.

検索結果:321件/2,860件

スクリーンショット(2011-05-06 09.44.53)

Donation of Relief Goods from the Embassy of Tanzania in Japan and the Tanzania Community in Japan

タンザニア大使館などより寄せられた救済物資のニュース  In response to the Great East Japan Earthquake, representatives of the Embassy of Tanzania in Japan and the Tanzania Community in Japan will visit the Natori City Hall in Miyagi Prefecture to donate Tanzanian instant coffee (600 cans worth 255,000 yen) and canned foods (405 cans worth 100,000 yen) to disaster-stricken people at 2 P.M. on Saturday, April 9.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-07 16.20.08)

Сейчас проигрывается ~Pray For Japan~ Hetalia

Please – if you can – try to help donate money to go towards helping those in Japan. For those who can&#39t, please keep Japan and it&#39s people in your hearts an…

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-25 22.31.45)

Back to business

デザイナーのポールスミス氏がイギリスの起業家宛にメッセージ。「日本は安全で、これからもすばらしい市場であり、パートナーです。日本に投資しましょう」 The UKTI Japan team has maintained its presence in Tokyo and Osaka throughout the aftermath of the 11 March earthquake. One thing that is obvious to us from our conversations with our contacts, is the determination from Japan to move forward and for companies to get back to business. We are monitoring impacts across sectors and can advise you on your approach to the Japanese market. Sir Paul Smith gave this message about getting back to business.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

www.act-responsible

Great creative in support of Japan

Within days of the devastating earthquake and tsunami hitting Japan last week, many artists have created in solidarity to Japan and support the country and its people.
Find here a creative momentum from various artist around the world in a bid to make us react, pray, donate for the Japanese people.
世界中のクリェーターたちが被災地サポートのために作ったポスター集

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-24 19.39.55)

kizuna311 #23 サラ・ブライトマンからの手紙

さまざまな人々に希望をつなげる[kizuna311]#13。http://kizuna311.com/
アーティストのサラ・ブライトマンさんから手紙メッセージが届きました。一刻も早い復旧・復興をお祈りするとともに、たくさんの人々の心にこの絆の輪が広がることを願っています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

MIYAVI – A Prayer for Japan: MIYAVI tells us about the Tsunami disaster + Gravity – Live@Alcatraz

黙祷。
MIYAVI Gravity Live @ Alcatraz, Milan 04.06.2011 10th song of this concert!
This silence is for you all, because our thoughts are with all the people there in Japan. The whole world is crying with you, is thinking about you all.
But Be Strong! Our hearts are with you, we’re together there! Love

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-24 10.35.33)

ジェーン・バーキン、日本に来て直接みなさんに愛してると伝えたかった

ジェーン・バーキンが呼びかけ、4月6日夜に渋谷クラブクアトロで開催された「震災復興支援コンサート Together for Japan」。その記者会見が同日昼に東京日仏学院で行われ、急きょ来日したバーキンが登壇。その胸の内を明かした。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-15 16.09.21)

Smile from MEXICO ~メキシコから笑顔を~

地震と津波の被害を受けた方々に、心からのお見舞いを申し上げます。
日本の裏側、メキシコのカンクンから東日本大震災の為に出来る事。
精一杯の笑顔と祈りを届けます。
2011年3月20日〜27日までの7日間、海外に住む私たちにも何かできないか?という考えから、カンクンの野球開幕戦に合わせ、チャリティーブースを設置しました。T­シャツを販売、そして募金を募りました。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

東日本大震災の被災者支援のため折り紙で鶴を折るハイチの少女たち=2011年4月1日、米サンフランシスコの非政府組織「人道のための建築」提供

ハイチの子供たちが折り鶴

昨年の大地震で被災した中米ハイチの子供たちが、東日本大震災の被災地を支援する折り鶴作りに参加している。自分たちの体験から、「大地震後のひどい状況はよく分かる」と日本の被災者に共感し復興を願っている。

お金がなくても、折り紙で鶴を折れば寄付ができる仕組みが作られた。米シアトルのベゾスファミリー財団に送れば、1羽につき2ドル(約170円)を同財団が非政府組織「人道のための建築」(本部・サンフランシスコ)に寄付する。両団体は10万羽を目標に世界の子供たちに折り鶴作りを呼びかけている。

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-15 13.23.03)

【日本へ応援】エジプト と コスタリカ【セクシーメイドも日本支援】

エジプトではスフィンクスの前から、コスタリカではメィドカフェのお姉さんたちも応援のメッセージを

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2019年11月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之