.

検索結果:841件/2,860件

フクラムカード

利用額の一部が福島県支援に!Fukuramu(フクラム)カード

  • Fukuramuカードは、福島県、株)日専連ライフサービス(財)福島県観光物産交流協会が連携して創設したカードです。
  • 名称は公募により生まれました。福島県の「フク」とスクラムの「ラム」を合わせたこの名称には、明るい未来や夢が膨らむ、豊かな福島をみんなで取り戻したいという願いがこめられています。
  • このカードで買い物をすると、売り上げの一部が風評被害の払拭・福島県産品の振興事業に役立てられます。
  • 詳細を見る(外部サイトへリンク)

    enjo

    あなたの愛が鳴り響きます。ベルマークから、ありがとう。

    ①へき地学校・特別支援学校援助等の被災地重点配分

    今回の震災に伴い、まずへき地学校への援助は被災地のへき地学校に重点配分します。また特別支援学校への援助は例年通り実施の予定ですが、被災した学校には別途援助策を検討します。海外日本人学校援助分は、災害援助予備費とともに、被災学校全体の援助に回します。
    ※運動の目的、規則上、この資金は一般の学校等への援助(災害援助は除く)には使えません。
    ②緊急友愛援助事業~すべての被災校が対象

    ベルマーク運動参加校から寄せられた「緊急友愛援助」寄付金を元に、被災したすべての学校を対象に、文部科学省および各県教育委員会等の情報、推薦をもとに援助先を決定し、それぞれの学校が希望する設備品や教材を贈ります。
    援助金額は、寄せられた友愛援助寄付に財団の非常時備蓄金などを加えて決定します。また2011年度予算に計上した途上国援助金などを減額補正し、震災援助に回します。

    ③大震災寄贈マークによる支援

    一般の個人やグループから財団に直接送られてきた「寄贈マーク」は、財団がボランティア団体などにお願いして、仕分け、集計します。
    PTAなどの役割を財団がするわけですが、財団にはベルマーク預金口座がありませんので、集計されたベルマーク点数は、被災地のベルマーク運動参加校のベルマーク預金口座に振り分けます。振り込まれた「寄贈マーク分の預金」は、それぞれの学校が自分たちの必要な設備品や教材を購入することができます。
    配分先や振り分け額は、被害程度や①②とも調整しながら、決定します。ただ寄贈される量にもよりますが、集計や請求手続き等で実施までに時間がかかる見込みです。

    詳細を見る(外部サイトへリンク)

    スクリーンショット 2012-12-18 2.39.00

    映画で復興支援!『happy~しあわせを探すあなたへ~』上映会

    2012年12月18日 (火)

    イベント募金映画

    幸せについて話してみませんか?すごく良い映画があるんです。

    『happy ~しあわせを探すあなたへ』(2012年、アメリカ)
    人生最大のテーマである「しあわせ」を探して、世界5大陸を巡るドキュメンタリー。アメリカには“happiness”をテーマにした学問があり、幸福を構成する要素や幸福度を高めるメソッドを教えるハーバード大学の講座は大人気です。映画では、心理学や脳医学をもとに、人類の起源とされているアフリカの部族や、無惨な交通事故に遇いながらも幸せを感じて生きる女性など、世界中の幸福度の高い人々にインタビューしながら、「しあわせへの鍵」を探していきます。

    一方、日本では、東日本大震災からまもなく2年が経とうとしています。長く感じられる復興までの道のり。ある日、福島県いわき市に住む男性がこんなふうに話してくれました。 「震災前に感じていた幸せがどんなものだったのか、うまく思い出せないんです」

    『happy』は、幸せについて深く考えさせ、観た人を元気づける映画です。被災した方々には、「これから幸せになっていけるんだ」という希望を。そのほかの方々には、自分自身と、日本や世界の幸せのために何ができるかを考えるきっかけにしてほしい。そんな思いで、本上映会を企画しました。

    今回、上映料金の半額を寄付金とし、来年2月に福島で開催する『happy』無料上映会の上映費とさせていただく”ペイフォワードプログラム”として、本上映会を実施いたします。ご賛同していただける方は、ぜひ東京での映画鑑賞を通じて、福島での映画上映をご支援いただければ幸いです。

    詳細を見る(外部サイトへリンク)

    スクリーンショット(2012-12-14 12.13.56)

    「Tカード提示で被災地に 児童館を。」プロジェクト

    2011年3月11日に日本を襲った東日本大震災。
    この震災で被災地は本当にたくさんのものを失いました。
    その中のひとつが児童館でした。
    私たちTポイントは、子どもたちを笑顔にしたい、
    子どもの笑顔にふれた大人たちも元気づけたい、
    そんなおもいで2011年6月28日より「Tカード提示で被災地に
    児童館を。」プロジェクトをはじめました。

    そして、たくさんのT会員の皆さまにご支援をいただいたおかげで、
    宮城県南三陸町と岩手県釜石市に2館の児童館を建設することが
    できました。

    詳細を見る(外部サイトへリンク)

    8121234631_3b5e356876_z

    最も世界の注目を集める写真家、JRが日本でアートプロジェクト<インサイドアウト>

    2012年12月5日 (水)

    アーティストイベント

    JRは世界で最も大きな展示スペースを持つアーティストです。世界中のストリートが彼の展示場所なのです。

    <インサイドアウト>とは?

