.

検索結果:5件/2,860件

otuti2013

大槌・台湾アートまちづくりプロジェクト

石巻・台湾アートプロジェクトを終えた白屋は、既に解体され、次の活動地点である大槌へ運ばれました。 そして、大槌では、8月5日からは大槌・台湾アートまちづくりプロジェクトが始まり、3つのプロジェクトが順次開催されます。

1.アート創作
8月5日-7日 日台共同で白屋を組み立て、台湾アーティストと大槌高校生らでアート創作をします。また、石巻の作品も展示します。

2.フォトモザイクづくり
8月9日-11日 大槌高校復興研究会のメンバーが 、神戸大学の支援のもと、市民と共に大槌町の写真を使ってフォトモザイク、未来へのメッセージを作ります。完成後は、白屋の壁に取り付けます。

3.台湾NGO訪問団
9月予定 台湾からNGOを中心としたスタディツアー団が大槌を訪れる計画です。

活動の様子はこちら

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-24 10.48.24)

愛の声 愛の力 ~ 台湾から日本への応援ソング

大きい声で愛を伝える〜私たちが最初に考えついたことは、音楽で、力強く愛の声を伝えること。日本の人を癒すために。そして日本人以外の人には日本の人が、頑張っていることを伝えたい。”災害に­対して、私たちの力はとても小さいですが、こういう時だからこそ愛の偉大さを感じるのです。”メロディーで、声で、伝えよう!愛的聲音 愛的力量 ~ 來自台灣送給日本的應援歌曲   用力說愛   這是我們第一時間想到的事,用音樂用力說出愛的聲音,希望能給日本人安慰,希望能讓日本以外的人聽到她們的需要。「面對天災,我們都是渺小的,但也因此感受到愛的偉大」,­用音符、聲音傳達出去吧!公視晚間新聞 報導

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-24 11.06.38)

東日本大震災ー台湾の大学生からの祈り

私は台湾の大学生です。2011年3月11日に東日本大震災が発生した。ニュースを見る時、悲しいです。台湾大震災の時に、日本の救助してくれたのは。。。私は台湾人として日本人に感謝します。現在、何千万の台湾の人々は日本のために祈ってます。ですから、にっぽんの人たちも、頑張ってください。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-24 11.02.36)

日本!頑張って!台湾から元氣進行曲を送ります!

元氣進行曲 創作:許浩倫 日本!頑張って!台湾から元氣進行曲を送ります。 応援します!日本の元気を祈ります。音楽から、心が強くなります、広がってください!!分享”元氣進行曲”,為日本 打氣~代表台灣對日本元氣,家園復興的祝福及祈禱,請大家分享,謝謝!

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-24 09.44.44)

日本加油!台湾小学校一年生、みんな 「日本 頑張れ」

日本的地震與海嘯,造成了嚴重的傷亡,想起了921,更讓我們感到慈悲與不捨。本校請一年級小朋友大聲說出『日本加油!』希望這份心意能傳達到他們心中,同是地球一份子,­彼此關懷,互相加油打氣,希望與重生就在我們的心中。
日本で起こった地震と津波でたくさんの人々が亡くなり、傷つきました。私たちは1999年9月21日の台湾中部大地震の際、仏教の「慈悲」と「不捨」の教えを身をもって感­じたことを思い出します。

台湾・桃園県中壢市にある新街小学校では、1年生の児童が力いっぱいの声を出して「日本がんばれ(日本加油)!」のメッセージを作りました。被災者の皆さんにお届けします­。

私達はみんな地球人、お互いに支え合い、勇気づけ合い、希望を持ち、再び立ち上がることを信じましょう。
日本の皆さん、頑張ってください。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2019年2月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之