.

検索結果:44件/2,860件

二本松

「屋内の大地」プロジェクト

2012年1月23日 (月)

元気

福島県二本松市の空き店舗化の拡大は,震災以前から問題とされている.行政による支援などによって幾つかのコミュニティスペースが提案・運営されているなか,継続的な活動として地元に定着するものは少ないといえる.震災以後には地震による被害と放射能汚染の問題から,空き店舗化には拍車がかかることが危惧されている.そのような震災以後の二本松市の現状を把握した上で,こどもが安全に安心して過ごすことができる屋内の公園を提案する.

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

Love_from_Paris_220-64e54[1]

パリ・オペラ座のトップダンサーが東北へ

世界で最も格調高いとされるバレエ団、パリ・オペラ座バレエ団のトップ・ダンサー10人が、エトワール・ダンサー、バンジャマン・ペッシュを芸術監督として1月28日から2月2日まで東京で公演を行います。『Love from paris エトワール フランスバレエのエレガンス』と題し、日本のバレエ・ファンにパリ・オペラ座バレエ団のレパートリーの広さとダンサーの豊かな才能を披露します。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット 2012-01-22 20.44.14

スマイルとうほくプロジェクト(東北3県の新聞社による共同プロジェクト)

2012年1月22日 (日)

イベント報道・レポート

それは、東北に笑顔を広げ、その笑顔を日本中に届けるプロジェクト。

「スマイルとうほくプロジェクト」とは、東北の3つの新聞社、岩手日報、河北新報、福島民報が手を取りあって、被災地に笑顔を広げ、日本中に東北の元気を発信していく運動です。

それはまず、福島からはじまりました。その名も、「スマイルふくしま」。2011年6月、全国から参加者を募り、福島県内の5カ所にヒマワリの種をまき、最大で直径50メートルにもなるフラワーアートを作りました。

そして今年、2012年、様々な方の協力を得て、スマイルプロジェクトは拡大。「スマイルいわて」「スマイルみやぎ」が誕生し、3県にまたがる合同のプロジェクトに成長しました。

「県民に笑顔を広げる」というコンセプトのもと、その活動も、花を咲かせる運動はもちろん、フィンランドからサンタを呼んだり、写真とメッセージを全国から募集するなど、幅広い運動に発展。東北の方々に笑顔を広げるために活動していこうと考えています。

ぜひ、あなたも「スマイルとうほくプロジェクト」に参加して、東北に笑顔を、そして元気を届けてください。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット 2012-01-21 18.31.16

KISS THE HEART

このたび、(株)三越伊勢丹はアートフェアTOKYO FRONTLINEと恊働で、東京のアートの春の開幕を告げるショーウィンドウアート展「KISS THE HEART」を開催します。東日本大震災は多くの人々の命、生活を奪いました。それは、災害の域を超え、われわれがどう生きるのか。何を創るのか。未来への大きな問いを突きつけています。私たちは、アートには社会を動かす力があると信じています。アートを通じ、私たちは人間の力の復興を考え続けます。

「KISS THE HEART」は、2012年から始まる今までにないスタイルのアート支援プログラムです。(株)三越伊勢丹が主催となり、TOKYO FRONTLINEによるプロデュースのもと、アートを通じて復興支援を継続的に行う社会貢献事業です。新宿・日本橋・銀座のショーウィンドウを発表の場とし、2012年2月1日- 28日までの一ヶ月間展示を行います。東日本大震災復興をアーティストたちがどのようにとらえたか。出展作品は、「イマジネーションの力」をテーマとする新作を中心に発表します。
また、3月4 日(日)には、三越銀座店9Fにて、オークションを実施。売り上げ金は全額東北において「アートとこども」をテーマに活動する「こども芸術の家プロジェクト」に寄付されます。

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット 2012-01-20 19.59.22

「ガンバッペ!宮城の子どもたち応援チャリティ・ギャッベ展」

「家族の絆」を紡ぐ絨毯を買って東日本大震災で被災した保育所に勇気と希望を贈ろう!

