.

検索結果:11件/2,860件

sansasakiori

BEAMS 創造研究所×STUDIOUS×ヤフー復興セレクトショップ「TOKYO DESIGNERS MEET TOHOKU」

東日本大震災被災地の復興支援をビジネスにする。
BEAMS創造研究所がヤフー復興支援室と組み、東京デザイナーのクリエーション×東北のものづくりでスペシャルなアイテムの製作、展示、販売を行うプロジェクト「TOKYO DESIGNERS MEET TOHOKU」。
第一弾のけん玉に続いて、第二弾のプロジェクトが始まりました!

今回は、「日本発を世界へ」をテーマにした新世代のセレクトショップ「STUDIOUS」とコラボレーション。
今の東京を代表するANREALAGE(アンリアレイジ)、FACETASM(ファセッタズム)、Sasquatchfabrix.(サスクワッチファブリックス)、G.V.G.V.という4デザイナーが、被災地特産の素材、工場を使ってスペシャルなアイテムを作りました。
パリコレ進出も話題になったアンリアレイジと盛岡の「裂き織」など、伝統の技が新しいファッションに落とし込まれたアイテムたちです。

これらの商品は、STUDIOUS神南店で展示販売と、
ヤフー復興セレクトショップで販売を行います。
期間は11月16日まで。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

i_pic_whats_main

東京ガールズコレクションin福島

史上最大級のファッションフェスタ!
東京ガールズコレクションが東北の地に初上陸!
2014年4月29日(火・祝)ビッグパレットふくしまにて、『東京ガールズコレクション in 福島 2014 supported by XEBIO GROUP』を開催します!!

ガールズの熱い想いが集まるパワースポット・TGCが東北の地に初上陸!復興に取り組む福島にて開催決定!

詳細を見る(外部サイトへリンク)

arrrows

ユナイテッドアローズ下取りキャンペーン開催

毎回、大好評の下取りキャンペーンを4月1日(火)から開催いたします。

ご不用になった「ウィメンズシューズ・バッグ」と「スペシャル¥1000チケット」とをお引き換えいたします。
皆様のご不用になった「ウィメンズシューズ・バッグ」が東日本大震災の被災地復興支援につながります!

下取りにお持ちいただいたシューズ・バッグは、特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンに物品寄付し、同団体を通じてリサイクルショップにお買取いただき、被災地支援に役立てます。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

hasuna

HASUNA チャリティ2014ネックレス(予約受付)

2011年3月11日に発生した東日本大震災以降、HASUNAではチャリティアイテムの販売を通して被災地の支援を行ってまいりました。
震災から3年が経つ今年、新たなチャリティ商品を発売いたします。

復興を目指してつながった、たくさんの人のネットワーク。
互いの協調や協力のもとに目標(=復興)へと向かう歩みが、これからさらに
広がり続け、希望の証である子供たちの成長へとつながることを願って表現しています。

落ち着いたマット加工を施したシルバー。側面と裏面、中の直線的なラインは、ゴールド色。
幾重にも重なる直線を柔らかな曲線が包む込む、
アシンメトリーでスタイリッシュなデザインです。
クロスした直線から浮かび上がる星型の模様は
希望の象徴をイメージしています。

震災で新たに生まれた人とのつながり。そこから感じる人のぬくもりや大切さを
思い起こさせてくれる、そんなジュエリーです。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

VOGUE

FASHION’S NIGHT OUT

世界で最も影響力のあるファッション誌『VOGUE』の日本版『VOGUE JAPAN』(コンデナスト・ジャパン発行)は、第5回目となるショッピング・イベント「FASHION’S NIGHT OUT(ファッションズ・ナイト・アウト/以下FNO)」を、昨年に続き9月7日(土)に東京、9月14日(土)に大阪の2都市にて開催いたします。
FNOは、世界各国の『VOGUE』 が中心となり各都市で開催されるグローバルなショッピング・イベントです。本年度は19カ国で、ショッピングを通してファッションがもつパワーや楽しさを伝えるという目的のもと実施いたします。

また、FNOのもう一つの目的「ファッションによる社会貢献」を推進するため、恒例のチャリティグッズを販売し、その収益を東日本大震災の復興支援活動を行う「認定NPO法人 国境なき子どもたち(KnK)」及びイベント開催エリアである表参道の地域社会貢献活動を行う「ケヤキ基金」に寄付いたします。
今年のチャリティグッズは書道家・武田双雲さんとのコラボレイションによるデザインのTシャツ2種、バッグ、ポーチの計4点を製作。東京、大阪両会場で販売いたします。

【FNO東京】
日  時 :2013 年9月7日(土) ショッピング・タイム 18:00-23:00
オープニング・セレモニー 17:00- クロージング・セレモニー 23:00-
場  所 :表参道・青山・原宿エリア
参加店舗 :570店舗以上
主  催 :コンデナスト・ジャパン

【FNO大阪】
日  時 :2013年9月14日(土)ショッピング・タイム 15:00-21:00
オープニング・セレモニー 14:00- クロージング・セレモニー 20:00-
場  所 :阪急うめだ本店 / 阪急メンズ大阪
共  催 :阪急阪神百貨店 / コンデナスト・ジャパン

詳細を見る(外部サイトへリンク)

shibuya109

SHIBUYA109KAMAISHIプロジェクト

「がんばろう釜石」釜石の女の子たちの夢を実現!
SHIBUYA109KAMAISHIプロジェクトは、釜石の女の子たちの夢を実現するプロジェクトです。
今回のプロジェクトは、釜石市に住んでいる女子中学生から、SHIBUYA109を運営する東急モールズデベロップメント(以下、当社)宛に届いた、1通の手紙をきっかけとして実現することになりました。

