.

検索結果:112件/2,860件

teaser2016

MFJ東北復興応援ツーリング2016

エントリーした開催期間中に各自の都合の良い日程で対象地域にてツーリング。
道の駅を巡ってスタンプラリーをしたり、バイクイベントに参加してみたり、キャンプをしたり、美しい写真を狙ってフォトコンテストに参加してみたり。さらに東北復興応援ツーリング・プロデューサー風間深志さんが、メインイベントでおもてなししてくださいます!

東北復興応援ツーリング2016
開催期間:8月1日~10月31日(エントリー開始は6月1日)
エントリー料:一人2,000円(被災地への寄付金が含まれます)
対象地域:東日本大震災で被災を受けた福島県・宮城県・岩手県・青森県の沿岸部
お問い合わせ先:東北応援の旅・ツーリング2016実行委員会

詳細を見る(外部サイトへリンク)

oxfam

オックスファム・トレイルウォーカー東北 2016

世界90カ国以上で活動する国際NGOオックスファムの一員であるオックスファム・ジャパンが7月に福島で開催する「オックスファム・トレイルウォーカー東北 2016」

今年の「オックスファム・トレイルウォーカー東北2016」は100kmコースが復活し、100km と50kmの2コースで行います。
昨年は募集開始早々に定員に達してしまいキャンセル待ちの状態となりましたが、今年は参加枠を昨年の150チーム(600人)から拡大し、100km と50kmで各150チーム、合計300チーム(1,200人)を募集する予定です。

また、チーム登録が完了すると同時に、もうひとつのチーム・チャレンジが始まります。今年8月31日の締め切りまで、参加条件となっている寄付金をチームで募るファンドレイジング・チャレンジがスタートします。
昨年のファンドレイジングについては、下記より詳細がご覧いただけます。

https://oxfam-mng.com/web/fundraising/

開催日 2016年7月9日(土)~11日(月)
※7月8日(金)スタート地点の岳温泉にて前夜祭イベント開催予定
距離 100km/50km
制限時間 48時間/24時間
スタート 福島県二本松市 岳温泉 (7月9日 午前6時/8時/10時)
フィニッシュ 福島県郡山市 磐梯熱海温泉(50km)
福島県二本松市 岳温泉(100km)
参加枠 100km:150チーム(600人) 50km:150チーム(600人) 計1,200人
参加費 1チーム60,000円
最少寄付金額 1チーム60,000円以上 (参加費とは別途の必須条件となります)
参加資格 (1)4人1チーム
(2)1チーム60,000円以上の寄付金を集める
(3)18歳以上(イベント当日)

詳細を見る(外部サイトへリンク)

tomodachi-charity

トモダチチャリティーベースボールゲーム/東日本大震災被災児童自立支援プロジェクト「Support Our Kids」

デレク・ジーター氏・松井秀喜氏の参加により行われるチャリティベースボールイベント。このイベントは、東日本大震災の被災児童自立支援プロジェクト「Support Our Kids」のチャリティ、および野球を通じて日米両国の子どもたちの親睦を目指すという趣旨のもと、実現したイベントです。

開催日:2015/3/21(土・祝)
開場開演: 17:00予定
※オープン戦の終了時刻により時間は変更になる可能性がございますので、予めご了承下さい
会場:東京ドーム

詳細を見る(外部サイトへリンク)

rire-2

チャリティーフェス~絆~2015

開催日時 平成26年4月12日(日)10:00~17:00
開催場所 柏の葉公園

お申込みは下記ランネットのサイトよりどうぞ!

