.

検索結果:201件/2,860件

Screen Shot 2011-09-01 at 19.10.09

Friends of Japan

Join people from around the world to share messages of hope for Japan.
For every message submitted, American Express will donate $1 to Japan Platform for the East Japan Earthquake relief efforts.
このページから日本応援のメッセージを送ってください。メッセージ一つにつき1ドルが寄付されます。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-08-15 17.09.53)

三国ワイン プレミアムワインテイスティング2011秋のご案内

東日本大震災により、被災された皆さま並びにその関係者の皆さまに心からお見舞い申し上げます。

この度、“三国ワイン プレミアムワインテイスティング2011秋”を9月8日(木)大阪、13日(火)東京にて開催致します。当日は、“造り手の顔の見えるワイン”の中核をなすメゾン・ジョゼフ・ドルーアンを筆頭に、100アイテム以上のワインをテイスティングしていただけます。 また、世界各地の“造り手の顔の見えるワイン”生産者が来日し、ワインラヴァーの皆さまのお越しをお待ちしております!
皆様に入場料として2,000円を申し受けますが、その全額を、東日本大震災復興支援として、日本赤十字社を通じ寄付致します。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

vending_DV_20110711070629

Japan’s New Vending Machine: Drink and Donate

While Japan’s ubiquitous vending machines, reliably located on most street corners and then some, may have saved many a parched pedestrian, the machines’ ever evolving bells and whistles have perhaps never drummed up technology that serves the public good – until now.
The Tone Coca-Cola Bottling Co. and Japanese Red Cross are trying to squeeze some good out of Japan’s favorite sidewalk accessory, casting the machine into a better light after Tokyo Gov. Shintaro Ishihara grumbled about the energy-sucking vending machines as Tokyo stared down a power crunch this summer. The groups installed donation boxes in about 100 vending machines late last month. The collection-box-fortified machines are scattered around three prefectures – Chiba, Ibaraki and Tochigi.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

donate2

“回転寿司のお皿”で震災日本への寄付を募る

○ 時期:2011年3月
○ 国名:オーストラリア
○ プロジェクト名:Japan Earthquake Appeal
○ 業種:慈善プログラム
○ 概要
テーマ:SUSHI TRAIN
2011年Cannes Lionsでアウトドア部門の銀賞を獲得したプロモーション
■ 背景・課題
2011年3月に起こった東日本大震災に際して、オーストラリア国民から日本赤十字社への寄付金を募ること。
ただし、ありきたりな手法で寄付を促すのではなく、市民が楽しく気軽に寄付ができるアイディアを考案することにより、寄付する層の裾野を広げることが求められた。
■ プロモーション方向性
寄付の対象となる『日本』を直接連想できる場所やモノの代表として日本発祥の回転寿し店を活用することを企図した。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

ピクチャ 4

元気を着よう、日本。

ラフォーレ原宿は、この夏「元気」をテーマにメッセージを募集します。あなたのメッセージが、東日本大震災の被災地への募金になります。たくさんのご参加お待ちしています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-07-29 9.04.15)

24 HOUR TELEVISION 34「愛は地球を救う」力(ちから) 〜わたしは、たいせつなひとり。〜 チャリティーグッズ

グッズの収益金がチャリティーになります。 今年のチャリTシャツは森本千絵さんがデザインしました。今年のテーマは、「力(ちから)〜わたしは、たいせつなひとり。〜」 胸元にある「+1」は、このTシャツを着たひとりひとりの力と思いを表現しています。たとえ、ひとりひとりの力は小さくとも、それが、+1+1+1+1・・・と繋がれば、それはきっと大きな力を生むはずです。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-06-28 14.59.15)

震災復興支援サイト「元気玉プロジェクト」

2011年6月29日 (水)

企業の取り組み募金

ハイパーインターネッツは2011年6月23日、俳優の伊勢谷友介率いるリバースプロジェクトと共同で、ハイパーインターネッツの運営する Web サービス「CAMPFIRE」を利用し、あらたに「元気玉プロジェクト」を発表した。

 CAMPFIRE は、クリエイターのアイデアを実現するために、その内容に共感した複数の個人から、実現のために必要な創作費用を少額ずつ集める事のできるインターネット上のプラットフォーム。

 今回、リバースプロジェクトがコンセプトを固めた元気玉プロジェクトで CAMPFIRE の仕組みを利用し、東日本大震災復興支援のためのプロジェクトを募っている。

 募集期間内に目標金額に達した場合は、活動費用が立案者に対して支払われ、もし達しなかった場合は支援者に対して全額返金される。企画が実行された際は、支援者へのお礼として、立案者が提供するモノやサービスが還元される、という。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

UT

ユニクロTシャツ特集|SAVEJAPAN!T-SHIRTS(SAVEJAPAN)

東日本大震災の発生直後から被災地支援を目的に立ちあげられた、エリア別救済支援情報サイトが「SAVE JAPAN!」です。私たちユニクロは、「SAVE JAPAN!」の趣旨に賛同し、同サイトの支援企業であるコンデナスト・グループが発行する雑誌『VOGUE JAPAN』『GQ JAPAN』の呼びかけのもと、世界中のアーティスト、クリエイターの方よりいただいた応援メッセージをTシャツにしました。「SAVE JAPAN!」と名付けたこのTシャツを全世界の店舗で販売した利益、約1億円は、東日本大震災の義援金として日本赤十字社へ寄付いたします。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-06-23 16.34.46)

発売中 夏の新商品 震災支援キャンペーン – MUJI U.S.A.

2011年6月22日 (水)

企業の取り組み募金北米

シンプルなデザインとお手頃価格でお馴染みのMUJI U.S.A.(無印良品)が、夏の新商品、
手ぬぐい(6.95ドル)、タオル(6.95ドル)、うちわ(3.75ドル)の販売を開始。
MUJI U.S.A.は現在震災支援キャンペーンを実施しており、それぞれひとつの商品購入に付き
25セントから50セントが義援金として被災地に寄付される。お求めは各店、またはウェブで。

【場所】SoHo店:455 Broadway(bet Grand & Howard St )、
Times Square店:620 8th Ave(@ 40 St)、
Chelsea店:16 W 19th St(bet 5th & 6th Ave)、
JFK International Airport店:Terminal 5
【詳細】www.muji.us

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-06-23 16.02.22)

震災支援「1アクション1コイン活動」 ポスター無料ダウンロードのご案内

2011年6月22日 (水)

IT企業の取り組み募金

株式会社I&S BBDO (代表取締役社長:加藤和豊、本社:東京都中央区)は、
東日本大震災の復興支援活動の一助となることを目的に、「1アクション1コイン活動」を提案し、
自由に利用して頂けるポスターを制作しました。

毎日の買い物や食事など、日々の暮らしの行動の中で、被災地の事を思い起こす仕組み。
被災地から離れていてもいつでも、誰でも、ワンコイン募金というアクションで、
支援できる仕組み。

そうした支援の輪が日々の暮らしから広がっていくことを願った活動が、
「1アクション1コイン活動」です。

この度、個人事業主や各種団体の主催者などが店頭や活動場所で掲示できるように、
募金を呼びかけるポスターを複数制作しました。
WEBサイトから自由にダウンロードでき、印刷するとポスターや自立式のポップとして
お使い頂けます。

ダウンロードサイト: www.isbbdo.co.jp/1action1coin.html

1人ひとりの動きは小さくても、身近な活動からずっと続けていける支援となることを目指して、
この活動を提案し推進して参ります。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

カレンダー

2022年1月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之