.

検索結果:2860件/2,860件

90d8735db562e844f505ae59a61de72c

Dawn in Japan (Fukushima, Miyagi…) for sale

2014年8月21日 (木)

アーティスト写真募金

以下の写真は、「希望」をテーマに、主に東北の東日本大震災の被災地で撮影されたものです。
売り上げの全ては、東北の今、そして「希望」を伝える写真展活動、遺児・孤児支援育英基金への寄付に利用します。

These pictures are all taken in north east of Japan, the site of the disaster, where the great east Japan earth quake was.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

fukusimasusumu

「フクシマ ススム プロジェクト 福島子ども支援NPO助成」2015年助成の募集を開始しました。

2014年8月20日 (水)

企業の取り組み子ども

東日本大震災による被害を受け、福島県に暮らす子どもと福島県から県外に避難して暮らす子どもの生活には大きな変化がおこりました。「フクシマ ススム プロジェクト 福島子ども支援NPO助成」では、子どもの日常を支えることなどを目的に、子どもを支援している非営利活動団体への活動資金の提供を行っています。
このたび、2015年に行われる事業に対する助成の申請受付を開始します。下記に概略をお知らせいたしますが、詳細は必ず募集要項でご確認ください。
申請受付開始にあたり、募集説明会を実施しますので、お近くの方はぜひご参加ください。
多くの皆さまのご応募をお待ちしています。
【募集説明会】
  いわき会場  2014年9月1日(月)午後の部:14:00~ /夜の部:18:30~
いわき市生涯学習プラザ 中会議室                詳細チラシ
  郡山会場   2014年9月4日(木)午後の部:14:00~ /夜の部:18:30~
郡山市民文化センター 第一会議室             

詳細を見る(外部サイトへリンク)

otonoaru

音楽のある東北 TOHOKU WITH THE MUSIC 2014

未曾有の大震災から3年時が経ち、被災地でも少しずつ復興は進んでおります
しかし、一部ではまだまだ多くの”力”を必要としているのも現状です。
そんな今だからこそ、わたしたち近畿日本ツーリストグループでは花いっぱい、
うまいものいっぱい、なつかしさいっぱい、祭りいっぱい、そして歌が
いっぱいにあふれる「東北」の情報を全国にお届けし、お客様ご案内することで
少しでも応援になればと考えております。
好評をいただいた昨年に続き今年も「音楽(おと)のある東北」をテーマとして
第2回「みんなあの時のまま音楽祭」を開催します。
東北を大人の音楽の聖地にしたいと思い、各県のいつまでも変わらない「あの場所」
「あの景色」の中で、今も心に残る「あの歌」を心ゆくまでお楽しみいただきます。
厳選したアーティストと絶好のシュチュエーションはみなさんの「あの時」を思い出
させてくれるでしょう。ぜひ、懐かしいご友人などお誘い合わせてご参加ください。

<音楽祭詳細>
・8/30(土) ひめ風!?×海援隊 山形エリア 蔵王温泉スキー場
・9/6(土) 永井龍雲 秋田エリア 男鹿
・9/27(土) 細坪基佳 青森エリア 五所川原市金木町
・10/4(土) 尾崎亜美 宮城エリア 加美町
・10/11(土) 南佳孝 岩手エリア 盛岡市
・10/25(土) 宇崎竜童 福島エリア 郡山市

詳細を見る(外部サイトへリンク)

aimproject

Action is a message project

2014年8月18日 (月)

学生学習語り部防災

私たちは、東北のために何かしようとしている学生によって構成されています。

東日本大震災のような悲劇をもう起こさないように。
防災・減災意識の向上、そして日本全体のネットワークづくり。

私たちだからできることを一つずつ。

現在も多くの東北の若者が、自分の生まれ育った町を盛り上げようと活動しています。
私たちは、自分たちも自らの体験を話し、外部の方々と東北の若者の窓口となり、東北の活性化にむけて努力していきます。

瓦礫がなくなったら復興ではありません。
元の町に町の人たちが戻り、そこで町の人たちが心から笑うこと。
それが本当の復興ではないでしょうか。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

01

福島応援缶 白桃缶詰

2014年8月15日 (金)

