.

検索結果:112件/2,860件

torofi

コカ・コーラ FIFA ワールドカップ トロフィーツアー記者発表会 ~東北の元気を世界へ!

「東北トロフィープロジェクト」は、コカ・コーラと岩手県立高田高等学校の協同プロジェクト。『東北から元気を、世界に発信』するため、トロフィーが4月12日(土)に陸前高田市を来訪し、東北の今・元気を伝えるプロジェクトとなっています。震災以降途絶えていた陸前高田市の伝統芸能である「チャオチャオ踊り」の復活や、中山さんが参加する元プロサッカー選手を中心としたドリームチームとのサッカーの試合など、高田高等学校の生徒たちが真剣に企画したイベントが行われる予定です。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

sportsouen

スポーツの力で東北応援キャラバン

前回(2012年1月)に引き続き、大野選手(他、なでしこ有志)らが、
子ども達にミニサッカー教室を開催します! 
被災地の子ども達を、サッカーで元気にする!

1/11(土) 福島会場
 福島県・伊達市保原小学校

1/12(日) 石巻会場
 宮城県・石巻市立石巻中学校体育館
 ※駐車場に限りがございます。お乗り合わせされるか公共交通機関をご利用ください。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

tomosurun

Sanriku Tomosu Run

2013年10月1日 (火)

イベントスポーツ

希望の灯を、今、あなたが繋ぐ 2013第二章開催いたします。

東日本を襲った未曾有の大震災から1年半以上が経ち、東北三県では復興に向けた様々な取組みが続いています。皆さんは、「1.17希望の灯(あか)り」(※)が岩手県陸前高田市と福島県南相馬市に分灯されているのをご存知でしょうか?(※阪神大震災の犠牲者の慰霊と復興を願い神戸市中央区の公園「東遊園地」で燈されているガス灯です。)

我々は、その希望の象徴の灯りを東北三県にもっと増やし、点と点を結ぶように一本の線で繋げたいと考えました。共に未来へ進もうという誓いを込めて、参加者全員で運営するランニングイベントを開催いたします!一緒にイベントを盛り上げていく中でランナー同士・スタッフ同士の心の交流も図られ、たくさんの絆が生まれると信じています。ゴールの後は、希望の灯りの燈火を使用したキャンドルナイトでイベントを締めくくります。大切な人達の幸せと笑顔、そして日本中の人々の明るい明日を願って、皆でキャンドルに灯を燈しましょう。

2013年11月2日(前夜祭)、11月3日(大会本番)

※当日現地にこれない方はiPhoneアプリで参加できます。アプリ<Pace4run>
【あなたの日頃のランニング習慣が、社会に役立つ活動に生まれ変わります!】
自分の健康や楽しさ、仲間との交流の為だけでなく、それが同時に世の中の誰かのために役立ったら素敵だと思いませんか?Pace4run(ペースフォー・ラン)が、それを実現します。

Facebook
http://www.facebook.com/TomosuRun

詳細を見る(外部サイトへリンク)

いわきサンシャインマラソン

第5回いわきサンシャインマラソン

「~日本の復興を『いわき』から~復興元年 第4回いわきサンシャインマラソン」開催の際には、過去最多となる大変多くの方々にご参加いただき、いわき市へ元気と勇気を与えていただきましたこと、深く感謝申し上げます。復興までの道のりは遠いですが、皆様からいただいた励ましを胸に、復興へ向けて力強く一歩ずつ歩みを進めて参ります。「第5回いわきサンシャインマラソン」は、定員を2,600人増の、1万人規模の大会として開催し、そして、今大会も変わらず、全国のランナーの皆様をオールいわきで温かくお迎えいたします。多くの方々のご参加、心からお待ちしております。

◆開催日◆
平成26年2月9日(日) 9:00start!

◆種目・定員◆
・フルマラソン/フルマラソン(チャリティーエントリーの部) 7,000人
・10km 1,400人
・5km 700人
・2km 500人
・2km親子 200組(400人)

◆エントリー期間◆
平成25年9月2日(月)~10月31日(木)
(郵便振替によるお申込みは10月18日(金)まで)
※いずれも先着順になります

詳細を見る(外部サイトへリンク)

E

サッカー選手を目指す福島の子どもたちを日本代表戦へ招待したい

サッカー選手を目指す福島の子どもたちを日本代表戦へ招待したい- READYFOR?プロジェクト

震災で厳しい環境の中でも、夢を追いかける子どもたちを応援したい。サッカー選手を目指す子どもたちを応援するプロジェクトです。

こんにちは、特定非営利活動法人GLOBEPROJECTの菅原聡です。
スポーツを通じて社会問題を解決しようと、2006年より地雷の無くなるフットサル大会を全国で行い、タイ・カンボジアの地雷原の除去を行っています。
この活動に加え、私たちは2011年の震災以来、被災地で頑張るサッカー少年たちを応援しようと、DreamTicketCupというフットサル大会を開催し、参加費を通じてサッカー選手を目指す子どもたちを日本代表戦へ招待する活動を行っています。
今回は8月14日に宮城スタジアムで行われる日本代表戦へ、福島の子どもたちを連れて行きます。

しかし、大会参加費で集めた資金では、残りわずか資金が不足している状況です。

このような中、皆様にご協力をいただけないでしょうか。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

大槌バレー

ビーチdeソフトバレー大会in吉里吉里海岸|8/10

2013年8月6日 (火)

スポーツ大槌

8月10日 大槌町吉里吉里海岸特設コートで開催!砂浜で遊ぶラストチャンス!思い出をつくりましょう!

