.

検索結果:309件/2,860件

69

Just Giving Japan

チャレンジで寄付を集める「*Just Giving Japan」ファンドレイジング。ここに様々なチャレンジが集まっています。*Just Givingは、2001年英国にて、2人の女性、Zarine KharasとAnne-Marie Hubyにより設立されました。ファンドレイザーにとって、そしてNPO等非営利団体にとって、使いやすく、便利なサービス提供を、設立当初より心がけています。サービス開始当初から数えて、世界でのべ1200万人が利用、980億円(7億ポンド)の寄付が集まっており、インターネット時代のファンドレイジング・ツールとして確固たる地位を築いています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-23 21.11.43)

kizuna311

助けあい、乗りこえる。私たちの財産は [kizuna]
俳優から音楽家までさまざまなクリエイターが、被災者支援のために、彼らだからこそ生み出すことのできるコンテンツを自ら制作。それをYouTubeを通じて配信すると共に、各地のテレビ・ラジオ等の放送局を通じて、これを今回の震災で苦難に立ち向かわれているみなさまの心に届けられるよう、無償提供していきたいと考えています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-23 18.12.24)

節電のしるし

節電のしるしできました。今は大規模停電で首都機能を失わないことが被災地の皆さんの援助につながります。家やお店、一枚でも何 枚連ねても、使い方は自由です。今、私たちができることが、明日につながると信じて。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

60

井上雄彦さん「smile」

漫画家の井上さんが、被災地を勇気づけようと「笑顔」のキャラクターを描き続けたもののまとめ

詳細を見る(外部サイトへリンク)

42-2

‪Pray for Japan ~Thanx to SOFFet with MONGOL 800 ひとりじゃない~‬

様々な国の人々から日本に向けてメッセージを頂きました。 タイのプーケットにて卒業旅行中、僕らになにかできることはないかと考え、即行動に移してみました。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

minkoko_110508_7

吉本隆明 五十度の講演

ほぼ日刊イトイ新聞 – 吉本隆明 苦難を超える 『ヨブ記』をめぐって 阪神・淡路大震災の約1年後、芦屋市民センターで行われた吉本隆明さんの講演「苦難を超える – 『ヨブ記』をめぐって」全119分を、期間限定で公開いたします。

この視聴は、2011年9月30日で終了します。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-23 19.55.54)

長友メッセージ「UCL決勝ラウンドバイエルン×インテル」

どんなに離れていても心は一つ。一人じゃないみんながいる!みんなで乗り越えよう!You’ll never walk alone. Even though my heart no matter how far one.Not AloneEveryone is there! Overcome together!

詳細を見る(外部サイトへリンク)

013

頑張れ!東北!

被災者の方へ 長野県 美麻小学校の児童より

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

Raul Castro Sends Condolence Message to Japan

Raul Castro Sends Condolence Message to Japan

キューバのカストロ氏よりお悔やみのメッセージ。

In his message the Cuban leader expressed his conviction that the Asian nation, with its traditional discipline, will be able to recover from this catastrophe.

Cuban President Raul Castro sent on Tuesday a condolence message to the people and Government of Japan upon signing a book opened in Havana in honor of the victims of the earthquake and tsunami that hit this Asian country on March 11.

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-27 12.12.29)

東日本大震災で被害に遭われた皆様へ EXILEからのコメントです

この度の東日本大震災にて、被災された多くの皆様に、EXILEメンバー一同、
心よりお見舞い申し上げます。ニュース報道で日々深刻になる被害状況を目の当たりにし、この大きな自然災害と直面している被害者の方々のお気持ちを察すると、本当に辛い思いです。今もなお、多くの方々が不安な時間を過ごしているなかで、僕らに出来ることは少ないかもしれません。でも、被災地の方々の為に『僕らで力になれることは何か?』ということを考えていくべきだと思っています。被災地で懸命に人命救助が行われている今、僕たちは僕たちで出来ることからはじめるべきだとも思っています。ニュースで報道されている節電協力や、不要な携帯電話の使用を控えることなど、僕らも皆さんと共に実行していきます。この災害の悲しみは言葉では言い表わせない程深いものではありますが、互いを助け合い、一日でも早く元気な日本に戻れるよう、皆さんと一緒に頑張っていきたいと思っています。

EXILEメンバー一同

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2020年10月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之