.

検索結果:60件/2,860件

イメージ 1

ハロゲートでの東日本震災チャリティーイベント

とうとう、この日がやってきました。約1ヶ月ちょっと計画を練っていたものが当日となりました。

朝起きてカーテンを開けるのに少しドキドキ。というのも、今回のチャリティーイベントでは屋外でのピクニックが名目だったので。
でも、カーテンを開けると澄み渡るブルースカイ。おぉ~!普段の行いがよかったのか~!?と嬉しい気分と反面、どれだけの人が集まってくれるのかという緊張がありました。
我が家では家族ぐるみでこのチャリティーに参加。旦那さんは力仕事でお義理兄さんと朝早くテント張りに現場に向かってくれました。
メディは子供達のお世話をして、最小限の家事(といっても、洗濯だけだったけれど。笑)をして、現場へむかいました。
今日のチャリティーの場所はストレイという大きな芝生地域。このチャリティーの名目であるピクニックはお花見が目当て。この時期には毎年八重桜が満開になるんです。でも、今年は例年よりも早咲き。特に4月の気温上昇はかなりまれで、この為によって桜いつもより半月ほど早く咲いてしまったのです。
なので、今日はすべて葉っぱだけ残っていた状態です・・・・。
まぁ、誰も気象は予想できないので、しょうがないですね。ピクニックにはもってこいの晴天だったので、それだけでよしとします。
さて、今回のチャリティーで数個のテーブル、テントを用意して募金集めに励みました。シェフの友達率いるフード。お寿司シェフをしているイギリス人のお寿司の弁当パックを含め、こちらでシェフのお仕事をしている日本人Nちゃんが前々日から作り始めていたスウィートとそして当日にはから揚げを揚げ、他の人が作ったカレーライスなどを売ったりしていました。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

震災チャリティーイベント「ヒルフスアクツィオーン・フューア・ヤーパン」

震災チャリティーイベント「ヒルフスアクツィオーン・フューア・ヤーパン」

東日本大震災被災者のために寄付金を募るイベント「Hilfsaktion fuer Japan」(ヒルフスアクツィオーン・フューア・ヤーパン)がベルリンで開催された。筆者の私もイベントに参加しているため客観性を持ったレポートを書くことができないが、ベルリンで起きた日本に関係する一つの動きとして今回はその活動を報告したいと思う。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-26 12.50.55)

チャリティヨガ

日本人のみなさん、また日本のことを大事に思って下さる方々にとって、日本から遠く離れたこのイギリスで震災の事を知り、様々な想いを抱えて過ごした1か月となった事と思います。
日々の暮らしに感謝の気持ちが生まれたり、家族との絆が深まったり、友人とのコミュニケーションの機会が増えたり、日本人以外の方の思いやりに触れたり、直接被災していない方々にとっても、なんらかの変化のあったのではないでしょうか。
すでにイギリスにおける東日本大震災に関するニュースのピークは過ぎてしまいましたが、現地では復興に向けてこれから長い道のりが予想されます。私たちひとりひとりが長い目で今回の被害を受けた方々に支援をしていく、忘れないということが大事になってくるような気がします。
今回、日本人ヨガインストラクターの私たちが出来る事=チャリティヨガを企画しました。体を動かすことで、緊張していた心、不安な心を解きほぐし、「今」に意識を向けることで、心と身体に温かいエネルギーを作り出しましょう。ヨガを通して、体と心で「今、この瞬間」を実感し、私達それぞれが出来ることに意識を向けられるようその機会を提供できればと思います。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-05-30 13.16.30)

London Multicultural Community – Japan Relief Concert -1 – Red Cross

London Multicultural Community – Japan Relief Concert – Red Cross
Thursday April 28, 2011 – Centennial Hall 7-9 PM – Free tickets with donation
All proceeds to support relief efforts in Japan will go to the Canadian Red Cross HOPE TO SEE YOU ALL THERE!