https://runnet.jp/runtes/raceDetail/top/n103354.html

主催   柏創生ライオンズクラブ
協力   一般社団法人ドリームアシストクラブ

イベント内容
気仙沼復興支援ブース
特設ステージライブ
フードブース
各種イベント
 
入場料 無料
アクセス 柏の葉駅より徒歩15分

■チャリティーミュージックフェス~絆~趣旨
われわれ「柏創生ライオンズクラブ」は、2012年~2014年に東日本大震災復興事業として「チャリティーミュージックフェス~絆~」を開催し、たくさんの方のご支援をたまわりこのイベントを成功させることができました。今年度も昨年度以上の気持ち
とパワーで、「チャリティーミュージックフェス絆」を企画・開催して参ります。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

tohoku_marathon

東北風土マラソン&フェスティバル2015

長沼フートピア公園をスタート、ゴールとして、1周約20キロのコースを、桜咲く美しい長沼の景色を楽しみながら走ります。

コース内各所の休憩所では、東北各地の名産品や各酒蔵の仕込み水を提供、フランス・メドックマラソンのような沿道での楽しさを演出します。

東北地方中心に子どもたちの健康増進を目指し「アシックス・トゥモローラン」を同時開催します。

<大会概要>
日程:2015年4月26日(日)
 ※前日(25日):レジストレーションなどの手続き日、オープニング・レセプション
コース:長沼フートピア公園をスタート・ゴール地点としたコース

<種目>
フルマラソン(42.195km) 高校生以上
ハーフマラソン(21km) 高校生以上
アシックス・トゥモローラン3km 中学生・高校生
アシックス・トゥモローラン2km 小学校高学年
アシックス・トゥモローラン1km 小学校低学年
 *アシックス・トゥモローラン1kmは保護者の伴走可

<受付期間>
2014年11月25日(火)正午 ~ 2015年3月22日(日)午後11時59分(先着順)

<大会組織>
主催:東北風土マラソン&フェスティバル2015実行委員会
共催:登米市、南三陸町、登米市教育委員会、一般社団法人登米市観光物産協会、登米市観光推進協議会
協賛:株式会社アシックス、オルビス株式会社、三菱商事株式会社、大塚製薬株式会社、
ロート製薬株式会社、JPモルガン証券株式会社、KNT-CTホールディングス株式会社 ほか

詳細を見る(外部サイトへリンク)

jpf_charity2014

日本プロサッカー選手会 チャリティーサッカー2014

東日本大震災が発生して3年7カ月。1,300日が経ちました。
被災地は少しずつ復興の歩みを進め、その風景を変えつつありますが、現地の状況は私たちの手元に届かなくなってきています。

いま現在も復興への道のりは続いており、たゆまぬ努力で元の生活に限りなく近づいている方達もいれば、まだ苦しい生活を余儀なくされている方達もいらっしゃいます。

被災地の復興の力になりたいというプロサッカー選手達の思いで2011年に始めたJPFAチャリティーサッカーも今年で4回目を迎えます。

昨年の第3回を終え、このままチャリティーサッカーを継続すべきか、他の活動に変更をすべきか選手たちの間でも議論を重ね、被災地にもお伺いし、宮城県庁や仙台市役所でもお話を伺いました。

我々サッカー選手が力になれることは少ないかもしれません。
しかし、子供たちに少しでも笑顔を取り戻すため、このイベントを継続することを決めました。

被災地が元の姿を取り戻すことに少しでも貢献するため、被災地の声や状況を日本全国の皆様に発信していくため、日本プロサッカー選手会は今年も「サッカーの力で日本を元気に!」を合言葉に、チャリティーサッカーを開催します。

東北に足を運び、ふれあい活動、チャリティーマッチを行うことで、被災地の皆様に少しでも元気を届けるとともに、これまでも、これからも復興に向けて歩む被災地の姿を日本国内に届けて行きたいと思います。

開催日
●ふれあい活動“グリーティングDAY”:2014年12月13日(土)
●チャリティーマッチ:2014年12月14日(日)
●ジャストギビング寄付プログラム:2014年11月3日(月・祝)~2015年1月4日(日)
●チャリティーオークション:2014年11月3日(月・祝)~2015年2月中旬(予定)

詳細を見る(外部サイトへリンク)

cialthon2014

東北を 走って、感じて、伝えよう 第2回ウルトラシャルソン、10/31~11/4に開催

走ることを通じてまちを再発見し、人と人とがつながるランニングイベント
「シャルソン」の仕組みを使った東北応援プロジェクトの第2回目!
『ウルトラシャルソン2』開催
沿岸の震災被災地を自由に走る地域発見マラソンを気仙沼〜石巻間で開催します

