.

検索結果:778件/2,860件

TBCnatsumatsuri

震災復興支援イベント TBC夏まつり

2011年3月の東日本大震災から5年が過ぎました。時間の経過につれ、復興へ向けた支援のあり方も変化しています。

「TBC夏まつり」は、宮城の“自然”と“文化”の復興を応援し、未来を担う子供たちに夢を与える“音楽”と“放送”の祭典です。

今年のテーマは、「GO FORWARD」。震災から5年という節目を通過点に、これから先も前を向き、さらに前進していこうという意味を込めました。

会場で、テレビで・ラジオで、SNS・HPで、皆様とお会いできることを出演者・スタッフ一同お待ちしております。

2016年7月30日(土)・31日(日)
仙台市 勾当台公園市民広場・名取市 ゆりあげ港朝市[入場無料]

詳細を見る(外部サイトへリンク)

iwakinoyoru

東日本大震災復興支援 クミコと寿恵のいわきの夜~再生~

心の復興そして再生へをテーマに、
紅白出場やNHK朝の連続ドラマ小説の挿入歌で話題のシンガー「クミコ」と
いわきの歌姫「小沼寿恵」が贈る至福のひと時。

日時:2016年7月15日(金)開場 18:00 開演 18:30
場所:いわき芸術文化交流館アリオス中劇場
料金:全席指定
前売:5,000円 当日5,500円
※未就学児入場不可

詳細を見る(外部サイトへリンク)

uminekojam

Sanriku Music Fes. 2016 ウミネコJAM

─2016年7月10日。
東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県沿岸部で、この夏、復興と平和を願う野外音楽フェス「ウミネコJAM」を開催します。
当地に心を寄せるミュージシャンたちが全国から集い、愛のこもったプレイを繰り広げます。
会場は波穏やかで、まあるい形の山田湾に面した山田町の山田魚市場の特設ステージ。
大槌や釜石、宮古など近隣の仲間たちが出迎えます。
町の平和のシンボルであるウミネコが飛び交い、
青い海に浮かぶ無人島「オランダ島」を望む、潮風がさわやかに吹き抜ける場所です。
三陸の山海の幸とバラエティー豊かなドリンクが味わえる飲食ブースや、お子様が遊べるキッズエリアを設け、幅広い年齢層の方々が楽しめる空間を作り上げます。
東北沿岸の復興はこれからが本番。
三陸の港を優しく包み込む音楽を聴きに、そして、青く美しい海と力強く立ち上がろうとする街を見に、ぜひお越しください。

会場 山田魚市場特設会場
日時 2016.7.10(日) / OPEN 10:30 / START 11:30 / END 18:00
入場料 前売:3,000円(税込)
当日:3,500円(税込)
高校生以下・65歳以上無料

詳細を見る(外部サイトへリンク)

amakorokaki

宮城県の復興のシンボル『あまころ牡蠣』ゼネラル・オイスター運営のオイスターバー33店舗で数量限定提供

宮城県水産技術総合センター 気仙沼水産試験場は、宮城県南三陸町の牡蠣生産者と共に、天然採苗シングルシード未産卵牡蠣『あまころ牡蠣』の量産化に成功し、この度、日本最大のオイスターバーチェーンである株式会社ゼネラル・オイスターの運営する33店舗にて、6月17日(金)より数量限定で初提供いたします。
一般的な宮城県北部産の真牡蠣は養殖期間が約2年かかるのに対し、あまころ牡蠣は約10ヶ月で採取でき、小振りですが未産卵の分エグみがなく強い甘みが特長です。東日本大震災で壊滅的な被害を受けた宮城県南三陸町の牡蠣生産者と宮城県水産技術総合センター 気仙沼水産試験場が、農林水産省の支援、水産研究・教育機構東北区水産研究所の協力の下開発に取り組み、震災から5年後の今年、遂に量産化に成功しました。

【提供メニュー概要】
■メニュー : 「あまころ牡蠣入 旬の生牡蠣プレート」 4ピース2,460円(税抜)/6ピース3,250円(税抜)
「あまころ牡蠣」 1ピース 580円(税抜)
■提供期間:6月17日(金)~数量限定提供 ※なくなり次第終了

詳細を見る(外部サイトへリンク)

senninbutsu_kasetsu

東日本大震災・千人仏プロジェクト「仮設住宅で 教えること 教わったこと」展

千人仏プロジェクトに参加し、被災地で絵画の指導にあたったアーティストたちの展覧会を東京都美術館での千人仏展とほぼ同時期に開催いたします。
実際に仮設住宅を訪れ、被災者との交流から見えてくる゙リアル゙を画家、彫刻家、イラストレーター、絵本作家、写真家など、それぞれの視点から表現します。

