.

検索結果:133件/2,860件

スクリーンショット(2011-05-21 11.43.10)
6847_1

サンパウロ、巨大寄せ書きで応援 最大日系社会の地区

海外最大の日系社会があるブラジル・サンパウロの東洋人街リベルダージ地区で、東日本大震災の被災者への応援メッセージを巨大な布に寄せ書きする活動が30日までに始まった。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-11 18.05.41)

to Japan from Colombia

コロンビアの学生からの応援メッセージ。

animos japon ustedes han sufrido cosas peores esto ha sido un pequeño tras pie se van a recuperar
animo !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
para los sobrevivientes de la tragedia de japon
sobrevivientes
for survivors of the tragedy of Japanese
survivors

詳細を見る(外部サイトへリンク)

20110329_15_33_AlejandraGuzman_ntmx

メキシコからの支援 [otras cosas (その他)]

「メキシコで応援アルバム 中南米各国で発売へ」
東日本大震災の被災者支援を目的に、メキシコを代表する37組のミュージシャンが楽曲を提供したチャリティーアルバム「ボセス・ポル・ハポン(日本への声)」が完成し、29日から同国内のCD店やインターネットを通じた販売が始まった。
価格は99メキシコペソ(約680円)で、収益金は同国赤十字を通じて
日本赤十字に寄付される。
参加したのは歌謡界の大御所、ビセンテ・フェルナンデスや東京渋谷を舞台にしたミュージックビデオを製作したこともあるポップス界のフリエタ・ベネガスら。初回店頭販売分として1万5千枚を用意した。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-15 13.43.05)

ニカラグアの小学生、復興願い佐賀県にメッセージ

「一日も早い復興を願っています」-。東日本大震災の被災者を励まそうと、日本の反対側にある中米ニカラグアの小学生数十人が書いたメッセージが佐賀県に届いた。びっしりとつづられた復興の願い。近く震災ボランティアに向かう県協力隊を育てる会のメンバーに託し、被災地へ届ける。

メッセージを送ってきたのは、同国で青年海外協力隊として活動している佐賀市出身の山下優子さん(24)。県国際交流協会によると、大震災後、ニカラグアにも津波予報が出され、軍隊を動員して備えるなど大きなニュースになったという。

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-11 09.52.26)

Show Your Heart – a message for Japan from Braz

2011年3月30日 (水)

世界中南米動画外国語

SHOW YOUR HEARTと言うキャンペーンで、ブラジルからのメッセージ

My camera records sound at a very low volume, so I had to increase it artificially and that’s why there’s so much background noise. Sorry about that.
I know this is a campaign to help people, but as I’m a veterinarian I just could not forget about the animals that are also suffering from this disaster.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

チャリティーコンサートで「上を向いて歩こう」を歌うアカペラ・グループのボスエンプント(Voz en Punto)=メキシコ市で2011年3月27日、國枝すみれ撮影

東日本大震災:メキシコで救援コンサート…9時間演奏

メキシコ市の国立芸術センターで27日、音楽チャリティー・マラソン・コンサート「メキシコ 今の日本のために」が開かれた。「85年のメキシコ地震で助けてもらった恩返しをしよう」とメキシコ在住のバイオリニスト黒沼ユリ子さんが呼びかけ、メキシコを代表する音楽家約200人が出演料なしで参加、約9時間にわたって演奏を続けた。会場では義援金が集められ、被災地に送られる。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

gyptianF20100810GT

More songs for Japan – Jamaican US-based producer to oversee latest initiative

ジャマイカの音楽プロデューサーがさらに多くの応援歌を録音。
After being struck by an earthquake and tsunami weeks ago, several Jamaican artistes have collaborated in a tribute to Japan song called We Are One Japan.
The song is being produced by Jamaica-born US-based producer John ‘Jon FX’ Crawford, who has done other songs like Shabba Ranks and Akon’s Gun Session, I Wayne’s Book of Life and Gyptian’s I Can Feel Your Pain and Nah Let Go.
We Are One Japan will be led by Gyptian but features other artistes like Alison Hinds, Voicemail, Pressure, Wayne Wonder and Michael Rose. The chorus is being done by a Japanese artiste called Fumibella.
With Japan being a major supporter of Jamaica’s music, Jon FX said he thought it was very important to do a song for the country. When other countries stopped supporting reggae and dancehall music because the sound of the music changed, he said, Japan was always there.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-20 10.48.14)

Jamaican deejays to record Japan tribute

ジャマイカのDJが日本応援の歌を録音。
STEPHEN ‘Di Genius’ McGregor of Big Ship, Mighty Crown and Gachapan Records will record Jamaican artistes on the Japan tribute riddim.
The Jamaican deejays are yet to be finalised. It follows a earlier move by the riddim’s producer Pancho of Gachapan to record some 30 Japanese deejays in a 20-minute song entitled One For All.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-15 16.16.14)

東日本大震災の被災者の皆様に奉げる3月13日のミサのダイジェスト

日本語字幕:東日本大震災の被災者の皆様に奉げる3月13日の主日ミサ(四旬節の最初の日曜日)の様子をお知らせします。ミサは、メキシコ国チアパス州サン・クリストバル­・デ・ラス・カサス市のサンフランシスコ教会で行われました。53分のミサですが、11分のダイジェストにまとめました。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

カレンダー

2020年12月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之