.

検索結果:3件/2,860件

スクリーンショット 2013-03-14 22.18.22

一般社団法人 被災地応援だんじり曳行プロジェクト

2013年3月14日 (木)

イベント支援団体祭り

当法人は、人びとの参加するだんじり曳行によって、被災地応援のための自発的参加を
促すことを目的とし、その目的に資するため、次の事業を行う。
(1)だんじりを通じて自発的に参加する国民意識の涵養を図る事業
(2)だんじり曳行への自発的参加を促す事業
(3)だんじり曳行への自発的参加を募集する事業
(4)前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業
「曳き綱を絆に」をスローガンに、だんじり曳行イベントを行うことで岸和田~東日本被災地までの参加者と各地域の人達の交流を促進しボランティアの復興に寄与する。

★3月16・17日 岩手県 陸中山田にて
イベント参加・だんじり曳行
その後暫く陸中山田の各仮設住宅に展示させて頂きにまわります。
上記の予定以外土・日曜日に宮城県名取市での「ゲンキ祭り」を計画中

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット 2013-03-14 22.07.44

TASAKI Online チャリティープロジェクト “MAGOKORO JAPAN” 2013

人の気持ち、まごころを大切にしたい―神戸での震災も経験したTASAKI だからこそ、今被災地で復興に向けて頑張って いらっしゃる全ての方々を応援したい、”まごころ”を届けたいという思いがあります。 「TASAKIチャリティープロジェクト”MAGOKORO JAPAN”(まごころ JAPAN)」を通して、被災者の方々にエール を送って参ります。2013年は、マザーオブパール(真珠の母貝)のハートが、シルバーのパールを抱くペンダ ント。母親が見守る子供への想い、また二つのハートが寄り添い一つになる、強い愛と絆を表現しています。

-発売日:3 月 11 日 ~ 無くなり次第終了

-商品詳細:PK16044 シルバー・マザーオブパール(母貝) 価格:12,000 円(消費税込)

-取扱い店舗: TASAKI ONLINE SHOP

この売上の全額は、震災の被害にあった子どもたち自らが選択した進路や希望を実現できるよう、さまざまな分野でプロ集団が個別に担当者となり、継続的な支援をしていくことを目的に発足された、一般社団法人3.11震災孤児遺児文化・スポーツ支援機構(3.11塾)に寄付されます。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット 2013-03-14 22.01.52

特別非営利活動法人 吉里吉里国

2013年3月14日 (木)

支援団体

吉里吉里国 復活の薪は、復活の薪 第2章へ向けて吉里吉里国では現在立ち枯れ木を中心とした木の間伐作業を日々行っております。
当初2012年秋口には薪を生産を開始後・販売を行う予定でおりましたが、しかしながら、思った以上に乾燥が進まず、皆様のお手元へお届けするのにもうしばらくのお時間を頂いております。私たちは完全乾燥の良い薪の生産を目指しております。吉里吉里国は子供の代まで自然と共に生き、薪の生産を行ってまいります。

現在予定としましては来年(2013年)の春ごろの出荷を予定しております。
数多くのお問い合わせを頂きありがとうございます。どうか引き続き温かく見守ってくださいますよう、ご理解の程、よろしくお願い致します。
平成24年4月より、吉里吉里国の会員募集を開始しております。吉里吉里国の活動にご賛同頂ける方は宜しくお願い致します。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2013年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之