.

検索結果:321件/2,860件

スクリーンショット(2011-05-09 18.25.53)

元Jリーガーのブラジル代表・フッキから日本の被災者の方へメッセージ

2011年3月14日 ポルトガルリーグ ポルト vs ウニオン・レイリア

フッキはゴール後、ユニフォームを脱ぐとイエローカードが出されるにも関わらず、ユニフォームをめくり上げシャツをTVカメラに見せた。
そこには「日本、私の心は泣いている。我々は皆さんとともにある。ともに戦おう」という東日本大震災の被災者の方へのメッセージがプリントされていた。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-07 16.59.36)

ガンバロー日本!

今回の東日本巨大地震でお亡くなりになった方々に、謹んでご冥福をお祈りすると共に、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

我々は、日本から遠く離れたガーナにて、TVから流れる映像に驚愕すると共に、あまりの悲惨さに心が痛む想いです。

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-09 16.48.06)

「上を向いて歩こう」~ペルーより被災地の方へ応援のメッセージdonnguri

ペルーの日系人協会で活動している「どんぐりクラブ」の子どもたちとボランティアから被災地の方へ応援のメッセージです。地球の反対側から日本を応援しています!
「どんぐりクラブ」は日本からペルーに移り住んだ子どもたちが日本語と日本の文化を忘れないために、毎月ボランティアの人たちと楽しく活動しています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-07 16.40.25)

希望をもって頑張って!!JAPAN.AVI

ガーナ共和国のアフィフェ村の子どもたちから日本の皆様へ歌で応援します。日本人との出会いで、日本の事を知った子どもたち。日本の国旗(日の丸)もみんなで協力して作り­ました。子どもたちも心から、皆様が、明日へ希望を持って進むことを願っています。
子どもたちの大好きな(おおきなうた)で応援します。頑張ってください。私もこのガーナの地で子どもたちに今できることを頑張って行っていきます。大好きな日本へ。アフィ­フェ村デバインアカデミースクール(クラス1・クラス3・クラス4)with TOSHIKO

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-07 16.38.19)

子どもたちも心から応援しています!!JAPAN.AVI

日本とガーナの時差を子どもたちは知りました。自分たちがお昼の時には夜になる日本。今日も日本の皆様にメッセージを送りたい!!頑張ってほしい!!と言ってきました。遠­く離れた日本に子どもたちの思いを送ります。子どもたち、本当に日本が大好きです。大好きな日本、頑張って!!

詳細を見る(外部サイトへリンク)

イギリスから救援物資 日本に「命の箱」

イギリスから救援物資 日本に「命の箱」

東日本大震災の被災地へは、世界各国から支援が相次いでいる。イギリスでは、家を失った被災者のためにコンロやテントなどをひとまとめにした「シェルターボックス」が日本に送られた。シェルターボックスは、スマトラ大地震など、各地の災害で被災者を支えたという。イギリス西部のコンウォール地方にある倉庫では、東日本大震災の被災地を救うため、ある箱の出荷準備が急ピッチで進められている。倉庫には、緑色の箱が200個並んでいるということだが、この箱は日本に向けて出発するという。地震や津波といった自然災害の被害から被災者を救うという「シェルターボックス」は、家を失った被災者が生きていくために必要なものが詰め込まれた命の箱だという。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-06 13.48.16)

Ethiopia should offer assistance to Japan ; It is the right thing to do

エチオピアも早く被災者に手を述べようというニュース。

Ethiopia still not offering assistance, number of countries offering help 114 (as of March 16) including these from Africa: Algeria, Botswana, Djibouti, Gabon, Morocco, Rwanda, South Africa, Tunisia MoFA

Ethiopia should offer assistance to Japan ; It is the right thing to do

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

A whirlpool is seen near Oarai City, Ibaraki Prefecture, northeastern Japan

Florida State experts discuss disaster in Japan

2011年3月16日 (水)

世界北米学校英語

Florida State University’s internationally recognized faculty researchers are sharing their expertise with national and international media on a variety of topics related to the earthquake and tsunami in Japan. In outlets ranging from CNN to The New York Times, these experts are discussing the potential dangers at Japan’s nuclear facilities, the physical processes that underlie the formation of a tsunami, the challenges that the public health sector faces in the coming days and weeks, the economic impact of the disaster, and how religion figures in to the way the Japanese people react and deal with a disaster of this magnitude.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-06 12.31.59)

Uganda Red Cross identifies with Japanese Red Cross

ウガンダ赤十字から応援のメッセージ。

Uganda Red Cross Society (URCS) identifies with its sister National Society, Japanese Red Cross (JRCS)·as they work tireless to reach and support thousands of people affected by the earthquake and tsunami.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-15 12.09.58)

ベネズエラ農民からのメッセージ

2011年3月16日 (水)

世界中南米

私達の愛する日本で起きたことを心からお見舞い申し上げます。また、これ以上の惨事が起きないように祈っています。日本の兄弟の皆様及び自然に放射能汚染が及ばないように望んでいます。

2011年3月16日

ベネズエラ農民組織代表(国会議員) ブラウリオ・アルバレス

 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2019年3月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之