを整えたのです。さらにこの試みに共感した海外の家具メーカーが「家具や工芸品など新たな産業を育てよう」と支援の手をさしのべています。
市内外の人たちの力が結集して始まった新しい復興の灯火に迫ります。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

23322_photo1

陸前高田×ボランティア×若者=新しい支援のカタチ

2011年12月14日 (水)

イベント報道・レポート

11月25日~27日に開催したAidTAKATA・かながわ東日本大震災ボランティアステーション合同バスツアーで見えた、震災後8カ月の陸前高田の現状を多くの方にシェアしたい。 また、同ツアーで陸前高田市民と行ったワークショップで聞いた、現地で本当に必要とされている支援を、神奈川からつなげていきたい。 
陸前高田への支援をしたい方、すでにされている方、したいけれど一人ではできない方。
一緒にこれからの支援を考えませんか?
12月18日(日) 神奈川大学横浜キャンパス1号館8階会議室14時~17時

HPにて申込み順です。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

blank_img

Volunteer Japan

私たちの目標は、 “長期的なボランティア支援” の理念を基に、皆さまに実際にアクションを起こして頂くことです。被災地が完全復興するには、まだまだ歳月がかかります。1度切りのボランティアや募金だけではなく、継続的に、その時に必要な支援を、私たちが一丸となり実行していきましょう。私たちにできること、まだまだあるはずです!!

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-26 18.29.48)

Japan earthquake: UK offers assistance

Britain has offered assistance to Japan after it was hit by a massive earthquake which triggered a tsunami.
Foreign Secretary William Hague said the UK could help with humanitarian assistance or search and rescue teams. There were no known British casualties, he said.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2018年6月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之