手紙には「釜石市が復興に向け前進していく中で、市の活性化につながるイベントをSHIBUYA109とコラボレーションして企画したい。洋服をデザインしたり、その服を売ったりして釜石に人を集めることができれば…」という思いがつづられていました。
当社と釜石市はこの手紙に共感し、本プロジェクトを企画しました。SHIBUYA109を通じて、中高生を中心とした地元の方に、楽しさや元気さを味わっていただき、釜石の活性化につながればと考えております。

期間中はJR釜石駅前の商業施設「シープラザ釜石」内において、SHIBUYA109の人気ブランドを集積した期間限定ショップ「SHIBUYA109KAMAISHI」をオープンするほか、地元女子中学生と、SHIBUYA109に出店しているショップとが、コラボレーションした商品の販売、地元中高生をゲストとしたファッションショーの開催を予定しております。
特に手紙の中につづられた「洋服をデザインしたり、その服を売ったり…」との想いを実現するために、コラボレーション商品の開発に向け、釜石市内の女子中学生を対象としたファッションデザインワークショップを5月に釜石市内で開催しました。
今後は実際に、SHIBUYA109出店ブランドのデザイナーと、商品についての打ち合わせや、サンプルチェック、ファッションショーへ向けての準備や、コラボレーション商品の販売業務を経験していただくなど、本プロジェクトを学生たちのファッション業界での職業体験の場としても位置付けています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット 2013-03-20 17.33.21

Fukushima Piece

ふくしまの伝統に、女子の「かわいい!」をプラスして、素敵ものをつくりだそう。ふくしまの女の子と、日本中の女の子が、話をはじめるきっかけになるように。Fukushim a Piece プロジェクトは、そんな気持ちからはじまりました。私たちの商品は、愛のこもったふくしまのカケラ。 ふくしまのいいところを、もう一度見つけ出したい。 いまのふくしまのことを、もっと知ってほしい。そして、一緒に考えてほしい。 この小さなカケラたちが、いつでもあなたとふくしまを結んでくれますように。

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット 2012-07-12 23.46.00

Hope & Love for JAPAN

パリでファッションの仕事に従事する日本人女性達が中心となって東北地方太平洋沖地震による被災者への復興支援・協力のためのチャリティを目的とし設立した 「HOPE AND LOVE」が、8月4日に新丸ビル 7F marunouchi HOUSE にて【大人もキッズも美しくなれる】 【チャリティーができる】 【やさしくなれる】を合い言葉に日本とパリの美と癒しのカリスマが集結し、手と心の力で東北へ愛を届けるイベントです。

当日は昼と夜の二部構成で、昼の部ではいくつかのコーナーにて、大人はもちろんキッズ達も楽しめるたくさんのイベントを開催します。パリ在住著名人の方々による読み聞かせやトークショー、ライブコンサート。トップヘアースタイリスト、メークアップアーチスト、ネイリスト、セラピストによる癒しの提供。またパリのパティシエたちのスイーツやドリンクの販売やスタイリストのフリーマーケット、プロのフォトグラファーによるファミリーポートレートの撮影等、盛りだくさんの内容をチャリティ価格にてお届けします。
そして夜の部では、 DJ 、ライブによる癒しの音楽で暑い夏の夜に涼しいひとときを演出します。

東北への愛を届ける1日。
たくさんの方にご来場いただき、皆様の笑顔で暖かい1日となりますように。

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

644972_w350

Kenzo imagine une série d’accessoires pour soutenir les victimes du séisme au Japon

La marque japonaise Kenzo a souhaité soutenir les milliers de victimes du séisme qui a frappé le Japon, le 11 mars dernier, avec le lancement d’une collection d’accessoires inédite. Baptisée “Kenzo Loves Japan”, cette ligne sera disponible en édition limitée dès le mois d’octobre prochain.
Toutes les pièces imaginées pour la ligne “Kenzo Loves Japan” sont pourvues de la signature de Kenzo. La marque a ainsi doté le soleil du drapeau japonais de sa célèbre nuance rouge coquelicot.
Cette collection disponible en édition limitée comprend un sac, deux pochettes, plusieurs porte-clés et un badge.
Les bénéfices de la vente de la série “Kenzo Loves Japan” serviront notamment à soutenir l’action de la Croix Rouge, qui oeuvre en faveur des victimes du séisme.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

image

PlayTime Loves Japan

プレイタイム東京展はコドモからジュニア、マタニティーの世界に捧げるインターナショナルな合同展示会として第 5 回を迎え、8 月 23 – 25 日ベルサール渋谷ファーストにて開催され、展示会開催最中この期間限定ショップを同時開催します。
 今シーズン「PLAYTIME LOVES JAPAN」という名のもと、7月に開催されましたプレイタイムパリ、そしてプレイタイムニューヨーク展を旅し、今度はプレイタイム東京展にオープン致します。
このショップは一般の皆様を対象にプレイタイム東京展出展者たちによるコレクションを中心に、子ども・マタニティー服、アクセサリー。デザイン雑貨等のデザイナーサンプルセールとして、小売価格の 70% オフにてご提供致します。売上は全額被災地支援団体「こどもの音楽再生基金」「ふんばろう東日本支援プロジェクト」「Save the children Japan」に寄付されます。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2017年12月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之