3.11大震災により、三陸沿岸の多くの砂浜が地盤沈下や津波の影響のため無くなった。
大槌町の吉里吉里海岸は釜石市・大槌町地区の海岸で唯一残った砂浜です。昨年から多くのボランティアさんが海岸清掃をし、綺麗な砂浜へと戻してくれました。
しかし、今秋から「防波堤」工事が始まり、砂浜への立ち入りは数年は無理になりました。だからこそ、今年の夏がラストチャンスなのです!地元吉里吉里のPTAさんも、目の前の砂浜で子供たちを遊ばせたいと思っています。
そこで、砂浜でソフトバレーボール大会を開き、地元大槌の子供たち住民の皆さんに楽しんでもらおう。吉里吉里海岸で「思い出をつくってもらおう!」と企画いたしました!
☆イベント大会要綱
9:30開会式 10:00競技開始
会場:吉里吉里海岸(特設コート)
大会種別:一般の部(中学生以上)4人制(うち女性1名以上)
小学生の部(4年生以上)6人制(うち女子2名以上)
チーム構成:一般の部 8人以内(監督・代表も含む)
小学生の部 10名以内(監督・代表も含む)

ルール:ソフトバレーボール協会ルールに基づく
競技:トーナメント方式

昼食:試合の合間に各チームごとに昼食をとる事
参加申込締切:平成25年8月7日
対戦抽選:申込締切り後、本部が行い当日発表致します

表彰:一般の部は2位まで、小学生の部は2位まで、参加した皆さんには参加賞があります。
備考:試合直前にビブスを貸し出します。
各チームごとにドリンクを配ります(人数分)
会場内で参加者限定に「焼きそば」(無料)で提供致します。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

gyakusou

GAMBARUZO! ふくしま ゲレンデ逆走マラソン2013

2013年5月6日(月・祝)~2013年11月2日(土)
この逆走マラソンは、2011年6月4日・5日に開催された「GAMBARUZO!ふくしま 2Days in いなわしろ」にて、全日本トライアスロン連合・福島県トライアスロン協会のご協力により開催された「モーグルコース逆走マラソン」からヒントを得たものです。このレースは、大自然で汗を流し、雄大な景色を楽しんでもらい、安心・安全を全国にピーアールする事を目的としています。

オイシャルブログ

エントリーはこちらから

詳細を見る(外部サイトへリンク)

1000r

未来への道1000km縦断リレー

「未来(あした)への道 1000㎞縦断リレー実行委員会」では、スポーツのチカラで継続的な震災復興を後押しするために、東日本大震災で被災した地域を縦断し、東京まで「たすき」で繋ぐランニング主体のイベント「未来(あした)への道 1000㎞縦断リレー」を2013年7月25日(木)~8月7日(水)の14日間にかけて実施いたします。

7月25日スタート
リレーの様子はFacebookページにて公開中

USTREAM中継

みちのくから、つながろう。スポーツのチカラで復興を後押し!
青森から東京まで7都県を縦断。

この夏、青森から東京までのおよそ、1,000kmの道のりをスポーツのチカラで結び、未来(あした)へとつながる、被災地と全国との新たな絆をつくるとともに、ニッポンにスポーツムーブメントを創造します。
全143区間を5人程度のグループで、地元の方々と触れあいながら、復興に向けたメッセージを発信しながら、ランニングと自転車によってつないでいくリレーです。

※これは競走ではありません。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

bellefille

復興支援マッチ|仙台ベルフィーユ・デンソーエアリービーズ

当日はバレーボール教室と仙台ベルフィーユとデンソーエアリービーズのエキシビジョンマッチが行われます。
試合終了後にはサイン会と集合記念撮影も予定されております。

【日時】7月21日(日)

【場所】ゼビオアリーナ仙台

【スケジュール】
会場12:00/試合開始14:00
■両チーム選手によるバレーボール教室※小中学生対象
■仙台ベルフィーユvsデンソーエアリービーズ
■コートにてサイン会・集合記念撮影

【入場料金】入場券1,000円(税込)
※高校生以下無料
※60歳以上無料

【問合せ】仙台ベルフィーユ 022-748-4781

復興支援マッチの入場券売上の一部を被災地のために使わせていただきます。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

golf

心をひとつに 東日本大震災復興支援チャリティレッスン会

日本女子プロゴルフ協会では、被災されたすべての方々の復興を願い、“心をひとつに”というスローガンのもと、復興支援を目的としたチャリティ活動を行っています。
このスローガンには、「復興を願い、復興を信じ、心をひとつにして被災地を支援したい」という、選手、LPGA会員、スタッフの思いが込められています。
プロゴルファー、ファン、被災地復興を願う方々の心をひとつにして、様々な形でチャリティ活動に取り組んでまいります。

チャリティレッスン会
■会場
ハンズゴルフクラブ
〒240-0044 横浜市保土ヶ谷区仏向町1558
■日時
2013年7月29日(月)

14:30
当日受付開始
15:00~16:00
レッスン会 (20分/1人)
16:00~17:00
チャリティフォト・サイン会
17:00~18:00
レッスン会 (20分/1人)

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2018年4月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之