■会場・アートラボ・トーキョー
(JR秋葉原駅から徒歩8分、浅草橋駅から徒歩7分)

■会期 2016年6月21日(火)~7月2日(土)
15:00~20:00月曜休廊・最終日は18:00まで
(レセプション6月25日(土)18:30~ ・ミニライブ出演 宮澤やすみ and The Buttz)

〒111-0053 東京都台東区浅草橋4-5-2 片桐ビル1F Tel.03-5839-2985
アクセス  http://art-lab.jp

詳細を見る(外部サイトへリンク)

senninbutsu_hyoguten

巨大ドキュメンタリー絵画 「現代の千人仏」

2016年6月18日 (土)

アートイベント仮設住宅

千人仏プロジェクト実行委員会(有限責任監査法人トーマツ+Art School LUKA NOSE共同主催)は、2012年3月より、東日本大震災で被害にあった地域の仮設住宅を訪問し、被災者自らの手で描く木炭写仏画を1000枚集め「現代の千人仏(千人菩薩教習楽面図)」を完成させるというアートプロジェクトを継続しております。
この度、これまでに描かれた仏の木炭画約930枚を、東京都美術館で開催される東京表具経師内装文化協会主催「第59 回表装・内装作品展」にて展示することとなりました。

<本展のみどころ>
○被災者自らの手で描かれた約930枚の木炭画「現代の千人仏(千人菩薩教習楽面図)」が表具師(東京表具経師内装文化協会)の「匠」の技で東京都美術館に一堂に展示されます。

○「千人仏プロジェクト(千人菩薩教習楽面図)」は震災後の社会を象徴し、震災を後世に伝えるシンボルとなる現代アート作品です。本展では日本の伝統技能である表具、経師、内装文化と一体となり、空間インスタレーションとして展示されます。

<開催要項>
■名称:東京表具経師内装文化協会 主催「59回表装・内装作品展」
■会場:東京都美術館(2階第4展示室) 東京都台東区上野公園8-36
■会期:2016年6月22日(水)~6月27日(月) 9:30~17:30
(入場は17:00まで。最終日は13:30まで)
■東京表具経師内装文化協会ホームページ www.tokyo-hyougu.jp

詳細を見る(外部サイトへリンク)

maruguru

東日本大震災復興支援イベントまるグル2016in南房総

7月16日(土)・17(日)・18日(月・祝)開催
東日本大震災復興支援イベントまるグル2016in南房総

今年もこの季節がやってきました!!
千葉県最南端の南房総白浜にて開催する「東日本大震災復興支援イベントまるグル2016in南房総」各募集をまもなくスタートいたします。

<現在募集中の一覧>
大綱引き参加募集
ボランティア募集
白浜盆踊り大会参加募集
フリーマーケット出店募集

海女の大夜泳参加募集 

詳細を見る(外部サイトへリンク)

yokohamabay

ナイト・キッチンスタジアム~食材王国みやぎ~

横浜ベイホテル東急では6月1日(水)~7月18日(月・祝)の期間、2階「カフェ トスカ」で宮城県の食材を用いたディナーブッフェを開催します。

東日本大震災から5年。「カフェトスカ」小川シェフは、今もなお復興に取り組んでいる宮城県の食材にこだわり続けております。年に一度同県のフェアを行い、震災後は3月開催をしていたフェアですが、宮城県の生産者の方々との交流の中で、「他の時季の美味しいものもとりあげて欲しい!」とのリクエストを受け、このたび初めての“初夏”の開催となりました。

■ナイト・キッチンスタジアム ~食材王国 みやぎ~ 概要

場所 :「カフェ トスカ」(2F)
期間 :2016年6月1日(水)~7月18日(月・祝)
提供時間 :17:30~21:30(土日祝は17:00~)
ブッフェ料金 :月~金曜 ¥5,400
        土・日曜・祝日   ¥6,579
        小学生のお子様: ¥2,946(全日)
        4歳~未就学児  ¥1,178(全日)
        ※税金・サービス料込み

詳細を見る(外部サイトへリンク)

tohoku365

TOHOKU365 Project 「銀河系最強の“食”を探せ!」

海外に東北の魅力を情報発信し、東北ブランドの認知拡大を目指す『TOHOKU365 Project』に参加する人材の募集を4月27日(水)から6月30日(木)まで実施いたします。
第1期となる今回の企画は、「銀河系最強の“食”を探せ!」と題して、訪日観光客に人気の高い日本の“食”をテーマに、30日間東北6県を旅しながら、各地域の名産品や郷土料理など、魅力ある東北の食文化を『TOHOKU365.com』をはじめ、各SNSメディア等を活用して世界に発信してもらいます。

