.

検索結果:21件/2,860件

スクリーンショット(2011-05-03 21.31.27)

Action For Japan Project

私たちは、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震を受け、プロジェクト チームを立ち上げました。被災地や避難所から「毛布が欲しい」「お金が必要」「おなかがすいた」と訴えられ ても、残念ながら私たちには大した協力ができません。そこで、「自分たちにできること」を、「継続的に」行うことを決めました。救援物資・資金援助・食料支援が早急に必要であることを理解した上で、私たちは音 楽・アート・リラクセーション・理美容・あそびなどを活用したプロジェクトを始動 させ、被災地や避難所のニーズに合わせた活動をしてまいります。被災した方々の精神的ショックが少しでも和らぐことを願い、物理的支援では補いき れないメンタル面のサポートを目指したいと思います。このプロジェクトは自らが得意とする手法を最大限に活用して、個人・団体・店舗な どがアライアンスを組んで進めてまいります。また、参加するスタッフも自分らしい方法で参加できるようになっております。普段通りの生活に、ほんの少しの『ACTION』を!2011年3月15日 NPO法人Ubdobe 代表理事 岡勇樹

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2019年10月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之