.

検索結果:114件/2,860件

A parking lot of a shopping centre filled with houses and debris in Otsuchi town, Iwate prefecture two days after the earthquake hit and the same area picture on June 3

Back from the dead: Astonishing pictures show how Japan is recovering just three months after tsunami

震災から今日で3カ月目。「Mail」のオンライン版より、劇的ビフォー&アフターの写真集。震災三ヵ月後。日本凄すぎ
Japan’s economy shrank 0.9 percent in the first quarter but recovery is expected between July and September
Just three months ago Japan was plunged into chaos after a cataclysmic earthquake sent a merciless tsunami crashing through towns and cities up and down the east coast.
The unforgiving tide of water obliterated tens of thousands of buildings, devouring almost anything in its path. Thousands of people died and hundreds of bodies have never been recovered.
The heart-breaking images of families desperately searching for loved ones amid the rubble of their homes sent shockwaves around the world.
Now, three months on, these images show the Japanese people remain undaunted by the havoc nature has wreaked on their homeland as step by step they rebuild their nation.
Read more: http://www.dailymail.co.uk/news/article-2001984/Japan-tsunami-earthquake-Pictures-recovery-3-months-later.html#ixzz1OusLwcgG

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-18 15.55.30)

シェアスマイル 〜写真でココロの復興を〜

2011年5月17日 (火)

メッセージ写真

1枚の写真にできること 言葉よりも伝えられること 写真の力でみんなを笑顔にしたい。みんなのココロの復興を応援しています。
シェアスマイルのサイトでは、笑顔になれる、癒される、元気になれるみなさんから募集し、サイトで写真を共有しています。
震災で疲れた日本中が笑顔に包まれるように、元気になれますように。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-11 12.20.33)

3/11 Tsunami Photo Project

東日本大震災の発生後、講談社はすぐに震災チャリティー・アプリ『3/11 Tsunami Photo Project』(電子版写真集)の製作に取り掛かりました。アプリはリリース後、世界47ヵ国以上でダウンロードされ、日本においてはApp Storeの有料アプリランキングで1位を獲得しました(受領したアプリの売り上げは全額、日本赤十字社に寄付し、被災者の救援に充てさせていただきます)。

ただ被災地は震災から2ヵ月が経ったいまも、多くの人たちの支援を必要としています。そこで、できるだけ多くの人に被災地の惨状を記憶しておいていただきたい、また支援の­手を差し伸べるきっかけを提供したいという思いから、「動画版」を公開することにいたしました。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-17 12.00.58)

あなたの大好きな東北の写真を送ってください。”香り付きの写真集”つくります。

2011年5月6日 (金)

アロマ写真祈り

2011.03.11以降。
ニュースやネット、あらゆるメディアからは連日、被災し変わり果てた東北地方の映像が露出され続けています。人類史上に残る未曾有の災害を、決して風化させてはなりません。しかし一方で、これまで私たちが愛してやまなかった東北地方の景色や、そこで過ごした素敵な時間、忘れ得ぬ思い出もまた、絶対に風化させてはならないと、私たちは信じています。
aromamoraでは今、「香り付き写真集」の制作に取り組んでいます。
東北の森からインスパイアされて制作したアロマが、ページをめくる毎に漂う、五感で楽しむ写真集です。この写真集に掲載する写真を、みなさまから公募します。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

掲載写真(一例)

東日本大震災の被災者へ海外から届いた応援メッセージの写真記録

2011年4月27日 (水)

メッセージ世界写真希望

インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、世界中で行われている東日本大震災の被災者への応援活動の中から、私たちが集めることができた69の国と地域、108点のメッセージの写真と解説文を掲載した電子書籍「世界の“絆”グラフ」を、2011年4月27日より電子配信を開始いたします。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-26 18.05.41)

罹災写真無償復元サービス

スタジオアリスで撮影いただいた写真を震災で消失、損傷されたお客さまに、写真を無償で復元いたします。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-27 11.31.31)

復興の狼煙 ポスタープロジェクト

「自分に何ができるのだろう?」もがき苦しんだクリエイターが現地に仲間と行き、決死の取材を敢行。現地の人の生の声をポスターに、被災地を巡回し声を顔をひろって行くプロジェクト。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-05 18.52.11)
44

がんばれ東北!応援歌プロジェクト~みんなで応援ビデオをつくりましょう。

★ gambare.tohoku@gmail.com まで写真・映像などを送ってください ★ 「もっともっと、東北を元気にできる!」 そう信じて応援歌を作りました。★みんなで応援ビデオをつくりましょう!★ あなたからの応援メッセージ(写真・映像など)、既に撮影されたもの、などを送ってください。いただいたメッセージは責任を持って編集・公開させていただきます。下記のアドレスまで送ってください!gambare.tohoku@gmail.com(ガンバレ . トウホク)ひとりひとりは微力でも、みんなの気持ちをひとつにすれば、もっともっと元気にできる、そう信じています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-09 16.41.27)

世界から「がんばれ」

世界中から届いた「がんばれ」写真集があります。(要クリック)

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2018年6月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之