.

検索結果:11件/2,860件

christmasbox

クリスマス期間限定大規模Twitterプロジェクト「#クリスマスボックス」

#クリスマスボックスは、クリスマスシーズンに毎日1つずつ
Twitterのタイムラインに届けられる
鍵のかかったプレゼントボックス。

ボックスの贈り主はさまざま。
中身は開けてみるまでわかりません。

ボックスを開ける鍵は、たくさんのツイート。

みんなのツイートの力でロックを解除して、
ボックスの中身を確かめてください。

 

「#クリスマスボックス」は、「Twitterユーザーみんなで楽しむクリスマス」をコンセプトにした期間限定プロジェクトです。家族や友人だけでなく、同じ趣味をもつ人たちや、クリスマスを心待ちにするすべてのTwitterユーザーと一緒に協力して、プレゼントの入ったボックスの鍵をあけ、みんなで盛り上がることができます。また、本企画で生まれた「#クリスマスボックス」を含むツイート・リツイートの数に応じて、東日本大震災の義援金を寄付することで、さらに多くの人たちに笑顔をとどけます。

プロジェクト期間中(12月1日~12月25日)に、Twitterで人気のアーティスト、著名人、企業が日替わりで日付の入った「#クリスマスボックス」をTwitter上に投稿します。「#クリスマスボックス」を含むみんなのツイート・リツイートが一定の数を超えることで、そのボックスの鍵を開けることができ、プレゼントの中身がわかります。この新しい仕組みを、 著名人・企業と協力して、クリスマス期間に連日行うのは、世界初のプロジェクトとなります。あわせて特設サイトもオープンし、Twitter上と連動しながら「#クリスマスボックス」の世界観を表現していきます。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

72

Pray for Japan(写真・tweet表示)

「Pray for Japan」のタグがついている写真やtweetをランダムに表示し続けるサイト。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-23 18.26.26)

SAVE JAPAN !

SAVEJAPAN! PROJECTは震災被害に遭われた被災地の皆様、被災者家族の皆様の支援を行う為に設立しました。本サイトではネット上に点在する様々な震災情報を都道府県別に整理しまとめることで、正確な情報のやり取りの実現を目的としております。皆様がお持ちの各地域の情報を内容に対応した#タグを付けてTweetして下さい。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-04 11.36.04)

米国の子どもたちによる寄付活動『ペニーハーベスト』

米国の子どもたちによる寄付活動『ペニーハーベスト』。NYで寄付先を決める会議があり、「いわて・ゆいっこ」が選ばれました。$8985.35のグランドが決定。写真は、プレゼンを行ってくれたCandace DeTroiaさん。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

56

Messages For Japan

Google では「メッセージフォージャパン」 プロジェクト を開始しました。このプロジェクトは、世界中の人々から日本へのメッセージを募集し、同時に寄付金も募るものです。この活動を通じ、世界からの応援メッセージが、より多くの人の目に触れる­­ことで、一人でも多くの方が日本に関心を持つきっかけとなり、さらなる支援や寄付につながることを期待しています。メッセージフォージャパンでは、サイト上で応援メッセージを記入すると、Google 翻訳がメッセージを日本語に自動翻訳します。それらのメッセージは、サイト上で閲覧することができ、投稿されたメッセージが世界地図上に表示されます。世界中からお寄せい­­ただいたメッセージは、今後、オンライン以外の方法で、日本の皆さんにお届けすることも検討しています。国内の皆さんからも、メッセージと寄付をお待ちしています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

83

がんがれ日本!!!

日本のブロガーがチョイスした元気がでるtweetまとめがtwetter上で拡散し、16カ国語へ。元気がでるtweetまとめ心に残るツイートまとめ

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-26 13.34.25)

697 UNKNOWN HEROES – 知られざる英雄たち – 東日本大震災の復興に

2011年3月16日 (水)

ツイッター勇気動画希望

被災後、ある方が「TVを見ていると元気がなくなって、Twitterを見ていると希望が湧いてくる」と書いていました。確かにそうだな、と実感します。悲劇的な映像ばかり映そうとするマスメディアに対して、TwitterやFacebookでは「現場では何が起こっているのか」「これから自分たちに何ができるのか」とい うことに集中していました。そんな中で、飛び込んできた小さなエピソードを集めてみました。海外で「日本は奇跡の高度成長を遂げた。今度も奇跡の復活を遂げるだろう」と報道されていることを耳にしました。もちろん、皆、そのつもりだと思います。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-06 15.32.49)

エチオピアの人が「日本の被災地のために募金したい」と申し出てくれた。

エチオピアの人が「日本の被災地のために募金したい」と申し出てくれた。言うのをためらっていたそうだ。失礼になるかと思って。こっちの人の給料は月数千円。全部で数百円しか集まらないかもしれない。なら僕が出した方が早い。でも、このお金には意味があり、メッセージがある。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-06 15.45.24)

世界から日本へ1000のメッセージ

東日本大震災被災者に届けたい世界からの応援のことば

いま世界中が、一刻も早い事態の収束を祈りながら、被災地からのニュースを見守っています。世界中の人が、何もできない歯がゆさを噛みしめながら、思いやりと励ましの言葉を送って下さってくれています。次から次へと襲ってくるこの試練に、心が折れそうになるとき、この言葉が何かの力になることを信じて、このプロジェクトを立ち上げました。みな想いは日本の皆さんと共にあります。気持ちを強くもち、希望を忘れず、がんばれ、日本!

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-25 23.19.28)

#Pray for japan 日本語訳slideshow By Project MESH Soclal translation

twitterのハッシュタグ #Prayforjapan に世界から届いた声を、Project Meshの #socialtranslation のタグ上で有志ボランティアが翻訳しています。http://togetter.com/li/110982 いまできることは何か?今これを書いている僕もわからない。でもとにかくどうすれば、この善意の数々が届くか、言霊になるのか、すこしでも「想い」として届いて、連鎖する­のか、そのためにできることをやろうと思いました。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2018年10月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之