今後『TOHOKU365 Project』では、今回の“食”をテーマにした第1期の企画に続いて、“温泉”や“日本酒”、“桜”など、様々な日本の文化や観光コンテンツをテーマにプロジェクトを展開し、海外に東北地方の魅力を情報発信してまいします。

内容: 東北6県を30日間旅しながら、東北地方の魅力を海外に情報発信する
企画: 第1期 「銀河系最強の“食”を探せ!」
・東北地方の郷土料理や地域名産品を中心に魅力ある“食”に関わる情報を発信する
・期間中は東北6県全てを周遊。毎日1~3つのコンテンツを発信する
期間: 
【応募受付】2016年4月27日(水)~6月30日(木)
【審査・選考】2016年7月末まで
1次審査/1分間のYouTube等、動画再生サイトでのPR動画の提出
2 次審査/履歴書、自己PRによる審査
最終審査/Skypeによる面接
【活動】2016年8月(予定)から30日間
※応募期間などのスケジュールは都合により変更になる可能性があります
募集人数: 1名
募集人材: 
・国籍不問、20歳以上の方で英語・日本語がビジネスレベルで会話可能な方、・30日間東北地方での滞在が可能な方
・東北の復興に強い想いを持っている方、SNS等を普段から活用している方、ライティング・写真撮影・映像制作などを得意とする方

詳細を見る(外部サイトへリンク)

geidaitohoku

いま、被災地から -岩手・宮城・福島の美術と震災復興-

2016年6月4日 (土)

アートイベント東京

2011年の東日本大震災では陸前高田市立博物館、石巻文化センターなど多数のミュージアム施設が被災して、貴重な文化財をはじめとして多くの文化資源、美術資料が損傷しました。しかしその直後から支援の手が全国から差し伸べられ、資金援助や寄附などもあり、復興活動が始まりました。
美術資料に関しては全国美術館会議がいちはやく東日本大震災復興対策委員会を立ち上げて、岩手県、宮城県、福島県の県立美術館などと連携しながら作品の救出、修復、復元などの事業を計画的、継続的に実施してきました。
2016年を迎えてもその作業は終わりませんが、それらの経過を報告する企画展が東京の東北地方への玄関口ともいえる上野で開催されます。被災状況、救出活動などを臨場感あふれる写真で紹介し、修復された作品の一部を展示するとともに、この機会に東北地方ゆかりの近現代作家の秀逸な作品を一堂に展示いたします。文化財保護を考える一方で東北地方の豊かな美術文化の土壌を体感できる貴重な機会となります。

会期: 2016年5月17日(火)- 6月26日(日)
午前10時 – 午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日: 毎週月曜日
会場: 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、2、3、4
観覧料: 一般800円(600円)、高校・大学生500円(400円)、中学生以下は無料
* ( )は20名以上の団体料金
* 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
* 障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
主催: 東京藝術大学、全国美術館会議、岩手県立美術館、宮城県美術館、福島県立美術館
共催: NHK、朝日新聞社、東京新聞、日本経済新聞社、毎日新聞社、読売新聞社
後援: 文化庁
協力: 印象社、ヤマトロジスティクス

詳細を見る(外部サイトへリンク)

バナー用素材 ダウンロード

カレンダー

2020年5月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

バックナンバー

掲載希望の方へ

「みんなのアクション」に掲載希望の方は、助けあいジャパンfacebookページのウォールへご投稿ください。検討して対応させていただきます。

3.11復興支援情報サイト 助けあいジャパン 更新停止のご挨拶

サイト「助けあいジャパン」更新停止のお知らせとお願い
いつも「助けあいジャパン」の活動にご理解とご協力をありがとうございます。
私たち「助けあいジャパン」は東日本大震災の発災後いち早くサイトを立ち上げ、いままで情報支援活動・ボランティア支援活動を、プロボノの方々をはじめたくさんの方々のご協力のもと行ってまいりました。
震災から5年半、地道に更新を続けてまいりましたが、このたび、情報支援サイトとしてある一定の役割を終えたと判断し、サイト「助けあいジャパン」の更新をいったん停止させていただこうと思います。
いままでご協力いただいた方々、応援してくださった方々、情報をくださった方々、そして私たちのサイトを見て東北に行ってくださった方々、本当にありがとうございました。
情報支援サイトの更新はいったん停止いたしますが、支援活動に終わりはありません。これからもフェーズに合わせた支援活動を続けていきたいと思っております。
なお、熊本地震では「いまできること」(http://imadekirukoto.jp/)というサイトを運営し、情報支援活動を続けております。
今後、ボランティア・ニーズが起こるような大規模災害において「いまできること」サイトを中心に支援活動を行ってまいります。
これからも「助けあいジャパン」をよろしくお願いいたします。

2016年 9月 7日
代表理事 石川淳哉・佐藤尚之