.

検索結果:601件/2,860件

衣料品チャリティメイン_main

衣料品チャリティーバザー

2014年6月27日 (金)

企業の取り組み募金

「衣料品チャリティーバザー」を開催いたします。

こちらで販売する衣料品は、2011年よりマルイ各店にて実施の「衣料品下取りチャリティー」にて、お客さまからお預かりした衣料品の中で、被災地ではニーズの少ないワンピースやスカート、デザイン性の高いアイテム等を選別したものです。
なお、「チャリティーバザー」での収益金はすべて社会貢献活動に使用します。

皆さまのご来店をお待ちしております。

*「衣料品チャリティーバザー」は、衣料品の「販売→回収→有効活用」という、循環型消費社会の実現に向けて始めた取り組みのひとつです。
丸井グループでは、店頭で回収した衣料品を、東日本大震災の被災地復興支援、認定NPO法人日本救援衣料センターを通じた「途上国への奇贈」、そして「衣料品チャリティーバザーでの販売」の3つの方法で有効に活用させていただいております。
丸井グループでは、今後も継続して丸井各店で衣料品の回収をおこない、「衣料品チャリティーバザー」を随時開催していく予定です。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

index_pic_01

社会貢献アプリケーション「かざして募金」

ソフトバンクモバイルでは企業活動を通した社会貢献の一つとして、携帯電話の利用料金の支払いと一緒に継続的な寄付ができるアプリケーション「かざして募金」の提供を開始しました。
「かざして募金」はアプリケーションをインストールしたスマートフォンを、対象となるポスターやチラシなどにかざすだけで継続して寄付ができるサービスです。また各非営利団体のWEBサイトから寄付いただくことも可能です。

現在、非営利団体の多くが、持続可能な活動を行うための課題として「資金調達」を挙げています。ソフトバンクモバイルでは、非営利団体を継続的に支援するため本サービスを展開するとともに、お客さま自身が支援したい団体を選んで寄付することで、一人一人が社会に貢献できるプラットフォームを提供しています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

d3380-21-105627-0

TIP OF SMILE(ティップ オブ スマイル)

■LIGHT UP NIPPON 実行委員会は、今年も8 月11 日に岩手県、宮城県、福島県の太平洋沿岸の被災地10数カ所で、東日本大震災の復興と追悼の花火大会「LIGHT UP NIPPON」を開催いたします。LIGHT UP NIPPONでは、花火大会の開催に向けて、商品の売り上げの一部を花火費用に充てる企業とのコラボレーション企画を昨年より実施しており、モルソン・クアーズ・ジャパン株式会社の「コロナ・エキストラ」ビール(以下「コロナ・エキストラ」)とのコラボレーション企画が決定いたしました。「コロナ・エキストラ」1 本の売り上げに付き、10 円の寄付を行う「コロナ・エキストラ TIP OF SMILE 東日本大震災応援チャリティプロジェクト」による花火募金を本企画に賛同される飲食店舗にて6 月1 日より開催いたします。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

20140606jihanki_main

東松島復興支援自販機

サントリーは震災復興支援の目的で、地元の復興を応援している㈱ソーシャルイマジン社と共同で、「東松島復興支援自販機」を設置しています。

■東松島復興支援自販機とは?
東北の復興支援のためにつくられた自販機です。この自販機の売上げの一部は、ソーシャルイマジン社を通じて、東日本大震災によって被害を受けた東北、宮城県東松島市の観光支援、特産品開発などに関する費用として使用されます。

自販機のデザインには、東松島市の町おこしのキャラクター、靴下でできたぬいぐるみ「おのくん」のイラストも。他にも、ブルーインパルスや東松島の特産品なども描かれていますよ。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

hachi_01

希望のはちみつりんご アイス

このアイスクリームには「復興支援の輪を若い人にも」「新たな名産品づくりのお手伝いをしたい」という愛知商業生の想いが込められています。 1個につき「8円」(なごやの市章・まるはちとミツバチをかけました)の募金分が加算されています。名古屋市を通して陸前高田市の復興支援のために寄付されます。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

piece1

1 piece for 1円

東日本大震災で被災された皆様に、謹んでお見舞い申し上げます。

三陸地方は日本の代表的な牡蠣産地で、弊社は年間を通して三陸のおいしい牡蠣をお客様にご提供させていただいております。
オイスターバーを運営する企業といたしまして、牡蠣産業の復興・再建に向けてわたしたちに何かお手伝いできることはないかと考え、2011年3月より微力ではございますが支援活動をスタートいたしました。