福島食べて応援

福島を応援するために企画された白桃缶詰。
福島県産の白桃缶詰。原料段階で放射性物質の検査済みです

詳細を見る(外部サイトへリンク)

iwate

三陸鉄道 IWATTE

三陸鉄道の応援
ありがとうございます!
あなたの応援/サポートは
私たちにとって
必ず大きな力となるでしょう。

Twitterのアイコンに三陸鉄道IWATTEの
フレームを合成することができます。

三陸鉄道は、たくさんの応援と愛情に支えられ、30周年を迎えることができました。三陸鉄道【IWATTE】では、最新の情報や活動報告などを紹介しています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

ukurere

ウクレレ・チャリティライブ・夏の陣

リメンバー3.11!音楽はチカラだ!

東日本大震災から3年半。しかし、被災地の完全復興にはまだ遠い現実があります。ウクレレ音楽を通じ被災地の心のケアを続けるウクレレサポート協会が、協会の活動に賛同するミュージシャンとともに、被災地の現状をお伝えし、音楽を通じて、継続的な応援の必要性を語ります。一緒に被災地の完全復興への想いを共にし、応援の気持ちをカタチにしませんか。

———————
公演日 2014年8月25日(月)
時間 開場18:30/開演19:30
会場 横浜・サムズアップ
料金 (税込) 前売3,300円/当日3,800円(オーダ別途)
出演 HOOPERS [パニオロ・ヤマウチ(Vo, G), 小板橋博司 (Vo, Perc), ウィリー・ナカオ(Vo,G)]
デイジー☆どぶゆき (Vo, ウクレレ)
fulare_pad [前田大輔(ウクレレ)、清水英之(G)]
お問い合わせ サムズアップ 045-314-8705
チケット発売 発売中
チケット取扱

サムズアップ 045-314-8705
トゥモローハウス 03-5456-9155
主催 ウクレレサポート協会
協力 トゥモローハウス

詳細を見る(外部サイトへリンク)

kaichou-and-children

釜石に桜を植える会

2014年8月11日 (月)

岩手花は咲く釜石

「釜石に桜を植える会」の事業について

【 目 的 】

荒涼とした被災地に桜を植え安らぎの地に変えたい。
故郷釜石が甦るシンボルに桜を植え、未来を託せる資源を
残したいと考え、釜石の海辺に出来る公園や防浪のマウンドに
桜を植えることを目的としています。

悲惨な記憶の場所は、そのままであれば悲しみや苦しみ
そして悲嘆しか残りません。
しかし、そこを安らぎの場所に変えることができれば、
多くの市民に安心を与えることができると確信します。

また、多数の桜の植樹は、花の満開とともに三陸釜石の
新たな名所となり、未来に亘る有望な観光資源となります。
  
何よりも市民に対し郷土釜石の復興を印象付けることが
できるものと考えます。

(釜石に桜を植える会 会長 中川 淳)

【植樹の時期】

海に沿った公園やマウンドが出来る時期に合わせますが
概ね平成27年度を想定しております。
釜石市と協議しながら時期の詳細と場所の選定を決定いたします。

【植樹の本数】

3000本~5000本を予定しています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

nationalfood

商品開発レシピコンテスト

2014年8月7日 (木)

三陸漁業食べて応援

東北復興応援企画、都内飲食店参加の商品開発レシピコンテスト。
東北(水産加工業)・東京(プロ料理人)コラボで東北水産品の魅力を開発!

プロのアイデアで東北水産品の魅力を全国に伝えてください。
最優秀レシピはお店監修商品として三陸のメーカーで商品化します!
あなたのレシピが全国の食卓に。たくさんのご応募お待ちしております。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

10150545_388482581294561_1489679384_n

おのくん

2014年8月6日 (水)

ゆるキャラ宮城東松島

カラフルモンキー「おのくん」は、
宮城県東松島市「小野駅前応急仮設住宅」の人々の、住処であった
東松島の復興を願って生まれた靴下を使って作ったキャラクターです。
「めんどくしぇ」と
ぼやきつつ、1人でも多くの人に東松島に来てほしいという思いが込められています。
               おのくんプロジェクト

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之