.

検索結果:44件/2,860件

上を向いて遊ぼう

上を向いて遊ぼう!笠間で夏休み

福島県の子どもたちと楽しい夏休みを。2012年も準備を進めています。
東日本大震災による福島第一原子力発電所放射能汚染の影響により、外で自由に遊ぶことができなくなってしまった福島の子どもたちを対象に、笠間に招待し外で自由に遊ぶことや様々な体験をしてもらい、夏の思い出づくりと震災によるストレス発散を目的としています。 また、遊びの提供だけでなく、笠間の特性を生かし、市民ボランティアとの連携により、笠間ならではのモノ作りや自然、歴史を楽しんでもらい、単なる遊びの場となるだけでなく、笠間のまちの人達も含めて将来的に繋がりを持てる関係となることも期待しています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

岩井俊二

復興支援ソング「花は咲く」

NHKでは、被災地の復興を応援するテーマソング「花は咲く」の放送を開始しています。作曲・作詞、そして歌唱を、被災県出身の方、またはその地域にゆかりの深い方にお願いしています。著作権料は義援金として、被災地に届けられます。

  • 放送期間:2012年5月19日(土)~2012年7月21日(土)
  • 放送時間:総合/毎週土曜日/午前11:20~
  • 備考:以下の2地域については、別時間での放送になります。
    • ◆近畿地方 総合/毎週月曜日/午後4:50~
    • ◆中国地方 総合/毎週土曜日/午後0:40~
  • その他 BSでの放送もあります。
  • http://www.nhk.or.jp/

詳細を見る(外部サイトへリンク)

6647

みなとみらいで被災地支援-写真洗浄ボランティア「MM思い出返し隊」

2012年1月2日 (月)

元気支援団体

東日本大震災による津波で流されたアルバムや写真を洗浄して、持ち主に返すボランティア活動「MM(みなとみらい)思い出返し隊」が、三菱重工横浜ビル(横浜市西区みなとみらい)で継続的に行われている。2011年8月より始まったこの活動は、三菱重工に勤務する竹中麻希子さんの発案。きっかけは、竹中さんが7月に、岩手県山田町でボランティア活動に参加した際に、家屋のがれき撤去作業をする予定だったが、悪天候で屋内で写真洗浄を行ったこと。「この活動なら、写真を神奈川に送れば、被災地に行かなくても支援ができるのでは」と思い、会社に提案し、同社のCSR活動の一環として、ビル内のスペースの提供を受けることができた。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

merry

Merry Smile Action 被災地に復興の笑顔と応援メッセージを届けよう

この度の東日本大震災の被害を受けられた地域の皆様に心からお見舞い申し上げると共に、お亡くなりになられた方々に心よりご哀悼の意を表します。
被害にあわれた皆様の生活が一刻も早く復興されますよう、お祈り申し上げます。
MERRY PROJECTは被災された方々を勇気づけることを目的に、笑顔を通じて被災地に復興への希望を届けます。

中国四川大地震、スマトラ島沖地震、阪神・淡路大震災という、大きな絶望を乗り越えてきた子どもたちの笑顔が印刷されているMERRY CARD(ポストカード)に、被災者の方々へ応援メッセージを書いていただき、復興への希望を被災地に届けます。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

2ありがとう
スクリーンショット(2011-05-13 7.52.38)

We Pray For You -55 Youtubers Edition -Japan/ US Tornado Tribute (Original song)

http://clicktotweet.com/FP0ba -TWEET! - http://bit.ly/WePrayForYouiTunes -This song on iTunes!!-
Or Amazon- http://amzn.to/WePray4YouAMAZONmp3
Proceeds go to the Japan redcross to benefit disaster victims of Japan’s Earthquake/Tsunami and to the American redcross for the victims of recent tornadoes in the southern United States. #WePrayForYou
We Pray For You T-SHIRTS to support Japan and southern USA:
http://weprayforyou.spreadshirt.com —USA/Asia
http://weprayforyou.spreadshirt.net — Europe

Business Inquiries ONLY: JRicebooking.gmail.com

Music by J Rice   Words by J Rice & Brett McLaughlin

Join in and RECORD YOUR OWN COVER of this song.
Here’s the INSTRUMENTAL –
http://bit.ly/WPFYinstrumentalFREEmp3

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-11 10.22.21)

Japanese Tsunami Refugees Start Anew in Brazil

女川で被災したブラジルの方が帰国、サンパウロで新しい生活を。

A family of Japanese-Brazilians who had their homes wiped away by the massive March 11 tsunami are now trying to rebuild their lives in Brazil. Luckier than tens of thousands of other tsunami refugees who are still living in shelters, the family were bought back to their birth country by Brazil’s foreign ministry.
When Roseli Takashi and her sister-in-law, Mary Takashi, heard the tsunami alerts in the northeastern city of Onagawa on March 11, they raced out of their homes with their daughters in time to save themselves. But their homes were not spared.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-01 08.04.20)

あなたの500円が、被災地の子どもの新しい一歩になる。

2011年4月25日 (月)

元気募金子ども

下北沢発:シンデレラ・プロジェクトに、ご協力をお願いします。
このプロジェクトは被災地でボランティア活動をしているスタッフから「子ども用の靴と靴下が必要です!」とのSOSから始まりました。靴下はメーカーさんが対応されるでしょう。しかし靴はサイズなど一人ひとりに合ったものが必要です。今回の靴をプレゼントするプロジェクトから始まり、復興の段階においてその時に必要な物を届ける末長い支援を続けます。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

ピクチャ 4

TEAM NIPPON

日本はいま、ひとつのチームになる。アスリートが呼びかけ、賛同する人たちが一丸となって日本の内外から被災地を応援するプロジェクト。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-10-20 3.58.33)

スガ シカオ / 復興支援スタジオLive「Progress」

スガ シカオ オフィシャルブログ「コノユビトマレ」Presents復興支援スタジオLive

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2018年11月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之