.

検索結果:2860件/2,860件

aid-japan

「TRAVEL GUIDE TO AID JAPAN」発売!

2011年7月5日 (火)

報道・レポート外国語

震災で大きなダメージを受けた日本。なかでも観光業は外国人観光客の大幅な減少でひときわ大きなダメージを受けました。被害もなく放射能の怖れのない北海道、関西、九州なども風評により外国人観光客が減少しています。

この状況を打破することを願い、弊社は外国人観光客をターゲットとした新たな観光ガイド「TRAVEL GUIDE TO AID JAPAN」を発売します。

このガイドブックの大きな特徴は、日本を愛する外国人セレブ、文化人の方々に日本のおすすめの場所、建物、お店、行事などを紹介していただく構成となっていることです。

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

donate2

“回転寿司のお皿”で震災日本への寄付を募る

○ 時期:2011年3月
○ 国名:オーストラリア
○ プロジェクト名:Japan Earthquake Appeal
○ 業種:慈善プログラム
○ 概要
テーマ:SUSHI TRAIN
2011年Cannes Lionsでアウトドア部門の銀賞を獲得したプロモーション
■ 背景・課題
2011年3月に起こった東日本大震災に際して、オーストラリア国民から日本赤十字社への寄付金を募ること。
ただし、ありきたりな手法で寄付を促すのではなく、市民が楽しく気軽に寄付ができるアイディアを考案することにより、寄付する層の裾野を広げることが求められた。
■ プロモーション方向性
寄付の対象となる『日本』を直接連想できる場所やモノの代表として日本発祥の回転寿し店を活用することを企図した。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

277082_141849825893288_7814239_n

ワインバンズ 『8/28東北応援大ワインパーティー』

「私たちのワインを飲んで元気になって欲しい!」フランス蔵元の思いが日本に届きました★ 41蔵7,000本の義援ワインによるワインパーティ♪みなさん、たくさんの仲間と一緒にいらしてください!蔵元からのアツイ思いのこもった応援ワインで、楽しい時間を、一緒に過ごしましょう。そして、被災地を応援してほしいのです。

WINE BONDS=ワイン・バンズ (ワインの絆)

『8/28東北応援大ワインパーティー』が決定!

日時|8月28日(日) 17:00~21:00
会費| 4,000円 〔ロゴ入りグラス、1,000円分飲食券込〕

※ 諸経費を除いた売上金は、被災地に送る予定です。
定員|1,000名 (先着限定)
会場 |東京・品川 THE GRAND HALL JR品川駅南口 徒歩3分 http://www.tg-hall.com/contact/
内容41蔵のワイン出展! 20~30の飲食店が出店! |トークショー! 義援ワイン販売|ロゴ入りグラス、Tシャツ、バッジ|義援ワインを使ったワインカクテル実演|日本が19時は、フランスは12時。スカイプでつないで、 日仏同時乾杯予定してます! 
ワインバンズ WINE BONDS HPで http://www.wine-bonds.com/チケット販売中/(お早めに)

詳細を見る(外部サイトへリンク)

Screen shot 2011-07-07 at 04.46.23

U.S Volunteers bring relief to Japan

July 4.
Making a Difference: American volunteers marked Independence Day by helping to reinforce as sense of community among Japan’s struggling survivors. NBC’s Ian William’s report, Nightly News.
7月4日、アメリカの独立記念日を被災地でのボランティアーで過ごしたひとびとがいました。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

0703

福島の夜空に灯籠1000個…山本寛斎さん計画

デザイナーの山本寛斎さん(67)が、震災から半年となる9月11日、福島県相馬市の被災地で巨大な灯籠約1000個を夜空に上げる鎮魂の行事を計画している。

「天灯」と題し、津波被害に遭った沿岸部で行う。竹ひごで骨組みを作った円筒形の灯籠(高さ約1・5メートル、直径約60センチ)の内部に火をともし、熱気球のように上昇させる。空に向けて灯籠流しをするような幻想的な光景になるという。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

