.

検索結果:224件/2,860件

6a015431e79d24970c01543638d0a9970c-450wi

10/21 名古屋 10/28 東京 『 東 北 応 援 ★ 元 気 祭 』 〜呑んで復興!酔って応援!〜

■NPOオンザロードの代表、高橋歩によるトークライブ!
■ミュージシャンによるLIVE!
※東京会場はRicke-G出演決定!
※名古屋会場はおかん出演決定!
■数々のニュースに取り上げられた、津波によるがれきで作った『がれき神輿』!
■被災を乗り越えたモノを揃えた復興ブースを出店!
■会場みんなで乾杯!!出演者、現地ボランティア、参加者のみんなで飲み会!
■高橋歩、新刊『自由帳』(10/24発売)の販売&サイン会 !

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

main

東日本大震災復興支援プロジェクト「日比谷ライブ&マルシェ2011」

東日本大震災復興支援プロジェクト「日比谷ライブ&マルシェ2011」日比谷ライブ&マルシェ2011(11月12~14日)泉谷は「募金もしたが、まどろっこしい。赤十字に送っても仕方ない。被災者にダイレクトにいく方法を考えろ」と募金の現状をちくりと批判し、同プロジェクトの内容を説明した。東京・日比谷公園で12日に五十嵐浩晃、小坂明子、サンプラザ中野くんらのライブ、13日には泉谷がメーンで歌う。会場では3日間にわたって被災地の農林水産物の直売会も行われる。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

tomodati-sakusen111002

音楽版トモダチ作戦 宮古など3市町で公演

ニューヨークフィルメンバーで打楽器奏者のジャスティン・ハインズさんを含む日米の音楽家7人は1日、宮古市と山田、大槌両町で「トモダチ作戦・ウィズ・ミュージック」(くらしに音楽プロジェクト、米大使館共催)を展開した。3市町でのミニ公演のほか、山田高吹奏楽部(野田友梨恵部長、24人)と交流会を開催。児童、生徒を励まし、音楽の素晴らしさを伝えた。
ミニ公演は、藤原小の学童の家(宮古市)と山田南小の児童クラブ(山田町)、おさなご幼稚園(大槌町)で開かれ、「村祭り」やハインズさん作曲の「バケツに穴が空いています」などを演奏。プラスチック製バケツをドラムに見たててたたく体験では、児童らと一緒になって音楽を楽しんだ。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

Z322008710

MONKEY MAJIK、被災地仙台でチャリティ・ライヴ<SEND愛>を開催!

東日本大震災が発生した直後から被災地の復興ボランティアを続けてきたMONKEY MAJIKが16日(日)、地元そして被災地である仙台(宮城セキスイハイムスーパーアリーナ/グランディ21)でチャリティ・ライヴ<SEND愛>を開催!<SEND愛>は、MONKEY MAJIKが活動の拠点としている被災地「SENDAI」から、この出来事を風化させることなく、もう一度美しい東北を取り戻すため、全国に音楽を通じて支援の輪(愛)を広げようという思いから生まれた支援プロジェクト。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

377-5229807-5281725

復興支援へ演奏会 ALTらの「ザ・ワタナベズ」、27日渋谷

江東区の小中学校で英語を教えるALT(外国語指導助手)らで結成するインディーズバンド「ザ・ワタナベズ」が27日、渋谷区で開かれる「東日本大震災支援チャリティーライブ」に出演する。リードボーカルでイギリス人のダンカン・ウォルシュさん(29)は「日本ではみんな優しくて、毎日が楽しい。今度は僕たちが東北のために頑張りたい」と話す。

 ザ・ワタナベズは5人組バンドで、ダンカンさんと兄のセルウィン・ウォルシュさん(31)、ニュージーランド人のアシュリー・デイヴィスさん(29)の3人が江東区でALTを務める。ダンカンさんとデイヴィスさんは愛媛県でALTをしていた仲間で、グループ名も同県に多い姓「渡辺」にちなんでいる。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

276418_210329792343599_5952131_n

The Orphans and Heroes Benefit ~孤児たちと英雄たちのためのチャリティイベント~

Sunday, September 11 · 6:00pm – 10:00pm
Location SuperDelux in Nishi Azabu, Tokyo http://www.super-deluxe.com/

September 11th will be the six month mark since the great Pride/Dream FC JMMA ring Announcer Lenne Hardt is your host for The Orphans and Heroes Benefit for Tohoku
Sunday September 11th door opens 5:30 start 6:00 ends 10:00

詳細を見る(外部サイトへリンク)

rogorogo

プロジェクトFUKUSHIMA!

2011年8月15日、福島で、音楽を中心としたフェスティバルを開催します。また、これをきっかけに様々なプロジェクトを長期的に展開していきます。タイトルは「FUKUSHIMA!」。「ノーモアフクシマ」でも「立ち上がれフクシマ」でもなく、なんの形容詞もつかない「FUKUSHIMA」。現在の、ありのままの福島を見つめることから始めたい。 そんな思いで、福島で生まれ育ったゆかりの音楽家や詩人らの有志が集まりました。地震や津波の被害のみならず、解決の見通しの立たない原子力発電所を抱える現在 の福島では、フェスティバルどころではない、という意見もあるかもしれません。 それでも、いやそんな時だからこそ、現実とどう向き合うかという視点と方向性を 人々に示唆する力を秘めている音楽や詩やアートが必要だと、わたしたちは信じて います。不名誉な地として世界に知られたFUKUSHIMA。 しかし、わたしたちは福島をあきらめません。 故郷を失ってしまうかもしれない危機の中でも、福島が外とつながりを持ち、福島で生きていく希望を持って、福島の未来の姿を考えてみたい。 そのためにも、祭りが必要です。人々が集い、語らう場が必要です。フェスティバルを通して、いまの福島を、そしてこれからの福島の姿を、全世界へ向けて発信していきます。 FUKUSHIMAをポジティブな言葉に変えていく決意を持って。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-08-10 20.12.30)

日本一心~COMPLEX復活への想い2/4

日本一心 吉川晃司、忘れない夏~COMPLEX復活への想い
日本一心と言いつつ関東圏だけの放送のようですのでうp
被災地でのボランティア活動、そして今の自分達に出来る事などを語っています。

被災されたCOMPLEXファンの皆様へ

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-07-14 15.03.57)

サザン桑田、被災地で復帰初ライブ…宮城で9月9・10、11開催

サザンオールスターズ」の桑田佳祐(55)が、東日本大震災から半年後の9月10、11日に宮城・セキスイハイムスーパーアリーナで単独公演「宮城ライブ~明日へのマーチ!!~」(2日間で1万6000人動員)を行うことになった。「チーム・アミューズ!!」の旗振り役として、4月にチャリティーソング「Let’s try again」を発売。5月末にはレギュラーラジオ番組「桑田佳祐のやさしい夜遊び」放送前に、妻・原由子(54)と名取市ゆり上を訪れた。折に触れ震災に対する思いを語ってきたが、その中で見つけた答えは「東北の地で心を込めて歌うこと」だった。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-08-14 11.53.13)

Let’s Help Japan – Sweet Unit-T

Une partie des bénéfices de ce single sera reversée à une association qui oeuvre à la reconstruction du Japon et qui vient en aide aux sinistrés au quotidien
“Let’s Help Japan” est un titre aux sonorités Pop, Electro, Dance avec une touche de Rap conçu, produit et réalisé par Zack Mahi.Il est interprété par le collectif Sweet Uni-T, composé de 6 artistes d’univers musicales différents. Ce titre est une réadaptation du groupe The Beloved «Sweet Harmony», tube international des années 90.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2019年8月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之