.

検索結果:201件/2,860件

hagemashi_art チャリティ壁紙集

hagemashi_artの壁紙アプリ

壁紙四十八景では、今回このプロジェクトの作品の一部を、チャリティ壁紙コンテンツとしてリリースし、売上の全額をThink the Earth基金に寄付します。

hagemashi_artは、「アート」を通して被災者の方々の「心」にみんなの「心」を届けるプロジェクトです。Twitter上の呼びかけで立ち上がったこのプロジェクトに、「アートや絵を通して少しでも人々を励ましたい」、「私たちにできることはそれぐらいかもしれないけど、それならできる!」そんな暖かい「心」がこめられた作品が、次々とアップされていきました。

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

minncoco15

Flea Market for Tohoku

3月11日以降、東北関東大震災と津波により引き起こされた未曾有の壊滅的な被害を目の当たりにし、世界からは国籍や立場に関係なく多くの支援や援助が集まってきております。

「フリーマーケットfor東北」は息の長い援助のひとつになるべく、アーティストの皆さんの手助けのもと、スペシャルなイベントを開催致します。

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-31 15.35.07)

スマイル ふくしま 〜育てよう 笑顔の種〜 一口500円で福島に花を咲かせよう!!

福島民報社は全国から賛同者を募り、季節の花を咲かせ、福島県民を勇気づけるプロジェクト「スマイル ふくしま~育てよう 笑顔の種~」を開始しました。

一口(500円)ごとに、福島県へ10粒のヒマワリの種が届きます( お客様のお手元に種や花の現物が届くわけではありません )。福島県内に種をまき、成長を見守らせていただきます。

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-06-02 15.26.17)

東日本大震災に関する寄付金受付 およびチャリティー活動につきまして

28 May 2011更新
東日本大震災発生後、有難いことに、弊社宛てに寄付金受付及びチャリティー活動の告知掲載に関するお問い合わせを数多くいただいております。弊社では、これらの活動を広く告知するお手伝いをすると同時に、英国で集められた義援金が1ポンドたりとも無駄にすることなく、被災地へと届けられるためのお手伝いをさせていただきたいと考えております。

つきましては、誌面及びウェブサイトにて、本震災に関する活動を行っている主な英国内のチャリティー登録団体などをその活動内容とともにご紹介することに加え、寄付金受付やチャリティー活動などを行う企業や団体及び個人の皆様の中から、弊社宛に「寄付金の送金先の明示」と「寄付金の送金終了後の通知」に同意いただいた方々の情報を、ウェブサイトにてご紹介させていただいております。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

ピクチャ 3

「東日本大震災復興チャリティー ヨネックスレディスゴルフトーナメント2011」

「東日本大震災復興チャリティー ヨネックスレディスゴルフトーナメント2011」義援金総額のご報告。5月27日〜5月29日にヨネックスカントリークラブで開催されました「東日本大震災復興チャリティー ヨネックスレディスゴルフトーナメント2011」では、大会を通じて様々なチャリティー活動を実施致し、多くの方々からご支援を賜りました。皆様からお預かりした義援金は、LPGA義援金口座より、日本赤十字社を通じ被災地に全額寄付させていただきます。義援金総額:4,763,930円

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-25 2.22.20)

Tiffany&Co.イベント Tiffany supports LOVE&HOPE by Leslie Kee

日本を「第二の祖国」として愛してやまないシンガポール生まれのフォトグラファー、レスリー・キー。未曾有の大震災と津波による被災地へ撮影に訪れた彼が、大好きな日本への“愛と希望”というメッセージを込めて7年間に渡って撮影した世界32カ国のセレブリティ200人のポートレイトを集大成した写真集“LOVE & HOPE”が6月1日にリリースされます。この趣旨に賛同したティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インクはこの写真集を全面的にサポートし、その売り上げの全額を日本赤十字社を通じて被災地復興支援の義援金として寄付することにしました。表紙を飾るのはこのためにレスリー・キー氏が唯一撮り下ろした日本を代表するアーティスト浜崎あゆみです。