[日時] 2014年10月31日(金)〜11月4日(火) 一部参加も可能
[場所] 気仙沼〜石巻間の沿岸およびその周辺

・気仙沼〜南三陸〜登米〜石巻 100km超を3日間で走ります。
・各地で出会う地元の方と交流し、また、被災地で活動を続けている方々の講演を聞きます。
・東北の海の幸を地元の方と一緒に堪能します。
・走る目線で震災被災地沿岸を記録し、SNSを使って発信します。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

pic-run

未来への道 1,000km縦断リレー

東京都及び公益財団法人東京都スポーツ文化事業団は、スポーツのチカラで継続的な震災復興を後押しするために、東日本大震災で被災した地域を縦断し、東京まで「たすき」で繋ぐランニング主体のイベント「未来(あした)への道 1000㎞縦断リレー2014」を2014年7月24日(木)~8月7日(木)の15日間にかけて実施いたします。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

marason

いわて銀河100kmチャレンジマラソン

2014年4月28日 (月)

イベントスポーツ岩手

【大会主旨】
本大会は、広く全国から集う競技者にスポーツを通じて『豊かで雄大な岩手の自然環境や恵み』を体感して頂きながら『健康な心と体づくりの推進』に寄与するとともに、郷土色豊かな交流の場を提供し『躍動感・連帯感あふれる地域社会の振興』を目的として開催する。

【会  場】
スタート会場・・・100kmの部・100km駅伝の部 北上総合運動公園北上陸上競技場
50kmの部 沢内バーデン
10kmの部 にこトピアおうしゅく館
ゴール会場・・・雫石総合運動公園

【種  目】
A.100kmの部・男子 B.100kmの部・女子 C.50kmの部・男子 D.50kmの部・女子
E.10kmの部・男子  F.10kmの部・女子  G.100km駅伝の部・男子
H.100km駅伝の部・女子 I.100km駅伝の部・男女混合

【開催日時】
2014年6月8日(日)
100kmの部 スタート…午前4時(制限時間・14時間以内)
50kmの部 スタート…午前10時(制限時間・8時間以内)
10kmの部 スタート・・・正午(制限時間・3時時間以内)
100km駅伝の部 スタート・・・午前4時(制限時間・14時間以内)
※雨天決行、午後6時終了(10kmの部は午後3時終了)

【募集期間】
2013年10月25日(金) ~ 2014年5月7日(水)
【参加資格】
A.国内外を問わず、大会当日、20才以上の健康な方で、ランナーとしてのマナー・ルールを守り、自力走行の出来る方。
B.車椅子の方は参加できない。
C.申込規定に定められた大会参加申込書・誓約書を提出し、主催者が参加を承認した方のみとする。
【参加定員】
100kmの部…1200名 50kmの部…500名 10kmの部・・・300名
100km駅伝の部・・・50チーム(1チーム4~8人/補欠含む、男女混合でも可)

【参加料】
100kmの部…15,000円 50kmの部…13,000円
10kmの部・・・8,000円 100km駅伝の部・・・1チーム70,000円
※ナンバーカード、競技中の飲食、保険料、記念品、前夜祭、入浴券、ゴール後の飲食代を含む。
※アーリーエントリー特典
参加申込をした先着600名の方に、ゴール地点で2,000円のキャッシュバックをする。(100kmの部、50kmの部への参加者のみとする)大会当日、ゴール会場での返金となります。
※定員になり次第締め切ります。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

logoallnew

風とロック芋煮会2014

「風とロック芋煮会2014〜風とロックBASEBALL」2014年9月27日(土)28日(日)郡山総合運動公園 開成山野球場。ミュージシャンと観客の距離が世界で一番近いイベント、風とロック芋煮会。今年はロックと野球の融合。風とロックでしか観ることのできない2日間です。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2017年8月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも公益社団法人「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。公益社団法人として、これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも公益社団法人「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之