.

検索結果:345件/2,860件

スクリーンショット(2011-05-25 2.22.20)

Tiffany&Co.イベント Tiffany supports LOVE&HOPE by Leslie Kee

日本を「第二の祖国」として愛してやまないシンガポール生まれのフォトグラファー、レスリー・キー。未曾有の大震災と津波による被災地へ撮影に訪れた彼が、大好きな日本への“愛と希望”というメッセージを込めて7年間に渡って撮影した世界32カ国のセレブリティ200人のポートレイトを集大成した写真集“LOVE & HOPE”が6月1日にリリースされます。この趣旨に賛同したティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インクはこの写真集を全面的にサポートし、その売り上げの全額を日本赤十字社を通じて被災地復興支援の義援金として寄付することにしました。表紙を飾るのはこのためにレスリー・キー氏が唯一撮り下ろした日本を代表するアーティスト浜崎あゆみです。

会期:2011年5月27日(金)~31日(火)
会場:表参道ヒルズ 本館B3F スペース オー(入場無料)
東京都渋谷区神宮前4-12-10
お問い合わせ先:LOVE & HOPE実行委員会
東京都渋谷区渋谷3-25-10小池ビル2F TEL 03-5468-3760

詳細を見る(外部サイトへリンク)

charity

Iran holds charity for Japan victims

2011年5月19日 (木)

イベント世界中東募金

イランの首都テヘランで、被災者を応援するためのチャリティバザーが開かれました。

イラン在住の日本人女性50人からなるJapanese Women’s Association in Iran、Society for Chemical Weapons Victims Support、そして Paydari Civic Centerによって企画されました。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

街頭から英国の善意/東日本大震災 – 朝日新聞

街頭から英国の善意

英国南西部のセント・オーステルで4月21日、在英邦人らが東日本大震災のチャリティーコンサートを開いた。企画した一人で広島県廿日市市出身の主婦、マーフィー・かすみさん(42)が16日、寄付金を携えて帰国。「今後も息長く支援したい」と意気込んだ。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

10396_ext_03_0

中田英寿氏、タイでの慈善試合で約4300万円の義援金「お金だけではない」

5月17日、「TAKE ACTION in THAILAND」がタイ、バンコク市内のスパチャラサイスタジアムで開催された。

中田英寿氏の率いる「TAKE ACTION チーム」には、前園真聖氏、財前宣之、元オランダ代表のエドガー・ダーヴィッツらが参加。中田氏とダーヴィッツは、2008年に横浜で行われたチャリティーマッチ以来の共演となった。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-20 09.58.23)

Jazz For Japan Official Trailer

Jazz For Japan Official Trailer with some of the jazz musicians who assembled last week at Capitol Studios in Hollywood to record the Jazz for Japan album benefiting earthquake and tsunami victims in Japan.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

i03649121

カキを食べて被災地のカキを応援する「Oyster For Oyster」

2011年5月17日 (火)

イベント食べて応援

カキを食べて被災地のカキを応援する「Oyster For Oyster」 5/26開始
島根県海士町(あまちょう)のカキを買うと、宮城県東松島市のカキ生産者に義援金が届く「Oyster For Oyster」を開始します。
5月26日(木)午後1:30から取り扱いスタート
●Oyster For Oyster概要
1)カキの未来をまもるため、三陸のカキを食べて応援
島根県海士町のカキを義援金付で販売し、集まった義援金を宮城県東松島市「鳴瀬漁協」に所属する大地を守る会生産者の二宮義政さん、義秋さん親子に送ります。
三陸は、全国のカキ生産量の8割を占め、北日本、東日本ほとんどの種ガキを供給していました。三陸の復興を応援することは、日本のカキの未来を作ることにつながります。
全国のカキ生産者の思いをつなげ、消費者はおいしいカキを食べて被災地を応援できる持続可能な復興支援プロジェクトです。
2)鮮度抜群の島根県海士町の岩ガキ
三陸のカキは、秋頃においしくなる真ガキですが、岩ガキは夏場に最盛期になる大型のカキ。
島根県海士町の岩ガキは、栄養豊富なきれいな海で2,3年かけて育てられます。さらに細胞を壊さない「CAS凍結」で、冷凍でも生のような鮮度と食感が楽しめます。
おいしい岩ガキを、三陸のカキ応援につなげるのが「Oyster For Oyster」です。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

無題

フィンランドの義援金贈呈 音楽通じた被災者支援に

在日フィンランド大使館(東京都港区)で16日、東日本大震災の被災者支援のためフィンランドで開かれたチャリティーコンサートに寄せられた義援金の贈呈式が行われ、グスタフソン駐日大使から日本側に約210万円が手渡された。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-16 9.28.09)

熊本県、表参道でニッポン応援イベントを展開

2011年5月16日 (月)

イベント募金熊本

このたび、熊本県は東日本大震災からの復興を応援するイベントを5月14日(土曜日)~27日(金曜日)に原宿表参道一帯で開催致します。本イベントでは、熊本県と商店街振興組合原宿表参道欅(けやき)会がコラボレーションし、熊本県の「花と食」をメインテーマとした企画を展開します。
『オープニングセレモニー概要』
■タイトル:ニッポン応援イベント「美味しくまもと、楽しくまもと in表参道」
■日  時:2011年5月14日(土曜日)
13時00分~13時45分 (報道受付開始は12時30分)
■会 場:表参道ヒルズ大階段(東京都渋谷区神宮前4-12-10)
■主  催:熊本県
■協  力:商店街振興組合原宿表参道欅会
■内  容:蒲島郁夫熊本県知事、八代亜紀さん、赤井勝さんによるトークセッション。ミニ花束のチャリティー配布(東日本大震災被災地への募金活動にご協力くださった方には、トルコギキョウ(花言葉:希望)のミニ花束をプレゼントします。(500束を予定)
■出演者:蒲島郁夫(かばしま いくお) 熊本県知事|八代亜紀(やしろあき) 歌手(熊本県出身)|赤井勝(あかい まさる) 花人

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-15 15.23.34)

日本 / 東日本大震災被災者支援のための「チャリティーコンサート」5月23日開催

この度、PROMPERU(ペルー政府 貿易・観光庁) 日本代表事務所では、ペルー大使館、日本ペルー協会および瀬木貴将氏のご協力を得て、アンデスの民族楽器 サンポーニャとケーナの奏者で「ナスカ展」と「シカン展」のテーマ音楽の作曲家でもある、瀬木貴将氏によるチャリティーコンサートを下記の日程で開催する運びとなりました。
どうぞ皆様、お友達もお誘いになり、万障お繰り合わせの上、奮ってご来場くださいますよう、お願い申し上げます。
■ チャリティーコンサート概要
〔日時〕
2011年5月23日(月曜日) 18:30開場 / 19:00 開演

詳細を見る(外部サイトへリンク)

【アロハ・ヘブン・イン・ハワイ】東日本大震災復興支援チャリティコンサート

東日本大震災復興支援チャリティコンサート

ハワイのトップ・アーティストによる珠玉のハワイアン・ミュージック・オムニバス・アルバム「アロハ・ヘヴン」(ビクター・エンタテインメント株式会社)の発売10周年を記念して、ハワイ初の大規模なコンピレーション音楽イベントの開催が決定致しました。
これまで、ハワイでも実現されなかったこのライヴ・イベントには、アルバム内でフィーチャーされたトップ・アーティスト達が出演を予定しています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

カレンダー

2022年10月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之