.

検索結果:630件/2,860件

スクリーンショット(2011-05-22 12.25.36)

South Florida DJs Love Japan at Hollywood North Beach Park This Sunday

We don’t need to remind you of the terrible ordeals currently facing the nation of Japan. The March 11 earthquake and subsequent tsunami destroyed large sections of the island’s northeastern coast, leaving tens of thousands dead or missing. And as if that wasn’t catastrophic enough, workers are still desperately attempting to contain a meltdown at the Fukushima nuclear power plant, while seven-plus magnitude aftershocks further threaten the already precarious situation.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-21 12.17.48)

フロリダより東日本大震災被災者に温かいメッセージ「桜の木の下で・・・」!

日本を代表する花「桜の花」のもとで、笑顔と優しさを持つ日本人が前向きに早く立ち直ってくれることを願うメッセージが、フロリダのタンパから届きました。
現地で活動している(The Producers Heart & Soul)ですが、リーダーでありプロデューサー/ソングライター/ギタリストでもあるMr. John Seda(奥様はファッション界で著名なMrs. Sachiko Seda)が、今回の大震災の被災者に対する熱いメッセージとして「Beneath the Cheery Blossom Tree(桜の木の下で・・・)」という楽曲を提供し、収益は全米赤十字を通じて義援金として寄付。日本での情報発信基地として弊社(アジア・ブリーシング株式会社)が指名されましたが、残念ながら配信会社の業務にも震災の影響が出ており、配信スタートは5/21が最短となっておりますが、一足お先にyoutubeで。http://itunes.apple.com/us/album/ beneath-the-cherry-blos som/id429749227

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-09 18.23.26)
スクリーンショット(2011-05-06 17.03.55)

American International School (カイロ)での日本支援ブース

2011年4月2日にカイロの学校で行われたイベントの一角でも日本への募金を受け付けるブースがありました。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-06 16.11.28)

モザンビークからの祈り

2011年4月10日 (日)

アフリカメッセージ世界

日本の震災の後、多くのモザンビーク人から声をかけられた。友人や同僚はもちろん、私を日本人と知ってる近所の人や、普段あまり話さない学生とか、町の人とか、本当にたくさんのヒトに。

モザンビークから見れば日本は地球の反対側。それでも毎日のテレビや新聞で情報は伝わっているから、多くの人がそうして心配してくれる。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

南米チリから「Fuerza Japon」(がんばれ!日本)のエール

南米チリから「Fuerza Japon」(がんばれ!日本)のエール

地震と津波の被害を受けた日本を応援している。
たくさんの人が募金をしてくれていた。
友だちも「大好きな日本のために」とか言いながら募金してた。
何だかウルっときたな~。
募金すると[Fuerza(がんばれ)・日本の国旗・Japon]のシールを貼ってくれる。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-09 18.19.33)

ジーコ、アルシンド氏らブラジルから“ガンバッテ”

サッカー元日本代表監督ジーコ氏らが開催を呼びかけた東日本大震災被災者支援の慈善試合が7日、ブラジル南部パラナ州クリチバで行われた。

Jリーグで活躍したドゥンガ前ブラジル代表監督や元鹿島のアルシンド氏のほか元ブラジル代表のロマーリオ氏ら往年の人気選手が出場。2万2221人が観戦し、収益36万9140レアル(約1994万円)のうち20万レアル(約1080万円)が日本、残りはパナラ州の洪水被災地に送られるという。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-09 16.41.27)

世界から「がんばれ」

世界中から届いた「がんばれ」写真集があります。(要クリック)

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-11 15.32.01)

コロンビア・ボゴタでの日本人有志による東日本大震災被災者支援チャリティイベント

日本国内はもとより、世界各地で先日の東日本大震災で被災された方々を支援する為の様々なイベントが催されています。そんな中、当地コロンビアでも首都ボゴタ在住日本人有志が発起人となり、チャリティイベントが市内北部にあるショッピングモール「UNICENTRO(ウニセントロ)」で4月9日・10日の2日間開催されます。今、普通に仕事をして家族と共に平穏に過ごし、布団に包まって眠る事が出来る立場にある私が、苦難の日々を過ごされている被災者の方々へ何が出来るのか。このイベントのお手伝いをするのは最低限の事かと思い、4月9日(土)の10:00~13:00の間で家族を伴いボランティアとして参加させて頂く事にしました。

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

東日本大地震の被災支援を目的とした親善フェスティバルを通して若い日系人が義援金活動

東日本大地震の被災支援を目的とした親善フェスティバルを通して若い日系人が義援金活動

日本の皆様、地球の裏ボリビアからも微力ながら応援しております。頑張りましょう。南米移住希望の方も応援致します。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

カレンダー

2021年12月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之