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-06-02 15.10.17)

東日本大震災支援ピアノコンサート At Central Saint Giles

三菱地所英国現地法人のメックユーケーは、共同事業者と開発した英国ロンドンのオフィスビル セントラル・セント・ジャイルズにて、東日本大震災支援チャリティーコンサートを4月11日(月) に開催しましたのでお知らせします。
当日は、ロンドンで活動している日本人ピアニストの平井元喜氏の他、スペシャルゲストとして 英国人バイオリニストのジョン・ピアース氏が参加し、1時間超にわたって演奏を披露。会場に集 まった300名の観客および本コンサートの趣旨にご賛同頂いた方々から、総額£18,010(約 247万円:1£=137円換算)の寄付金が集まりました。
本コンサートの収益金は、ジャパンソサエティーの東日本大震災支援基金に全額寄付します。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地元Horshamの町で、東日本大震災被災者の為のチャリティーイベントが行われました。

汗ばむほどの陽気、そして雲一つない快晴に恵まれた4月9日(土)、地元Horsham(ホーシャム)の町で、東日本大震災のチャリティーイベントが行われました。英国ではロンドンのほか各地で、在住する日本人達が立ち上がり、震災直後から義援金が集められています。英国人の方々だけでなく、世界でも活動は行われており、企業へ物資の提供を依頼するメールを送る方や、赤ちゃんへ常温保存が可能なミルクを送る署名活動など、今も余震が続く日本へ援助活動が続けられています。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

solidarni-z-japonia-bprod61020707

Solidarni z Japonia

ポーランドで出た日本応援のCD
Album “Solidarni z Japonią” to wybór utworów Fryderyka Chopina w nagraniach polskich pianistów – laureatów Konkursów Chopinowskich. Oprócz nagrań Krystiana Zimermana oraz Rafała Blechacza, na albumie znajdą się interpretacje Piotra Palecznego, Janusza Olejniczaka, Ewy Pobłockiej, Barbary Hesse-Bukowskiej oraz Adama Harasiewicz. Niektóre z nagrań to rejestracje dokonane na żywo w trakcie Konkursów Chopinowskich. Niewątpliwą ciekawostką są nagrania trzech Mazurków z op. 50 w wykonaniu Adama Harasiewicza, jurora zeszłorocznej edycji Konkursu Chopinowskiego oraz nauczyciela jednego z laureatów Konkursu z 2010 roku – Ingolfa Wundera.

詳細を見る(外部サイトへリンク)

スクリーンショット(2011-06-02 16.30.41)

London Hanami Charity Picnic

4月9日土曜日にロンドンで行われるお花見ピクニックイベントのお知らせです。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

イギリスで豪華UKアーティトが日の丸かかげ支援ライブ開催 元オアシスのリアムの新バンドが発起人 約2,200万円寄付

イギリスで豪華UKアーティトが日の丸かかげ支援ライブ開催

イギリスで豪華UKアーティトが日の丸かかげ支援ライブ開催 元オアシスのリアムの新バンドが発起人 約2,200万円寄付
元オアシスのリアム・ギャラガーが率いる新しいバンド「ビーディ・アイ」が発起人となって実現した、豪華な顔ぶれのUKアーティストたちによる東日本大震災の復興支援イベント「ジャパン・ディザスター・ベネフィット」が4月3日(イギリス現地時間)、ブリクストン・アカデミーにて開催された。
3月25日(現地時間)、朝9:00にチケットが売り出され、約5,000枚が即日ソールドアウトしたこのチャリティー・イベントは、出演したアーティストだけでなく、クルーまでもが無料奉仕したという。収益金(約16万ポンド 約2200万円)は、イギリス赤十字社を通じて、東日本大震災での被災者支援として日本赤十字社に寄付される。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

東日本大震災の被災者支援のためのチャリティー・ロックコンサートで、ポール・ウェラーさんの演奏を聴く観客(AP)

英国で慈善ロックコンサート 元オアシスのリアムさんら

英ロックバンド「オアシス」の元ボーカルで現在はバンド「ビーディ・アイ」を率いるリアム・ギャラガーさんらがロンドンで3日夜、東日本大震災の被災者支援のためのチャリティー・ロックコンサートを行った。

 リアムさんが英国のロックバンドや歌手に呼び掛けて実現。ポール・ウェラーさんや「プライマル・スクリーム」、「ザ・ヴァーヴ」のボーカル、リチャード・アシュクロフトさん、「ブラー」のギタリスト、グレアム・コクソンさんら英国ロックを代表するアーティストが参加した。

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2019年8月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之