.

検索結果:621件/2,860件

ピクチャ 4

元気を着よう、日本。

ラフォーレ原宿は、この夏「元気」をテーマにメッセージを募集します。あなたのメッセージが、東日本大震災の被災地への募金になります。たくさんのご参加お待ちしています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

safe_image.php

to U Bank Band with Salyu

Bank BandとSalyuが手を組み、発表した楽曲。 意味深な歌詞とSalyuさんの神秘的な声が調和して、感動を通り越した何かを実感できる作品です。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

safe_image-1.php

東日本大震災 復興支援ソング : The Power In You – Students of Toronto

この曲は、2011年3月14日にカナダ・トロントにて非営利目的に制作されました。
東日本大震災の被災者の方々、また、この震災で心を痛める全ての方々への応援メッセージソングです。

カナダ・トロント教育委員会の協力のもと、トロントの小中高校生が、日本の人たちを思いながら日本語でこの曲を練習してきました。
この「The Power In You プロジェクト」そして「がんばって日本!プロジェクト」に参加した子供たちはもちろん、賛同した生徒の親や学校の教師たち、学校として参加を許可した多数の校長先生たち、 そしてそれを許可した教育委員会。それらのたくさんの人々の理解・協力があって実現したプロジェクトです。
海外にいる人たちからのこの暖かい思いが、日本にいる方々へ届きますように。(”The Power In You” 作詞者)

This song was created for non-profit purpose in Toronto, Canada, on March 14th, 2011.
This is a support-message-song for the people who experienced the disaster and also everyone who is suffering from it.

With the support of TDSB (Toronto District School Board), the students in Toronto have been practicing this song in Japanese, thinking of the Japanese people who have suffered through the recent earthquakes and tsunami.
Not only the kids who joined this “The Power In You” project, but their parents and teachers who agreed to join, the principals who made the decision to join, and the school board who allowed them to join… without their understanding and willingness, this project wouldn’t be possible!
I hope these heart-warming thoughts from overseas will be delivered to the people of Japan.

From: Ms. Tomoko Koizumi (The Writer & Singer: “The Power In You)

詳細を見る(外部サイトへリンク)

fnn

被災地からのメッセージ 仙台市宮城野区の岡田地区で活動するボランティアの報告です。

常に現場にいるボランティアだからこそわかることを、ボランティア自身に報告してもらう「被災地からのメッセージ」。
復興支援サイト「助けあいジャパン」で活動するボランティアからの報告です。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-06-20 21.50.28)

世界中のトロンボーン吹きが心をひとつに

当プロジェクトのサイトをご覧いただき、ありがとうございます。このスペシャルビデオの制作にあたって、私たちプロジェクトチームは震災直後から急ピッチで構想を練り準備を進めてまいりました。そのため、世界中や日本国内にはもっともっと多くの素晴らしいプレーヤー・グループ・セクションが存在していることは重々承知しておりながら、計画そのものが手探りであり、また時間の制約が非常に大きかったため、結果的としてこのひとつのビデオに参加を依頼することができたのはほんの一部のアーティストとなっています。できることならば日本国内外のすべてのプロミュージシャンで“音楽のリレー”を行いたいところでしたが、この作品の作曲プロセスや長さを考えると、これ以上の長さは断念せざるを得ませんでした。どうかこのプロジェクトの「世界中のトロンボーン吹きが心をひとつに」の趣旨をご理解いただき、皆様のソロ・グループなどのコンサートでこの”A Song For Japan”を取り上げるチャンスがございましたら、ぜひ皆様のバージョンの録画&Youtube投稿をお願い申し上げます。Youtubeをトロンボーンのあたたかいサウンドであふれさせましょう!(プロジェクト・マネージャー 品川隆)

詳細を見る(外部サイトへリンク)

Screen shot 2011-06-22 at 05.47.30

世界の「がんばれ!」届いています。

Thank you to all of you who participated in supporting Japan.
We have collected 3491.32 GBP and 234.03 Euros in 3 months
which includes street donation that we have executed for 23 times.
We collected 1376 photos from many different countries and
have accesses from over 80 countries around the globe.
Total Amount: 3492.32 GBP + 234.03 Euros
Collected photos: 1376

募金に参加してくれた皆さん、ありがとうございました。

3ヶ月間、23回のストリートドネーションを含め、
3492.32ポンド+234.03ユーロ、集めることができました。
また、ウェブ上の写真は1376枚にのぼり、80カ国以上からのアクセスをもらっています。

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-06-09 10.25.57)

世界のみなさん、ありがとう! さまざまなスポーツ界が日本へ熱いエールを送ってくれた

2011年6月14日 (火)

スポーツメッセージ世界

震災から2週間。海外のさまざまなスポーツ界が、日本の被災地に向けて祈りを捧げています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

japan_header

Creative Unite for Japan

震災復興に向けて海外広告賞のONE SHOWでも、日本の復興への呼びかけをしています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

OSK201106040173

日本照らせ「元気」の神火 大山で夏山開き前夜祭

鳥取県大山町の大山(1729メートル)で4日、夏山開き前夜祭があった。恒例のたいまつ(神火)行列に参加した約2千人が、東日本大震災の被災地へのメッセージ「元気」の文字を描いた。参加者は神事後の午後7時半、中腹の大神山(おおがみやま)神社奥宮を出発。たいまつを1本ずつ掲げて約1.3キロの参道を練り歩いた後、駐車場でメッセージを形作った。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

wwwj20110603a3

エドワード・バールソン 「人と人の助け合い」

東北での救援活動
石巻市の中心街で、オーストラリア大使館のフィル・アンダーソンさん(右)と私
 3月11日の東日本大震災後、私はもう1人の領事、領事部の日本人職員2人、そして大使館の運転手さん2人と共に宮城県に行きました。文字通り県内の隅から隅までくまなく回り、行方不明になっているアメリカ人を探して安否を確認しました。
 情報不足だったこともあり、連絡が取れなかったアメリカ人一人一人の足取りを追って何カ所にも足を運ぶ必要がありました。自分たちがまるで刑事のように思えたのも一度や二度ではありませんでした。避難所をはじめ、病院、遺体安置所、市役所、警察署など、手掛かりをたどってどこへでも行きました。宮城県には7日間いましたが、その間に所在が分かったり安否確認が取れたアメリカ人は全部で62人でした。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2020年10月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之