.

検索結果:10件/2,860件

スクリーンショット(2011-07-18 7.05.08)

サッカー・日本、米国倒し初優勝

2011年7月18日 (月)

サッカー報道・レポート

サッカー女子W杯決勝で、米国に勝ち、喜ぶなでしこジャパン。五輪3度、W杯6度目の出場で念願の世界一。日本のスポーツ史を塗り替える偉業を遂げた=17日、ドイツ・フランクフルト

詳細を見る(外部サイトへリンク)

ピクチャ 1

なでしこジャパン スウェーデンを破り決勝進出、女子サッカーW杯

【7月14日 AFP】女子サッカーW杯ドイツ大会(FIFA Women’s World Cup 2011)は13日、準決勝の2試合が行われ、日本は3-1でスウェーデンに勝利し、初の決勝進出を決めた。世界ランキング4位の日本は、世界ランキング1位で3度目のW杯制覇を目指す米国と17日の決勝で対戦する。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

20110628-00000303-soccerk-000-0-view

FIFA公式サイト「日本はサッカーファミリーの支援に感謝を示した」

なでしこジャパンは、27日に行われた女子ワールドカップ、グループBでニュージーランドと対戦し、2−1で初戦を飾った。

試合の前後、なでしこジャパンの選手たちは、「To Our Friends Around the World, Thank you for Your Support(世界中の友人たちへ、サポートをありがとう)」と書かれたフラッグを掲げ、会場を一周。3月11日に発生した東日本大震災を支援するために立ち上がった世界中のサッカー関係者とファンへ向けて感謝のメッセージを送った。

FIFAの公式サイトもこの様子を取り上げ、「日本はサッカーファミリーの支援に感謝を示した」と報じている。

震災発生後、FIFA(国際サッカー連盟)やUEFA(欧州サッカー連盟)などの機関はもちろん、世界各国のサッカークラブが喪章をつけてプレーし、メッセージを送るなど、日本への支援を表明。特に女子ワールドカップの開催国であるドイツのブンデスリーガには日本人選手も多数在籍。復興支援チャリティーマッチの開催など、日本への支援に積極的に乗り出していた。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-27 12.44.06)

サッカー日本代表 キリングループCM 「思いは、プレーに」

「You’ll Never Walk Alone。キリンビールは、サッカー日本代表とともに、日本の震災復興を応援します」60秒編
http://www.kirinholdings.co.jp/csr/soccer/index.html
キリンカップ アルゼンチン戦
監督アルベルトザッケローニ Alberto ZACCHERONI GK 川島永嗣(リールセSK)/西川周作(サンフレッチェ広島)/権田修一(FC東京)DF 田中マルクス闘莉王(名古屋グランパス)/駒野友一(ジュビロ磐田)/栗原勇蔵(横浜F ・マリノス)/伊野波雅彦(鹿島アントラーズ)/長友佑都(ACチェゼーナ)/槙野智章(サンフレッチェ広島)/内田篤人(FCシャルケ04) MF 遠藤保仁(ガンバ大阪)/中村憲剛(川崎フロンターレ)/阿部勇樹(レスター・シティー)/今野泰幸(FC東京)/長谷部誠(VfLヴォルフスブルク)/本田拓也(清水エスパルス)/細貝萌(浦和レッズ)FW 松井 大輔(FCトム・トムスク)/前田 遼一(ジュビロ磐田)/関口 訓充(ベガルタ仙台) /岡崎 慎司(清水エスパルス)/本田 圭佑(CSKAモスクワ)/森本 貴幸(カターニャ) /金崎 夢生(名古屋グランパス)/香川 真司(ボルシア・ドルトムント) http://samuraiblue.jp/

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-24 09.41.24)

UNDP親善大使、マルタ・ビエイラ・ダ・シルバ-選手からのメッセージ

3月11日に発生した東日本大震災で被災された方々に対して、国連開発計画(UNDP)親善大使で、女子サッカー、ブラジル代表のマルタ・ビエイラ・ダ・シルバ-選手からメッセージが寄せられました。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-24 09.37.55)

UNDP親善大使、イケル・カシージャス選手からのメッセージ

3月11日に発生した東日本大震災で被災された方々に対して、UNDP親善大使で、
サッカースペイン代表のイケル・カシージャス選手からメッセージが寄せられました。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-09 18.23.26)
スクリーンショット(2011-05-09 18.19.33)

ジーコ、アルシンド氏らブラジルから“ガンバッテ”

サッカー元日本代表監督ジーコ氏らが開催を呼びかけた東日本大震災被災者支援の慈善試合が7日、ブラジル南部パラナ州クリチバで行われた。

Jリーグで活躍したドゥンガ前ブラジル代表監督や元鹿島のアルシンド氏のほか元ブラジル代表のロマーリオ氏ら往年の人気選手が出場。2万2221人が観戦し、収益36万9140レアル(約1994万円)のうち20万レアル(約1080万円)が日本、残りはパナラ州の洪水被災地に送られるという。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-04-25 22.34.08)
スクリーンショット(2011-04-23 23.18.12)

SAMURAIBLUE TV

team as one. チカラをひとつに。①全国のサポーターからのメッセージ。②Jリーグ選手からのメッセージ

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2019年6月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之