 

2012年1月21日(土)〜1月29日(日)

土日11時〜18時 平日13時〜20時

 

ギャッベの売り上げ金の10%は、国際子ども教育基金を通して、東日本大震災で被災した保育所の支援に使わせていただきます。具体的な支援活動としては、再スタートした仮設のプレハブ園舎の無味乾燥な壁を心躍る絵や色彩デザインで、夢のある空間に変えるプロジェクトを予定しています。アートの力で、子どもたちや先生を応援していきます。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-11 12.28.23)

i地震

2012年1月20日 (金)

企業の取り組み防災

i地震 – iPhone地震計,いつでもどこでも測って見よう

★ i地震 とは
(アイジシン)はあなたのiPhoneを本格的な地震計に変身させる無料のアプリケーションです.には多機能な解析機能も付いており,地震波形をすぐにグラフで見たり,やさしい波形解析もできます.測定結果を公開webサイトにアップロードすれば,いま測った地震の最大加速度と震度を世界中に公開できます.だれでも,どこでも,いつでも地震観測することができ,それを皆で共有できます.
また,加速度を測定する実験用ツールとしても使えます.

* i地震アプリケーションは独立行政法人防災科学技術研究所と白山工業株式会社とが共同で開発し維持しています。

★ 特 徴
はiPhoneのもつ地震計としての能力を最大限に引き出しています.そして,解析モードで振動のようすを詳しく見たり,解析したりすることもできます.
はiPhoneに搭載されている加速度センサーを利用して,あなたが設定した加速度レベルを超えた振動を,100分の1秒毎に正確なタイムスタンプ付きデータとして記録します.時刻は外部のNTPサーバーと同期させています.
設定した加速度レベルを一定時間下回ると,プログラムが地震の終了を判断して自動的に測定を停止し,それまでのデータを保存します.
保存データは波形ビューアを使ってその場でグラフ表示することができます.このほかビューアには震度表示やパワースペクトル表示,速度・変位表示といった解析機能も充実しています.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

egao

笑顔の展覧会

2012年1月19日 (木)

イベントメッセージ

被災地の子どもたちが、笑顔で元気になって欲しいと願う「笑顔の展覧会」は、
全国の老若男女が描いた絵やメッセージを、
タコ糸に吊るして展示する「心の展覧会」です。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

teamsmile

TEAM SMILE!

笑っているとき、人は、下を向いてない。
エンタテイメントには、ほんの少しだけど、
人を笑顔にする力がある。
私たちは、そう信じている。

いまこそ、すべての人に、感動のライフラインを。
私たちは、ぴあらしく、ぴあにしかできないことで、これからのために動き始めます。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

smile

福島の子どもたちに笑顔をプロジェクト

2012年1月19日 (木)

子ども希望笑顔音楽

未来をになう子ども達には、いっぱい笑っていてほしい。その想いだけでこのCDをつくりました。
子ども達といっしょに。

相双地区の幼稚園から高校まで全22校が参加した元気溢れる音楽たち

いつか みんながおとなになって、2011ねんをふりかえったときに。
かなしいことや くるしいこともあったけど、こんなたのしいおもいでもあったよね。
そんなふうにおもいだしてもらえたなら
とっても とっても しあわせです。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット 2012-01-16 21.01.15

kizuna311「前を向くカレンダー」 2012年1月下旬発売します!

2012年1月16日 (月)

kizuna311メッセージ

あなたが1枚めくると、被災地でも誰かが1枚めくる。
ふと目にする「言葉」で、その日が前向きになる。

東日本大震災から月日は流れ、丸1年を迎えようとしています。
私たちは、「kizuna311」というWebサイトを立ち上げ、
どうやって被災者の皆さんと寄り添えるかを模索して参りました。
そこで2012年3月の1年目を見据えて、新しい企画を立ち上げました。
それが、「前を向くカレンダー」です。
この困難に遭遇し、それでも前を向いて歩いて行こうという強い想いを、
皆さんに言葉にしていただき、3日めくりカレンダーという形にしました。
このカレンダーは3月12日から始まります。
一年経った後にもう一度気持ちを一つにし、新しい復興の2年目を共有するのです。
カレンダーは1冊購入して頂くともう1冊を被災地に配布します。
被災地と他の地域の方々が、同じ思いで日めくりを見つめるのです。
皆さんにとってこの1年が、前へ向かう新たな1年になりますように。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2012年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之