牡蠣1個につき、1円を寄付する活動です。 お客様にご提供した牡蠣1個につき1円を、弊社が義援金として寄付をいたします。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

91e6389f183608383838a83e83b8eca905e-19

第4回東日本大震災復興チャリティコンサート2014

2014年4月13日 (日)

イベント募金石巻音楽

『奇跡のコンサート!』継続!!
ザ・シンフォニーホール開館以来、最も多いオーケストラ(205名)での迫力ある演奏!
世界で活躍するプリマ・プリモを擁する珠玉の合唱団!!
日 時:2014年5月6日(祝)15:00開演【14:00開場】
場 所:ザ・シンフォニーホール(大阪環状線「福島」駅下車北へ7分)
曲目
第1部 『亡くなられた方々に捧げるレクイエム』
モーツァルト:アヴェ・ヴェルム・コルプス
ドビュッシー:牧神の午後の前奏曲
源田俊一郎:ふるさとの四季
ケルビーニ:「レクイエム」ハ短調
第2部 『被災された方々への応援歌』
ワーグナー:歌劇「タンホイザー」より、歌の殿堂を讃えよう
外山雄三:管弦楽のためのラプソディ
ボロディン:ダッタン人の踊り
ラヴェル:「ダフニスとクロエ」第2組曲
                           
指  揮:牧村邦彦、井村誠貴、高谷光信
管弦楽:復興支援オーケストラ(206名)
合唱団:復興支援合唱団(96名)
入場料:S席3,000円【全席座席指定】
    A席2,000円【全席当日指定】
*A席は13:30よりチケット窓口にて座席券と引換の上、ご入場下さい。
*お客様からお預かりした入場料全額は、宮城県石巻市長に直接手渡され、全額義援金として使わせて頂きます。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

10151260_620030758077118_4213346378309349465_n

福幸応援チャリティーコンサート2014

昨年開催させていただきました、震災福幸応援チャリティーコンサートを今年も開催いたします。コンサートを含め楽しい企画を考えております。詳細はイベントウォールにて随時更新いたしますのでお楽しみに!

【日程】5月10日(土) ・ロビー開場18:00 ・開演19:00〜21:00終演予定

【入場】入場料は無料ですが、一口につき千円程の募金をお願いしています*募金はコンサートの経費と、被災地への募金にさせていただいております。

【会場】浦和コミュニティセンター多目的ホール(浦和駅東口浦和パルコ10階)

http://www.saitama-culture.jp/urawacom/mhall.html

【内容】コンサート/濱守 栄子さん・朝霧 裕さん・奥野 裕介さん・パネル展示/被災地の取材写真

【後援】埼玉県(予定)・さいたま市(予定)・ゆめ風基金さいたま
※ゆめ風基金さいたま

http://yumekaze.in.coocan.jp/

詳細を見る(外部サイトへリンク)

rainbow

東北復興新生支援プロジェクト「笑顔の架け橋 Rainbowプロジェクト」

株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、日本最大のクラウドファンディングサイトである「JustGiving」(運営団体 : 一般財団法人ジャスト・ギビング・ジャパン URL : http://justgiving.jp/)と連携して、被災地で復興支援活動を実施しているNPO等非営利団体(以下、NPO等)がファンドレイジング注意1 を通じて活動資金を獲得しやすい環境を整備するプログラムを、2014年4月1日(火曜)より開始いたします。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

20111226k0000e040172000p_size5

初詣は鎮守様で 山梨「浅間神社」募金などで応援 「地区の心」再建、急ピッチ--宮城・石巻の三熊野神社

 東日本大震災で被災した宮城県石巻市大原浜の三熊野神社の再建に地元住民が取り組んでいる。約200人いた住民の多くは地区外へ避難し今や約80人しかいない。「地区がばらばらになる」と危機感を覚えた、残った住民たちが「鎮守様こそ皆の心のよりどころ」と再建を決意した。立ち寄ったボランティアの仲立ちで、富士山信仰で有名な北口本宮冨士浅間神社(山梨県富士吉田市)も支援する。避難先から初詣に来て、ゆくゆくは地区に戻ってほしい--。そんな願いを込めて26日、しめ縄の取り付けを始めた。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2018年1月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之