.

検索結果:22件/2,860件

christmasballet2014

復興支援チャリティイベント NBAバレエ団くるみ割り人形ご招待

クリスマスはご家族ですてきな夢を―― 子どもから大人まで楽しめるファンタジーバレエの傑作
本物の芸術にふれる体験を通して、子どもたちの豊かな情操を育てたい。そんな思いからリソー教育グループは毎年、子どもたちを招待してバレエ公演を開催しています。今年のクリスマス公演は、チャイコフスキーの『くるみ割り人形』。初演から100年以上を経ていまなお多くの人々を魅了する名作をご家族揃ってお楽しみください。

日時:2014年12月25日(木) 14:30 開場/15:00 開演
場所:ゆうぽうとホール
●東急池上線「大崎広小路駅」徒歩約1分
●都営地下鉄・JR「五反田駅」西口徒歩約5分
●JR「大崎駅」西口徒歩約7分

監督・音楽など
芸術監督・振付:久保 紘一    舞台監督:千葉 翔太郎
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
指揮:榊原 徹  演奏:東京劇場管弦楽団

お楽しみイベント:豪華クリスマスプレゼントが当たるプレゼント抽選会
対象:新年中児~高校生とそのご家族(4歳からご入場できます)
申込締切 :2014年12月17日(水)
当選発表 :応募者多数の場合は抽選とし、チケット引換券の発送をもって当選発表とします。

お願い
東日本大震災復興支援チャリティ募金にご協力お願いします。
※お一人様500円のご協力をお願いします。
 皆様からのチャリティ募金は全額、被災地に寄付させていただきます。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

jpf_charity2014

日本プロサッカー選手会 チャリティーサッカー2014

東日本大震災が発生して3年7カ月。1,300日が経ちました。
被災地は少しずつ復興の歩みを進め、その風景を変えつつありますが、現地の状況は私たちの手元に届かなくなってきています。

いま現在も復興への道のりは続いており、たゆまぬ努力で元の生活に限りなく近づいている方達もいれば、まだ苦しい生活を余儀なくされている方達もいらっしゃいます。

被災地の復興の力になりたいというプロサッカー選手達の思いで2011年に始めたJPFAチャリティーサッカーも今年で4回目を迎えます。

昨年の第3回を終え、このままチャリティーサッカーを継続すべきか、他の活動に変更をすべきか選手たちの間でも議論を重ね、被災地にもお伺いし、宮城県庁や仙台市役所でもお話を伺いました。

我々サッカー選手が力になれることは少ないかもしれません。
しかし、子供たちに少しでも笑顔を取り戻すため、このイベントを継続することを決めました。

被災地が元の姿を取り戻すことに少しでも貢献するため、被災地の声や状況を日本全国の皆様に発信していくため、日本プロサッカー選手会は今年も「サッカーの力で日本を元気に!」を合言葉に、チャリティーサッカーを開催します。

東北に足を運び、ふれあい活動、チャリティーマッチを行うことで、被災地の皆様に少しでも元気を届けるとともに、これまでも、これからも復興に向けて歩む被災地の姿を日本国内に届けて行きたいと思います。

開催日
●ふれあい活動“グリーティングDAY”:2014年12月13日(土)
●チャリティーマッチ:2014年12月14日(日)
●ジャストギビング寄付プログラム:2014年11月3日(月・祝)~2015年1月4日(日)
●チャリティーオークション:2014年11月3日(月・祝)~2015年2月中旬(予定)

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2014年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之