G20110703001135110_thum

加山雄三 さだ、ゆずらと震災復興支援コンサート

 俳優で歌手の加山雄三(74)が2日、東京・日本武道館で東日本大震災復興支援コンサートを行った。

 趣旨に賛同したさだまさし(59)ゆずら4組のアーティストが参加。オープニングで代表曲「海・その愛」を全員で合唱するなど計32曲を披露。8500人のファンと被災地へエールを送った。加山は「これからが大変。みんなが若大将という気持ちで協力していこう」と話した。同コンサートの収益の一部を義援金に充てる。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

101

Pray for Japan―世界101ヶ国・地域の友から日本に応援メッセージ―

2011年7月1日 (金)

メッセージ世界

101 for Japan―心を結ぶ言葉―

「世界の声を日本に届けたい!」――私はこの思いを胸に抱いて、世界101ヶ国・地域の友から日本に向けた応援メッセージ、「101 for Japan」のビデオクリップを完成させました。

現在、私が留学している中国北京の大学には、世界170以上の国・地域から学友が集まっており、ひとつの「小さな世界」を作り出しています。彼らは3月11日の「東日本大­震災」から、私が日本人ということで、何度となく家族や友人の安否を気遣ってくれ、東北の被災地に暮らす方々に気持ちを寄せてくれました。

幸運にも私の実家は東京にあり、近しい知人や友人にも地震による被害はありません。しかし私は一人の日本人として、彼らがかけてくれた温かい言葉の数々がどれほど嬉しかっ­たか、世界から日本に向けられた思いに深く心を打たれました。

私は震災後から、「自分は日本のために一体何が出来るのか」と自身に問いかけ続けていました。私は一学生であり、社会的な力もありません。しかし同じ地球の中で誰もがそこ­にいてありえたと思うと、私はこの震災に対して、ただの傍観者ではいられませんでした。そして自分のいるこの場所から、日本に与えられた試練に挑戦をしたいと願い、5月初­旬から開始したのがこのビデオクリップの作成でした。

このビデオクリップは個人の単位で、日本と世界との絆を一つの形にしたものでもあります。メッセージのほとんどは彼らの母国語であり、多くの意味は理解できないと思います­が、彼らの声と笑顔からその心を感じてください。
被災地の方々の健康と幸福、さらに早期復興を心から祈って。

2011.6.30
Nobu

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-07-01 12.23.31)

『東日本大震災 写真保存プロジェクト』×セカイカメラ

2011年7月1日 (金)

IT企業の取り組み写真

頓智ドット株式会社(本社:東京都新宿区、CEO:井口尊仁、以下“頓智・”)は、ヤフー株式会社が提供する『東日本大震災 写真保存プロジェクト』(※1)に賛同し、プロジェクトに寄せられた1万枚以上の写真、大好きだった街並み、思い出の風景、記念写真、被災時の状況や復興に向かっていく姿などを、『撮影されたその場所』付近でセカイカメラをかざすことによって、『今』の景色と共にご覧いただける機能を公開しました。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-06-29 19.40.59)

ドリカム、被災地4県で無料ライブ開催へ

人気ユニット・DREAMS COME TRUEが8月19~21日の3日間、東日本大震災の被災地、岩手・宮城・福島・茨城の4県で無料のアコースティックライブを行うことがわかった。これまで、「何度でも」の着うたフル無料配信、ポジティブな歌詞の楽曲を集めた復興支援ベスト盤『THE SOUL FOR THE PEOPLE ~東日本大震災支援ベストアルバム~』(29日発売)から得られるアーティスト収益を被災地へ全額寄付し続けることを表明していたドリカムが、今度は直接歌の力を届けにいく。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

TKY201107010155

富士山頂で「がんばれ東北」 3兄弟、山開きで祈る

2011年7月1日 (金)

報道・レポート祈り

富士山(標高3776メートル)で1日、山開きがあった。山頂は濃霧だったが、午前4時半過ぎに空が明るくなると、登山客らは万歳で夜明けを祝った。栃木県から来た山口敬志(たかし)さん(30)、哲也さん(27)、雅人さん(23)の3兄弟は「がんばれ東北」と書かれたそろいのTシャツ姿で手を合わせた。雅人さんが勤め先の茨城県で被災し、「東北に祈りを捧げよう」と1カ月前に登頂を決めた。敬志さんは「ご来光は仰げなかったけど、祈りを伝えることが目的だったので達成感があります」と話した。(板垣麻衣子)

詳細を見る(外部サイトへリンク)

カレンダー

2022年12月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之