会期:2011年5月27日(金)~31日(火)
会場:表参道ヒルズ 本館B3F スペース オー(入場無料)
東京都渋谷区神宮前4-12-10
お問い合わせ先:LOVE & HOPE実行委員会
東京都渋谷区渋谷3-25-10小池ビル2F TEL 03-5468-3760

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-24 15.54.43)

東日本大震災寄附金付かもめ~る

2011年5月24日 (火)

企業の取り組み募金

東日本大震災により被災された方の救助等を寄附目的とした「東日本大震災寄附金付かもめ~る」(販売価格55円(寄附金5円を含みます。))です。

花ハート|皆さんの想いがハートとなり、たくさんのハートが集まって、きれいな花になりました。このデザインには、「皆さんの想いをのせた葉書が、届く先でもきれいに咲いてほしい」という想いが込められています。

青い鳥ハート|皆さんの想い(ハート)を運んでくれるのは青い小鳥。その青い鳥は幸せを運んでくると言われています。このデザインには「幸せをこの葉書にのせて届けてほしい」という想いが込められています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

電通バッグ

電通と日本赤十字社、エコバッグ販売でチャリティ

電通と日本赤十字社は11日から、東日本大震災の被災者向けの支援を目的としたエコバッグの販売を行う。商品名は「電通ソーシャル・アクト・バッグ」で、定価は1500円。東京・カレッタ汐留内の書店やアド・ミュージアム東京で取り扱う。売上の一部は寄付され、日本赤十字社を通じて震災の義援金として届けられる。電通では2008年から業務における紙資源の節約のためエコバッグを使用しており、今回の商品は同一のデザインをベースとして制作された。タグには日本赤十字社のロゴも印字されている。

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-06 13.15.52)

『MTV VIDEO MUSIC AID JAPAN』、1票につき10 円をMTVより日本赤十字社へ寄付

世界最大級のユース向け音楽&エンターテインメント・ブランド「MTV」を運営するMTV Networks Japan 株式会社は、6月25日(土)に幕張メッセ・幕張イベントホールにて開催する東日本大震災の被災地支援イベント「MTV VIDEO MUSIC AID JAPAN」のノミネート・ミュージックビデオへの投票を、5月2日(月)より受付開始することを発表しました。これまで「MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN」として開催してきたこのイベントを 、“AWARDS(授賞)”を“AID(支援)”に変えて実施する今回、視聴者・一般の方からの投票1票を10円の募金に換算し、バイアコム社(MTV が所属するメディア・グループ)から日本赤十字社への寄付金の一部とします。投票は、本日5月2日(月)~6月15日(水)の期間、公式サイトにて受け付けます。1回につき15部門全てに投票でき、最大15票を投じることができます。お一人様あたりの投票回数に制限はありません。なお、投票をもとに算出するバイアコム社からの募金は10万US ドル(2011 年4 月28日現在、約800万円。寄付時点での為替レートにより日本円金額は変動します)を上限とし、これに達した時点で公式サイト上でお知らせします。なお、上限金額を超過した場合も、投票期間内は投票受付を継続します。投票による募金にバイアコム社からの寄付金をあわせた全額が、イベント終了後に日本赤十字社へ復興支援として寄付されます。全15部門のノミネート作 品一覧は公式サイトにてご確認いただけるほか 、 映像配信サ イ ト「GyaO!」でも、本日5月2日(月)~6月15日(水)の期間ストリーミング配信され、その再生数も投票数に加算されます。投票により選ばれた各部門の最優秀ミュージックビデオは、7月2日(土)18時半よりMTV にて放送する特別番組「MTV VIDEO MUSIC AID JAPAN 受賞作品特集」にて発表します。

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-06 7.00.03)

売って。買って。参加して。みんなでつなげよう復興支援。Yahoo!

東日本大震災の復興支援につなげるプロジェクトがいろいろなところで実施されています。
こちらのページでは、売ったり。買ったり。参加したり。することで、復興支援につなげることができるプロジェクトを随時掲載していきます。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

カレンダー

2022年8月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之