.

検索結果:125件/2,860件

UT

ユニクロTシャツ特集|SAVEJAPAN!T-SHIRTS(SAVEJAPAN)

東日本大震災の発生直後から被災地支援を目的に立ちあげられた、エリア別救済支援情報サイトが「SAVE JAPAN!」です。私たちユニクロは、「SAVE JAPAN!」の趣旨に賛同し、同サイトの支援企業であるコンデナスト・グループが発行する雑誌『VOGUE JAPAN』『GQ JAPAN』の呼びかけのもと、世界中のアーティスト、クリエイターの方よりいただいた応援メッセージをTシャツにしました。「SAVE JAPAN!」と名付けたこのTシャツを全世界の店舗で販売した利益、約1億円は、東日本大震災の義援金として日本赤十字社へ寄付いたします。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

Screen Shot 2011-08-05 at 13.28.10

Architecture for Humanity

Architecture for Humanity is collaborating with local design and construction professionals to reconstruct the northern Japan region where the earthquake and tsunami hit on March 11, 2011.
現在、アーキテクチャー・フォー・ヒューマニティ(AfH)は、日本の建築家や建設関係者と共に、2011年3月11日に起こった東日本大震災により被災した地域の復興に向けて動き出しています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

japan_header

Creative Unite for Japan

震災復興に向けて海外広告賞のONE SHOWでも、日本の復興への呼びかけをしています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

110602_Minkoko_1

helpDesignhelp – Design Auction to Aid Japan

ジャパン・チャリティー・デザインオークション
これからの復興のために、デザインができること。

http://helpdesignhelp.fi/

日時:2011年 6月7日(火)
13:00 -17:00 プレビュー、参加申込み受付
17:00 -19:00 オークション
場所:Valkoinen Sali, Aleksanterinkatu 16-18

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-25 2.22.20)

Tiffany&Co.イベント Tiffany supports LOVE&HOPE by Leslie Kee

日本を「第二の祖国」として愛してやまないシンガポール生まれのフォトグラファー、レスリー・キー。未曾有の大震災と津波による被災地へ撮影に訪れた彼が、大好きな日本への“愛と希望”というメッセージを込めて7年間に渡って撮影した世界32カ国のセレブリティ200人のポートレイトを集大成した写真集“LOVE & HOPE”が6月1日にリリースされます。この趣旨に賛同したティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インクはこの写真集を全面的にサポートし、その売り上げの全額を日本赤十字社を通じて被災地復興支援の義援金として寄付することにしました。表紙を飾るのはこのためにレスリー・キー氏が唯一撮り下ろした日本を代表するアーティスト浜崎あゆみです。

会期:2011年5月27日(金)~31日(火)
会場:表参道ヒルズ 本館B3F スペース オー(入場無料)
東京都渋谷区神宮前4-12-10
お問い合わせ先:LOVE & HOPE実行委員会
東京都渋谷区渋谷3-25-10小池ビル2F TEL 03-5468-3760

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-22 22.03.06)

てをつなごう だいさくせん こどもたちにえがおを

現在、東北や北関東で起こっている事は、あまりにもなまやさしいものではないと思います。
そんな中で、ちいさな心をふるわせている子供たちに、いつも愛してもらっているキャラクターたちが手をつなぎ、微笑みかけることで、少しでも笑顔と安心を届けたい。というのがこの「てをつなごう だいさくせん」です。

募金の情報も記載されています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-19 14.51.04)

design311 〜 デザイナーによる復興支援活動のログ〜

デザイナー・クリエイターによる復興支援活動の蓄積・共有を行うサイトdesign311。
掲載する活動や復興支援に関するアイディアを随時募集しています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

image1

「がんばろう!ニッポン」チャリティ田んぼアート

「がんばろう!ニッポン」チャリティ田んぼアートの田植えを行います。コシヒカリや古代米を使って「ダルマ(七転び八起き)」を 描き、米どころ湯沢町全体で東日本大震災の被災地を応援していきます。収穫したお米は、NPO法人新潟NPO協会を通じ、福島県の被災者支援に役立て ていただきます。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-17 12.04.13)

Tomorrow at daybreak

明日、夜明け、田園が白む頃、私は発つ。
そうだろう、あなたは私を待っているんだ。
森を抜けて、山を越えていくよ。
私はもうあなたから離れては生きられないんだ。

Tomorrow at daybreak, when the field are pale,
I will leave. You see, I know that you wait for me.
I will cross the forest, I will cross the hills,
I cannot live far from you any longer.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

main

Beacon of Rebirth Poster Project

復活の狼煙、英語版
On March 11, planet earth took a small breath.A breath which for us was too big and sad stole our towns of color.
It is impossible to fathom just how long it will take before we can start to reminisce ….the hurt too deep to pick up the pieces in unison.with some of our northeastern peers still forbidden from dealing with the fact.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2019年6月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之