.

検索結果:158件/2,860件

solidarni-z-japonia-bprod61020707

Solidarni z Japonia

ポーランドで出た日本応援のCD
Album “Solidarni z Japonią” to wybór utworów Fryderyka Chopina w nagraniach polskich pianistów – laureatów Konkursów Chopinowskich. Oprócz nagrań Krystiana Zimermana oraz Rafała Blechacza, na albumie znajdą się interpretacje Piotra Palecznego, Janusza Olejniczaka, Ewy Pobłockiej, Barbary Hesse-Bukowskiej oraz Adama Harasiewicz. Niektóre z nagrań to rejestracje dokonane na żywo w trakcie Konkursów Chopinowskich. Niewątpliwą ciekawostką są nagrania trzech Mazurków z op. 50 w wykonaniu Adama Harasiewicza, jurora zeszłorocznej edycji Konkursu Chopinowskiego oraz nauczyciela jednego z laureatów Konkursu z 2010 roku – Ingolfa Wundera.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-07 16.20.08)

Сейчас проигрывается ~Pray For Japan~ Hetalia

Please – if you can – try to help donate money to go towards helping those in Japan. For those who can&#39t, please keep Japan and it&#39s people in your hearts an…

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-25 22.31.45)

Back to business

デザイナーのポールスミス氏がイギリスの起業家宛にメッセージ。「日本は安全で、これからもすばらしい市場であり、パートナーです。日本に投資しましょう」 The UKTI Japan team has maintained its presence in Tokyo and Osaka throughout the aftermath of the 11 March earthquake. One thing that is obvious to us from our conversations with our contacts, is the determination from Japan to move forward and for companies to get back to business. We are monitoring impacts across sectors and can advise you on your approach to the Japanese market. Sir Paul Smith gave this message about getting back to business.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-24 19.39.55)

kizuna311 #23 サラ・ブライトマンからの手紙

さまざまな人々に希望をつなげる[kizuna311]#13。http://kizuna311.com/
アーティストのサラ・ブライトマンさんから手紙メッセージが届きました。一刻も早い復旧・復興をお祈りするとともに、たくさんの人々の心にこの絆の輪が広がることを願っています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

MIYAVI – A Prayer for Japan: MIYAVI tells us about the Tsunami disaster + Gravity – Live@Alcatraz

黙祷。
MIYAVI Gravity Live @ Alcatraz, Milan 04.06.2011 10th song of this concert!
This silence is for you all, because our thoughts are with all the people there in Japan. The whole world is crying with you, is thinking about you all.
But Be Strong! Our hearts are with you, we’re together there! Love

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-24 10.35.33)

ジェーン・バーキン、日本に来て直接みなさんに愛してると伝えたかった

ジェーン・バーキンが呼びかけ、4月6日夜に渋谷クラブクアトロで開催された「震災復興支援コンサート Together for Japan」。その記者会見が同日昼に東京日仏学院で行われ、急きょ来日したバーキンが登壇。その胸の内を明かした。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-06-02 16.30.41)

London Hanami Charity Picnic

4月9日土曜日にロンドンで行われるお花見ピクニックイベントのお知らせです。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

イギリスで豪華UKアーティトが日の丸かかげ支援ライブ開催 元オアシスのリアムの新バンドが発起人 約2,200万円寄付

イギリスで豪華UKアーティトが日の丸かかげ支援ライブ開催

イギリスで豪華UKアーティトが日の丸かかげ支援ライブ開催 元オアシスのリアムの新バンドが発起人 約2,200万円寄付
元オアシスのリアム・ギャラガーが率いる新しいバンド「ビーディ・アイ」が発起人となって実現した、豪華な顔ぶれのUKアーティストたちによる東日本大震災の復興支援イベント「ジャパン・ディザスター・ベネフィット」が4月3日(イギリス現地時間)、ブリクストン・アカデミーにて開催された。
3月25日(現地時間)、朝9:00にチケットが売り出され、約5,000枚が即日ソールドアウトしたこのチャリティー・イベントは、出演したアーティストだけでなく、クルーまでもが無料奉仕したという。収益金(約16万ポンド 約2200万円)は、イギリス赤十字社を通じて、東日本大震災での被災者支援として日本赤十字社に寄付される。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

東日本大震災の被災者支援のためのチャリティー・ロックコンサートで、ポール・ウェラーさんの演奏を聴く観客(AP)

英国で慈善ロックコンサート 元オアシスのリアムさんら

英ロックバンド「オアシス」の元ボーカルで現在はバンド「ビーディ・アイ」を率いるリアム・ギャラガーさんらがロンドンで3日夜、東日本大震災の被災者支援のためのチャリティー・ロックコンサートを行った。

 リアムさんが英国のロックバンドや歌手に呼び掛けて実現。ポール・ウェラーさんや「プライマル・スクリーム」、「ザ・ヴァーヴ」のボーカル、リチャード・アシュクロフトさん、「ブラー」のギタリスト、グレアム・コクソンさんら英国ロックを代表するアーティストが参加した。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

pub

英国で広がるチャリティー・イベントの輪

ここイギリスでも、東日本大震災についての報道が続いています。多くのイギリス人が、計り知れない自然の破壊力にショックを受けているようで、いったい何が起こってしまったのか、我々はあのような自然災害にどう立ち向かったら良いのか、頭を整理しようと、さまざまな緊急特別番組が放送されています。
チャンネル4で放送されたドキュメンタリー『Japan’s Tsunami: How it happened』やBBC2で放送された『Japan Earthquake:でA Horizon Special with Iain Stewart』は、地震や津波のメカニズムを地質学的・科学的に解明し、また原子力発電所の事故については専門家を呼んで、人体への影響などを追究していきます。
特にBBC2の『Japan Earthquake~』では、今回の地震で倒壊した建物がほとんどなかったことに注目し、日本における耐震性構造建築の技術を挙げ、いかに地震に対して準備しておくことが必要かを説いています。イギリスでは滅多に地震はおきませんし、日本のように自然災害の多い国ではありません。それでも、我々の住む地球が持つパワーがいかにして人類の生活を一瞬にして奪ってしまうのかを目の当たりにし、彼らなりに何か出来ることはないのかと考えているようです。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2018年1月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之