    個人の存在をアート作品へ変化させる国際スケールの参加型プロジェクト。
    やり方は、まず参加者が自分で白黒のポートレート写真を撮影し、その画像をJRの専用ホームページに送ります。データーとしてアップロードされたこれらのポートレート写真は、大きなポスターとなって参加者に返送されます。参加者はそのポスターを好きなところ、オフィスの窓、廃墟のビルの外壁、あるいはスタジアムの壁などに貼ります。これらの展示の様子は、ネットワーク上で自由に見る事ができるようになります。見る人は、世界各地の人びとの姿や語られることのなかったストーリーを発見し、共有する事が出来ます。

    日本での<インサイドアウト>は、ポートレートを撮影するためのフォトブースとその場で大判のポスターを打ち出して参加者に手渡し出来るプリンターを装備した専用トラックが準備され、2012年11月ごろから東北の被災地をまわります。被災地の人びとの素顔が通りに溢れ、大きな屋外展覧会となります。トラックの改造費(カメラ、プリンターなど)、東北の人々のポートレートをプリントするためのインクや紙の実費、巡回・移動のガソリン代、展示のための作業費などをまかなうために、皆様からのご支援を募っています。

    詳細を見る(外部サイトへリンク)

    q

    カタールフレンド基金

    2012年11月21日 (水)

    世界中東募金

    カタール フレンド基金は、2012年1月に設立された、東日本大震災の被災地復興を支援するカタール国の基金です。カタール国の元首のシェイク・ハマド・ビン・ハリーファ・アール・サーニ首長殿下が設立し、ユセフ・モハメド・ビラール駐日カタール国特命全権大使が議長を務め、親善大使には俳優の別所哲也さんが就任しています。復興が本格化する2012年1月から2014年12月の3年間にわたり、「子どもたちの教育」「健康」「水産業」の3分野を支援するプロジェクトを対象に、総額で約80億円(約1億米ドル)の活動資金の助成を行う予定です。東日本大震災の復興に向けた歩みを、被災地と共に手を携えながら進めてゆく友でありたい、というカタール国の願いと意志が込められています。今後のカタール フレンド基金の活動については、公式サイト(http://www.qatarfriendshipfund.org)を通じて随時発表します。

    このたび、第三弾の資金援助プロジェクトを決定しました。第三弾では、5つのプロジェクトに総額で約16億円を助成します。

    プロジェクト内容 場所
    被災地の子どもの学び促進プログラム・拠点整備 宮城県仙台市、福島県いわき市
    乳幼児から高齢者まで利用できるクラブハウスの建設 福島県南相馬市
    被災3県における障害者・高齢者・仮設住宅生活者の支援 岩手県、宮城県、福島県
    魚の細胞膜を破壊せず冷凍可能なシステムの導入 岩手県釜石市
    健康・環境に配慮した復興元気野菜の提供 宮城県気仙沼市

     

    詳細を見る(外部サイトへリンク)

    スクリーンショット 2012-11-14 1.02.53

    「ユニリーバこども笑顔プロジェクト」

    ユニリーバこども笑顔プロジェクト」では、ユニリーバの商品お買上1本ごとに1円が東北のこどもたちのための寄付に。あなたの毎日のお買い物が、こどもたちの夢と笑顔を広げます。

    小さな積み重ねが大きな力になることを信じて、ユニリーバは、皆さまとともに日本の未来であるこどもたちの笑顔をサポートします。

     

    詳細を見る(外部サイトへリンク)

    スクリーンショット(2012-11-13 21.50.50)

    大槌復興刺し子プロジェクト

    針と糸から、復興への糸口を。
    手仕事から、未来の働き口を。

    NPO法人 テラ・ルネッサンスのメンバと,有志の個人ボランティアで運営しています。
    どうぞよろしくお願いします!

    仮設住宅で過ごすおばあちゃんも、 仕事を失ったお母さんも、若い女性も。 女性達が立ち上がります。 まずはできることから一つずつ。 そして将来的には、魅力ある大槌ブランドをめざして。

    詳細を見る(外部サイトへリンク)

    スクリーンショット 2012-11-04 0.37.55

    「Girls-natioN」

    2012年11月4日 (日)

    イベント募金芸能人

    「Girls-natioN」とは、東北(仙台)を中心開催としたアイドルイベントです。

    東京でビックアイドルイベントがあるように、仙台初の試みとなるビックイベントです。初開催の今年は、キャパ600名規模のホールで行い、次回次回と規模を拡大していきます。
    当日、支援募金箱を用意します。
    募金して下さったお客様にはオリジナルステッカーをプレゼントもします。

    詳細を見る(外部サイトへリンク)

    kibou no

    3県「希望のかけ箸」

    2012年10月28日 (日)

    おとりよせ買って応援

    東日本大震災で被害の大きかった岩手県・宮城県・福島県の杉間伐材を使用した割り箸を作りました。
    この割り箸が復興の架け橋となり、自然豊かな東北の地が、再び人々の希望を実らせる場所となりますよう、願いを込めて「希望のかけ箸」をお届けします。
    平成23年度 全国間伐・間伐材利用コンクールにおいて、間伐推進中央協議会 会長賞を受賞。
    ※希望小売価格 500円(税別)
    売上のうち150円が義捐金となり、それぞれ50円ずつが三県各市へ直接寄付されます。

    詳細を見る(外部サイトへリンク)

    バナー用素材 ダウンロード

    カレンダー

    2019年10月
    « 8月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  

    バックナンバー

    掲載希望の方へ

    「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

    3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

    サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
    いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
    私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
    震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
    いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
    情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
    なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
    今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
    これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

    2016年 9月 7日
    代表理事 石川淳哉・佐藤尚之